Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

amazarashi

2014.02.01 @Zepp Divercity

岡本 貴之

amazarashi_s1.jpg初めて体験したamazarashiのライヴ。終始言葉と映像、音楽に圧倒され、終演後もしばらくステージを見つめてしまった。amazarashi LIVE TOUR 2014"あんたへ"。年明け早々の1月11日(土) Zepp Tokyoでのツアー初日から名古屋、福岡、大阪という大都市でのライヴを経て、このツアー2回目の東京公演となったこの追加公演に詰めかけた大勢の観客は、その唯一無二の世界観の前にただただ、立ち尽くしていた。

2013年はTK from 凛として時雨とのツーマン・ライヴ、RISING SUN ROCK FESTIVALへの出演、そして中島美嘉へ楽曲提供を行うという話題もあり、外へ向けた新しい動きが見えたamazarashi。今年に入りキーボードの豊川真奈美が体調不良を理由に、当面の活動を休止することを発表。実質秋田ひろむ(Vo/Gt)の個人ユニットとなっているが、これまで活動をともにしてきたバンドのグルーヴの完成度は高く、秋田の描く世界観をより正確に伝えることが出来る盟友たちとの演奏は必見、必聴だ。

いつものように紗幕がかけられたステージを見つめる大勢の観客が待ちわびる中、開演時間ほぼジャストに、突然客電が落ち、最新アルバム『あんたへ』のオープニング同様「まえがき」でライヴがスタート。スクリーンと化した紗幕にタイポグラフィが映し出され、幕の向こうでバンドが演奏を始める。煌々とした照明がバンドを照らすわけでもなく、観客も声援を送るわけでもない。皆黙ったまま、幕の向こうでギターを抱え歌う秋田を凝視し、耳を傾けている。曲は続く「ジュブナイル」へ。アニメーションとシンクロするステージに早くも驚愕していると、美しいアコースティック・ギターの音色と共に"今夜生まれてくる命と 死んでしまう命..."と「奇跡」を歌い出す秋田。暗がりのステージの中、そのシルエットしか確認は出来ないが、確かにそこにいる秋田ひろむが生きる証明を見せるべく、声を張り上げて歌っている。その声は力強いハイトーンで、温もりがありながらどこか金属的な響きを感じさせる。緑色のタイポグラフィが映し出され、DNAを表すかのような点線で描かれた図形がピアノの音と共に動きを変えていく。音楽と映像の融合で魅せるライヴ。いや、これは融合ではなくまるで秋田の心が念写されているかのようにすら思えてくる。

amazarashi_s2.jpg続く「つじつま合わせに生まれた僕等」では樹木が使われたアンビエントさを感じさせる映像の中、中心の大木と秋田の姿が重なっている。エンディングでは"だからせめて人を愛して 一生かけて愛してよ このろくでもない世界で つじつま合わせに生まれた僕等"と歌われる中、生い茂った大木から葉が抜け落ち、裸木となる演出。ここまで彼の心をある種の病んだ感情にするものは一体なんだろう?と考えてしまった。激しく照明が点滅する攻撃的な「ミサイル」、"匿名希望"の太い文字が何度も何度も映し出される「匿名希望」を歌い終え、アルバム表題曲「あんたへ」。"はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過去 そうだろう 今辛いのは 戦ってるから 逃げないから そんな あんたを 責めることができる奴なんてどこにも いないんだぜ"。遠目からだが、ここまでじっと立ち尽くすようにステージを凝視していた観客の中に、涙を拭っているように見える顔がいくつもあった。映像にはギターを持ち歌う秋田を模写したような本人映像により近い姿が流され、直接的な歌詞のメッセージが切々と伝わってきた。ピアノのイントロに乗り、スノー・ドームの中にいるような雪だるまが徐々に客席に向けて迫ってくる「真っ白な世界」。最後にはいつのまにか雪だるまが歌う秋田の横に鎮座していた。

心臓が映し出されドクドクと脈を打つ。「冷凍睡眠」ではスぺクタルなレーザー光線と共に、歌詞に登場する強烈な言葉の数々が次々と飛び交い、言葉と映像のシンクロがより強力なタッグを組んで観る者の全身に訴えかけてくる。この日のハイライトともいえる曲だった。エレキ・ギターを掻き鳴らしながら叫ぶ「空っぽの空に潰される」では"教えて 教えて"と連呼する秋田。ここまでライヴが進んでからふと、言葉をはっきりクリアに耳の届かせながら、バンドの演奏は決して遠慮することなく力強い音を出し続けていることに気が付く。演奏者が秋田の歌の世界を完全に理解していることがわかるプレイだ。

ここで、初めてであり最後のMCで口を開く秋田。"ありがとうございます。青森で暮らしていると、自分の人生はなんてつまらないんだと思うんですけど、音楽を続けていて良かったとか、生きていて良かったとか、そんな日が今回のツアーではたくさんありました。感謝しています。ありがとうございます"との声に大きな拍手が起こり、曲は「終わりで始まり」へ。"友達のおかげで立ってるんだ 家族のおかげで歩けるんだ あなたのおかげで生きてるんだ"という、MCでの感謝をそのまま歌にしたような曲。一際力強く感じる歌声を響かせ、アルバムでのエンディングの流れそのままに、「あとがき」を歌い終えると、カーテン・コールのような大きな拍手が鳴りやまず。

バンドのメンバーがステージを降り、1人マイク・スタンドに立つ秋田が歌い出したのは、中島美嘉への提供曲「僕が死のうと思ったのは」。アコースティック・ギター1本で歌われたこの曲は死をテーマに選ぶことで、生きる意味を見出すかのような内容。映像を一切使わず、秋田がストレートに観客に向き合ったこの瞬間、皮肉なことにこの日1番のライヴ感を感じさせられた。徹底して内省的な歌詞、フォーク・ソングと言って差し支えない音楽性と映像とのマッチング。その画期的な手法でのライヴが、というよりは秋田本人の、奇をてらわずシンプルな言葉で綴られる楽曲がこれだけ多くの人を惹きつけているのだということを実感する、圧巻のライヴであった。演奏終了後に流された「あんたへ」が終わるまで、ほとんどの観客がその場を動かなかったことにもそれは表れていた。

〈セットリスト〉
1.まえがき
2.ジュブナイル
3.奇跡
4.つじつま合わせに生まれた僕等
5.ドブネズミ
6.ミサイル
7.匿名希望
8.あんたへ
9.真っ白な世界
10.冷凍睡眠
11.空っぽの空に潰される
12.無題
13.千年幸福論
14.終わりで始まり
15.あとがき
16.僕が死のうと思ったのは