Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

"GAMUSYALIVE -SAVE THE LIVE-"

Skream! マガジン 2022年04月号掲載

ORCALAND

フィルフリーク

Official Site

夢カナYell プロジェクト

Official Site

2022.03.01 @渋谷duo MUSIC EXCHANGE

Reported by 秦 理絵 Photo by TAMA(@tm_livephoto)

"ライヴの火を消さない!!"。そんな想いを掲げた"夢カナYellプロジェクト"による、無観客配信ライヴ"GAMUSYALIVE -SAVE THE LIVE-"が、duo MUSIC EXCHANGEで行われた。この日は6組のアーティストが出演。視聴者による"投げYell"によって1位を選出するという、コンテストを兼ねたライヴとなっており、これからに夢を託す若手アーティストが各々の信じる音楽をぶつけ合う熱い一夜になった。

トップバッターは下北沢を拠点に活動するロック・バンド、ORCALANDだった。"今から大きな声で歌うから"と、ライヴの始まりをストレートに告げる「3.2.1」でキックオフ。結成から3年目のバンドとは思えない、ステージ慣れした佇まいからは、彼らがいかにライヴハウスという場所を大切に、活動をしてきたかがわかる。大塚祥輝(Vo/Gt)の"やってらんねー!"という絶叫で突入した「やってらんねえ」まで、全4曲。こみあげる気持ちに蓋をしない熱いロックこそ彼らの強みだろう。

"強く逞しいバンド"をコンセプトに掲げるウマシカては唯一のガールズ・バンド。オルタナティヴな感性を全開にした繊細なバンド・サウンドが持ち味だ。"サーキットの前日とかに呼ばれる「都合のいいバンド」って言われるけど、今回は本命に呼ばれて嬉しいです"。フクダチナツ(Gt/Vo)の自虐気味なMCも挟みつつ、「ずっと」で聴かせた切なくも棘のある歌は、例えばチャットモンチーやSHISHAMOのように、同性に愛されるガールズ・バンドとして成長していきそうな予感がした。

back numberやLACCO TOWERなど、群馬発のバンドは実直で人間臭いバンドが多いが、そのDNAを受け継いでいるのが3番手に登場した3ピース・バンド、oldflameだ。ドラム、ベース、ギターというベーシックな編成で色鮮やかな景色を描く豊かなバンド・アンサンブル。そのうえで狩野太祐(Vo/Gt)が極上のメロディを紡ぐ。"頑張ってる人の背中をただ押したいだけ"と届けた「ラストシーン」から、ありのままの"君"を肯定する「ヒーロー」へ。その歌は聴き手の人生に優しく寄り添う。

最近は爽やかなバンドも多いが、ロック・バンド的な不敵さがバンド全体から醸し出されていたのは神戸発の4人組、ofuloverだ。"今宵の主役はなぁ俺だろう"と、中本 樹(Vo/Gt)がセクシーに挑発する「Night is mine」を皮切りに、ダークな音像でステージを自分たちの色に染めていく。MCでは"音楽で戦争を止められないかもしれないけど、人を動かすことはできると思う"と語る場面も。ロックとは決して社会と切り離せないカルチャーであることを、このバンドはすでに知っていた。

植田真梨恵の弾き語りスコアをきっかけにアコースティック・ギターを手に入れ、2020年から活動を始めたという女性シンガー AYUKAは、バンド編成でステージに現れた。エッジの効いたバンド・サウンドをバックに凛とした存在感を放つ「サナトリウム」で儚い死生観を描く。"活動歴が2年で他のバンドよりも短いですが、食らいついていきたいと思います"。少し緊張気味に伝えつつ、音楽人生の始まりを告げたポップ・ナンバー「コーディネート」まで、身体ひとつでぶつかるステージだった。

トリは、キーボードを擁する4人編成のロック・バンド、フィルフリーク。"あなたの日常を少しドラマチックに。"をコンセプトとするバンドのイメージそのままに、1曲目の「ホワイトストロベリー」から、男女ツイン・ヴォーカルによる人懐っこいメロディが煌びやかに駆け抜ける。別れた相手に"幸せであれ"と願うバラード「スレチガイ」から、"音楽は誰にも邪魔されない"と宣言した「朝日を待つ」まで。バラエティに富んだ楽曲たちは、ホールやアリーナという広い会場が似合いそうなエネルギーが溢れていた。


[Setlist]
■ORCALAND
1. 3.2.1
2. フォトフレーム
3. ボーイミーツガール
4. やってらんねえ

■ウマシカて
1. 1998
2. 『酔った。』
3. ずっと
4. 寒い夏
5. 終演

■oldflame
1. 切れ端から
2. グッバイ、グッナイ
3. ラストシーン
4. ヒーロー

■ofulover
1. Night is mine
2. サイトジャックラブ
3. 革命序歌
4. 春を越えて

■AYUKA
1. サナトリウム
2. ハナガサク
3. FUTARI
4. Souvenir
5. コーディネート

■フィルフリーク
1. ホワイトストロベリー
2. スレチガイ
3. サイドストーリー
4. 朝日を待つ

  • 1