Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ハルカトミユキ

Skream! マガジン 2017年04月号掲載

ハルカトミユキ

Official Site

2017.02.25 @赤坂BLITZ

金子 厚武

本編ラスト、デビューEPの1曲目を飾る「Vanilla」の前のMCで、ミユキ(Key/Cho)が"戦い続け、もがき続けた5年間でした"と言えば、ハルカ(Vo/Gt)も"決して順風満帆ではなかった。歌に苦しみ、歌に救われた5年間でした"と続ける。そう、実際にハルカトミユキの5年間の歩みは、決して華やかなだけではなかった。もともと大学の音楽サークルで出会ったふたりは、学生時代に抱えていた青いフラストレーションを楽曲の源としていたが、卒業後に大人になっていく自分に戸惑い、またプロのミュージシャンとして求められるものと自らの表現したいものの狭間で苦しんできた。それでもなんとか進み続けるため、日比谷野音でのフリー・ライヴという、当時の彼女たちにとっては無謀とも言えるハードルを設定し、12ヶ月連続の新曲配信や、47都道府県ツアーなど、"止まらないこと"を自らに課して、昨年のアルバム『LOVELESS/ARTLESS』、二度目の日比谷野音へとなんとか辿り着いたのである。
しかし、それでも彼女たちの表現において一貫していたのは、「ドライアイス」前のMCでハルカが語ったように、"希望の歌を歌い続ける"ということだった。もちろん、わかりやすくエールを贈るような曲ではない。"僕らの夜に出口はなかった"と歌う「ドライアイス」が象徴するように、むしろ痛みや苦しみを伴う描写が多く含まれているが、それは生きることと真剣に向き合うことこそが唯一の希望であるという、彼女たちならではの表現だ。世界の終わりについて歌った「その日がきたら」にしろ、"僕にはもう/忘れたいことがあるよ"と歌う「Pain」にしろ、紛れもなく"希望の歌"なのだ。

では、なぜ彼女たちは希望の歌にこだわり続けてきたのか。その理由は、サポート・メンバーが一度ステージから去り、ふたりだけで披露した「絶望ごっこ」に集約されていたように思う。デビューEPに収録されているこの曲は、彼女たちにとって初めてのレコーディングの日にちょうど東日本大震災が起こり、周りで飛び交う様々な意見や未来への不安でグチャグチャになりながら書いた曲だという。つまり、彼女たちの希望の歌の背景には、べったりと絶望が張りついている。しかし、それを認識することで起こる摩擦こそが、彼女たちを突き動かし、希望へと向かわせたのだろう。"誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ"と歌ったのは宇多田ヒカルだが、物事には見方によって常に相反する要素が存在するという視点は、ハルカトミユキの表現の根幹でもある。
「絶望ごっこ」の前に披露された新曲「終わりの始まり」について、ハルカは"限界まで追い詰められても気づかない私たちの歌"と言い、"もういいかい もういいよ まだだよ"と歌った。まさに、ハルカトミユキは希望と絶望の、終わりと始まりの、"もういいよ"と"まだだよ"の限界ギリギリを走り続け、だからこそ、魅力的な表現者であり続けるのだ。

彼女たちの存在理由を凝縮したようなライヴ前半に対し、後半はこの5年で培ってきたパフォーマンスの向上を存分に見せつけるものに。ハルカがハンドマイクで歌う「春の雨」と「夜明けの月」の2曲は、舞台に立つ機会も増えたハルカが役に入り込むかのように楽曲を瑞々しく表現し、個人的には、もはやギターを持って歌う姿よりも、しっくり来ているような印象すらある。また、ポエトリー・リーディングから始まった「夜明けの月」は、そのストレートな言葉がここから先の表現の変化を感じさせるという意味で、やはり重要な曲だ。中盤のダンス・ゾーンでは、「トーキョー・ユートピア」でミユキがショルダー・キーボードを持ち、ステージだけではなく、フロアに降りて会場中を駆け回る。オーディエンスへのアジテーションも含め、やはり彼女も5年前とは大違い。終盤はオルタナ感のある"らしい"曲を連発し、本編を「Vanilla」で締めくくった。

アンコールでは"傷つける側ではなく、傷つけられる側であることを誇れるように"と語り、演劇的とも言えるドラマチックな曲展開が印象的な新曲「嵐の舟」を披露。9月に三度目の日比谷野音のステージに立つこと、その前にアルバムを完成させることを宣言し、最後に"始まりの歌"である「世界」でライヴを終えた。ちなみに、今回の5周年ツアーの初日は、彼女たちの母校である立教大学のすぐ近くにあり、初ライヴの会場でもある池袋MANHOLEでのスペシャル・ライヴだったのだが、ツアー・ファイナル2日後の2月27日に、ビルのリニューアル工事に伴い2018年に閉店することが発表され、移転に向けて準備中であることも併せて発表されている。そう、やはり終わりと始まりは、希望と絶望はいつだって隣り合わせであり、だからこそ、僕らは今を生きるのだ。


[Setlist]
1. 光れ
2. DRAG & HUG
3. Hate you
4. ドライアイス
5. その日がきたら
6. Pain
7. 終わりの始まり(新曲)
8. 絶望ごっこ
9. 春の雨
10. 夜明けの月
11. 奇跡を祈ることはもうしない
12. Are you ready?
13. 見る前に踊れ
14. トーキョー・ユートピア
15. 伝言ゲーム
16. ニュートンの林檎
17. バッドエンドの続きを
18. Vanilla
en1. 嵐の舟(新曲)
en2. 世界

 

LIVE INFORMATION
"+5th Anniversary SPECIAL"

9月2日(土)日比谷野外大音楽堂
OPEN 17:15 / START 18:00
【チケット】
■メモリアルチケット限定指定席(特典付)¥3,500(税込)
※特典:ケース入オリジナルチケット/当日引換
※限定指定席は規定枚数に達し次第販売終了いたします。

■自由席 ¥3,000(税込)
※小学生以下入場無料。ただし、指定席でお席が必要な場合はチケットが必要となります。

■チケット一般発売:6月17日(土)
Info:DISK GARAGE 050-5533-0888