Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チェコノーリパブリック

2016年07月号掲載

チェコノーリパブリック

Czecho No Republic

Official Site

メンバー:武井 優心(Vo/Ba/Syn) タカハシマイ(Cho/Syn/Per/Vo) 砂川 一黄(Gt/Cho) 八木 類(Gt/Cho/Syn/Vo) 山崎 正太郎(Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-たしかに"歌う"って、歌うことに寄せますからね。

武井:歌うモードにしてるじゃないですか。だから喋るようにぶつくさ言ってんのもわりと悪くない。

-より武井さんの素が出ますね。

武井:そうですね。

-アルバムのタイトルどおり"DREAM"について360度からアプローチしている作品だなと思います。これまでこの5人で作ってきたアルバムの中で、どういうアルバムになったと思いますか?

武井:俺的に、俺の曲はやりたいことを重視して、一番迷わない道を取らせてもらったんで。もう、そういう感じっすね。

八木:なんだろ? 作品としてすごくいいんで、ターニング・ポイントになりそうな感じです。バンドの在り方とか、ライヴとかも。

-ターニング・ポイントというのは?

八木:バンドですかね。バンド全体の見え方とか方向性とか。お客さんの雰囲気も今より変わってくると思います。

-たしかに。期待されてることだけをやってるわけじゃないし。バンドとしてよりタフになる?

八木:たぶんそうだと思います。わかりやすくなるっていうか。

-でもチェコって新しい楽しみ方を提示していて、ファンの人も毎回新しい発見をしていると思います。山崎さんはいかがですか?

山崎:多くの人に聴いてもらえたらいいなっていうのと、多くの人が聴いたときに今までの作品よりは取っ掛かりがたくさんある作品なんじゃないかと思ってるんですけど。作品自体は別に今までのもすごくいいものだと思っているので、それをファンに向けてもそうですけど、ファンじゃない方にもぜひ聴いてもらいたいですね。ファンじゃない方が聴いたときにちょっとでもファンになってくれるんじゃないかな?って勝手に思ってます。

-それは言語化できるとしたらどういうところですか?

山崎:簡単に言うと"キャッチー"とか、うん。別にわかりやすくそっちに振ってるわけではないんですけど。

-砂川さんはいかがですか?

砂川:今までずっとメインで曲を作ってきた武井さんや八木君が一番迷いなく作ってる気がしましたね。わりと手探りで作ってた部分が今まであって、完成するまでわからないみたいな部分があったと思うんですけど、今回は最初から最後まで迷いがない。ヴィジョンが見えてる感じがしたので、作り手の自信が出てる。だからそういう部分がライヴでも出るんじゃないかなと思ってます。

武井:どういう反応がくるのかまだなんとも言い難いですけど、1曲1曲がぼやけてない、すげぇ曲のシーンが見えるんで。そういう感じで録音できてるのが今回のアルバムなんで、わかりやすいんじゃないですか? いい意味で曲ごとに好き嫌いつけやすそう。

-もうカウンターじゃなくて今の時代に似合うポップ・ミュージシャンになっていくんじゃないかなと。

武井:カウンター精神はどっかにはあると思いますけどね。ちゃんとやってるからそれなりの評価をくれっていう気持ちはある。

-作品に対する正当な評価ってことですね。ところで、すごくハイペースでアルバムが出てる気がします(笑)。

武井:うーん、なんか全然、大変だなとは思わなかったです。このあとが大変ですけどね、曲全然ないんで。てか、俺からしたら10ヶ月がめっちゃ長かったんで。今の時点でまだ9ヶ月か?って(※取材日は6月13日)、単純にすごく前のことのように感じる。

-武井さんの中では常に曲を作ることが大事なわけではないけど、新しいものを掴みにいって曲を書いてるときが一番いいんでしょうね。

武井:そうですね。でも自分の満足度の近似値や興味が、前のアルバムを出すときよりも"一番近い"みたいなことを言ってたけど、比べもんにならないぐらい今の音源の方が満足度は高いですね。できたてのデモを意気揚々と友達に聴かせちゃうようなテンションのアルバムって感じ。実際送っちゃいましたから、友達に。