Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

a flood of circle

2014年11月号掲載

a flood of circle

メンバー:佐々木 亮介 (Vo/Gt)

インタビュアー:岡本 貴之

-すごくかっこいい曲ですし、アルバムのオープニングがこれというのが良いですよね。

嬉しいっすね。アルバムに入れる入れないの前にCMのお題に応えて3人で作ったんだけど、アルバム用にあとからDuranがギターを弾き直しているんですよ。だからそれはデカいかも。1曲目にするにあたって。

-アルバム全体的にスピード感というか、歌詞にも"崖っぷちの先へ"(「スカイウォーカー」)とか"夜明けを待たないで明日を迎えに行こうぜ"(「STARS」)とか生き急いでいるようなイメージを受けるんですが、佐々木さん自身が今の世の中を生きていくうえでの危機感みたいなものを感じて変わっていったようなところはありますか?

スピード感というところで言うと、まだ遅いくらいに思っています。もちろん、じっくり作らないとできない音楽もあると思うけれど、俺らはあくまでロックンロール・バンドとしてやってるから、THE ROLLING STONESやTHE BEATLESみたいに1年に1枚出すというのがベーシックなんです。危機感に関してはすごくあります。今の社会がありなのかなしなのか。どこがありでどこがなしなのかというのは漠然としてて気持ち悪いなと思うこともあるけど、自分が知っている誰かが傷つくかも、と思ったら許せないじゃないですか? 俺は音楽を自分のためにやってるけど、怒髪天の増子(直純)さんの言葉を借りると"音楽やってる奴らなんてチンピラ稼業"だから(笑)別に世の中の役には立たないんだけど、ミュージシャンは自分が知ってる人たちが傷つくかもしれないと感じる能力は1番あると思っているんですよ。俺の歌詞とメロディが俺の政治だし、俺はバンドで金稼ぎたいと思ってるから、これは俺の経済活動だと思ってるし。時代に対する回答を自分の音楽でしているつもりなんですよ。だからどんなに世の中がヤバくても、俺らがライヴハウスとかフェスで音を出している時間とか、このアルバムが再生されてる39分21秒は絶対"GOLDEN TIME"にするから、それが俺らの覚悟だし聴いて欲しいところです。

-『GOLDEN TIME』というタイトル自体はアルバムの曲が出揃ってから付けたタイトルなんですか?

いや、全県ツアーが終わってから「Golden Time」という曲を作ったあたりぐらいに思いついたのかな。凄まじい本数のライヴやってきて、メンバーともバトルして、全曲ライヴという我ながら正気でないライヴをやって(笑)。自分たちが何故こんなにライヴをやるのか考えたときに、やっぱりライヴって、究極の時間だし、これは守らなきゃいけない時間だとすごく思って。テレビのゴールデン・タイムって7時から11時って決まって与えられるじゃないですか? でも今自分が本当に楽しいと思う時間って自分で作らなきゃいけないんじゃないかと。だから、朝だろうと夜だろうと、俺たちが音楽を鳴らしてる時間を『GOLDEN TIME』と呼ぼう、ということからこのタイトルに決めました。

-曲のアレンジに関しては佐々木さんが持ってきたものをメンバーでセッションしながら肉付けして行くんでしょうか。

「スカイウォーカー」「STARS」とかは4人で"せーの"で作りましたね。大きいイメージだけ渡して、ぶっ壊しまくってみんなのやりたいことをやるという。

-破壊して創造する、という?

すごくカッコよく言えばそうですね。でもね、それが久々にできたんですよ。3人で一旦やってから残りをダビングするというのはシステマチックな作業でもあるので。4人で"せーの"で録れるということは4人で一気に作れるということだし。バンドマンとしては普通のこと言ってんなこいつ、と思うかもしれないけど(笑)。それは超嬉しかったですね。"バンド、楽しいな"って。

-でもそれがすごく大事ですよね。

そうなんですよ。それがすごく気持ち良いんですよ。

-アルバムは「Party!!!」でハッピーなエンディングになっています。今のバンドの状態を表しているようですね。

"夜はこれからさ"という歌詞がテーマだと思っています。ロックンロールも歴史がある反面いろんなものが出尽くしてたり、世の中もあんまりいいふうに行ってないから生きるのも息苦しくなってると思うんですよね。でもこれからヤバいことが待ってる。それを自分で作るんだという気持ちを "夜はこれからさ"という言葉に込めていて、その感覚でアルバムを締めたかったんです。バンドもDuranが入ってまた転がっていくという覚悟もあるし、希望がこの先に待っているんだという気持ちでいたいというのが「Party!!!」のテーマですね。

-ツアーでは新生afocのどんなところに注目してほしいですか?

ライヴとしては数える程しかやっていないんですよ。だからこれから1から作って行く部分もあるんで修行のツアーだと思ってます。だから対バンもすげえバンドしか集めてないです(笑)。そこに飛び込むのは覚悟がいることなんで、みっちり鍛錬して戦いたいなと思います。本当、面白くなると思いますよ。