Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

神はサイコロを振らない、"THE HOME TAKE"第11回に登場。「夜永唄」を柳田周作(Vo)が歌とピアノだけのスペシャル・アレンジで披露

2020.07.03 18:10

神はサイコロを振らない、"THE HOME TAKE"第11回に登場。「夜永唄」を柳田周作(Vo)が歌とピアノだけのスペシャル・アレンジで披露

神はサイコロを振らない

Official Site

YouTubeチャンネル"THE FIRST TAKE"の新コンテンツ"THE HOME TAKE"第11回の詳細が発表になった。
 
"THE HOME TAKE"は、アーティストの自宅やプライベートスタジオから、一発撮りで届けるYouTubeコンテンツ。第11回は自分と大切な人を重ね合わせ、共感する歌詞が話題の、神はサイコロを振らないが登場。今、孤独や戸惑いを感じているすべての人に向けて、今は会えない大切な人を想って作った「夜永唄」を、柳田周作(Vo)が歌とピアノだけのスペシャル・アレンジで披露する。なお、今回歌う「夜永唄」は、実は約1年前にリリースされた楽曲。1年前とは大きく環境が変わった今だからこそ、ぜひ聴いていただきたい。
 
また、映像は本日22時よりYouTube上にてプレミア公開される。
 

神はサイコロを振らない(柳田周作) - 夜永唄 / THE HOME TAKE

 
THE FIRST TAKEの一視聴者として、このお話を頂いてからずっとイメージを膨らませていました。
自分にはどんな表現ができるのだろうとか、歌とピアノだけでこの曲の魅力をどれだけ引き出せるのだろうかとか、そんな事ばかり考える日々で。
僕の歌の魅力は「不安定」である事だと自負していて、レコーディングでも歌うテイクごとに表情が変わるんですね。
THE FIRST TAKE = 一発録りのあのテイクはあの日あの瞬間にしか生まれなかったものであり、二度と出ることのない表情で。
不安定な日々を生きる人間には、不安定な唄こそ必要なのではないかと僕は考えます。
それをふまえた上で見て、聴いて頂けると幸いです。この唄が誰かの孤独に寄り添いますように。
 
―― 柳田周作(Vo)

 

▼配信ライヴ情報
"神はサイコロを振らない Streaming Live「理 -kotowari-」at WWW X"
7月10日(金)20:00〜 新体感ライブ CONNECTで独占生配信
料金:¥1,800(税別)
https://shintaikan.live/live/100620

関連アーティスト

神はサイコロを振らない