Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ドラマチックアラスカ

2015年08月号掲載

ドラマチックアラスカ

ドラマチックアラスカ

Official Site

メンバー:ヒジカタ ナオト (Vo/Gt) マルオカ ケンジ (Ba) ニシバタ アツシ (Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-こういう曲はヒジカタさんの声質にとてもよく合ってますね。

ヒジカタ:あ、録っててそれめっちゃ思って。キーの高さもそうやし、語感とかも......あと、久し振りに難しい言葉をまったく使わない、めちゃくちゃ簡単な言葉だけで作った曲で。自分の強みがまたわかった曲かなと思います。

-ラストの"キミは永遠さ"という歌詞がいいですね。ヒジカタさんの歌詞はラストに核心をついてくるパターンが多いなと思います。今回の曲は特に。

ヒジカタ:起承転結が作れるようになりました。1st(2013年6月リリースのミニ・アルバム『ドラマチックアラスカ』)のころとかの歌詞とか、今読むとめっちゃ恥ずかしい......でもそんなに本も読んだこともなかったし、誰かに方法論を学んだこともなかったから、そういう過程があるのはしょうがない(笑)。最近は本をいろいろ読むようになって、あと安田君にいっぱいCDを借りたりもして。いろいろ勉強してます。

-『アンカレッジ・シティー・ポップ』は、ドラマチックアラスカの特に大きな変化の真っ最中である1年間を切り取った作品なんでしょうね。

ヒジカタ:安田君はライヴではめきめき頭角を現してギタリストとしての腕も上がってるんですけど、今回は安田君と作った曲が2曲しかなくて、この4人での制作はまだ未知数でもあるんですよ。"あれ......? まだやれるぞこいつ! まだいっぱい秘めてるなあ"と思ってて。見たことないような......バネみたいなエフェクター持ってきて(笑)。

ニシバタ:まだ何回かしかレコーディングしてへんけど、録り方とかももうすでになんか変やもんな(笑)。

ヒジカタ:とにかくパンクやな。安田君はみんなでいっせーので録ってたみたいで、別々に分けて録ることをしてこなかったみたいなんです。だから彼自身も2曲でめちゃくちゃ成長してるから、俺らも次の制作が楽しみ。安田君もセッションして曲を作るのを楽しみにしてくれてるみたいで。

-ライヴを観ててもドラマチックアラスカは未知数だと思いました。最近、ライヴを持って行く方法が完成されてる若いバンドが多いと感じていて、そんな中でドラマチックアラスカはその場で湧き上がった感情をぶつけるように体当たりしていくから、ここからどうなっていくのか、いい意味で先が読めないんですよ。

ヒジカタ:俺ら自由やからなあ。ライヴの1番最初の出音がサポート・ギターとか、自由すぎる(笑)!

-ははは、仮メンバーなのにヴォーカルと同じくらいMCで喋ってるし(笑)。

ニシバタ:お客さんの中に飛び込んでるの4人の中で彼(安田)だけですからね(笑)。

ヒジカタ:今のうちにいろんなことをやっていたほうが後々いろんなことできる、というのは、ライヴでもCDでも同じなんです。"このバンドはこう"というイメージが固まっちゃうと、なかなかできなくなることがたくさんあると思うんです。だから今のうちにいろんなことやっといたほうがいいなというのはライヴにも制作にもあるので、とにかくいろんなことをやっていきたいなと思います。"ALA-UMI-DOSS TOUR"でも各箇所いろんな思いつきをいろいろやれたんじゃないかな。安田君は最初ラジカセで喋ってたんですけど、このツアーでiPhoneで喋り始めて(笑)。

-あれもすごく面白かったです(笑)。やっぱりドラマチックアラスカはどんどん変わっていく、ちゃんとドラマのあるバンドだと思います。

ヒジカタ:ずっと動いてますからね。ずっと動いてるとさすがに......毎日が濃厚すぎて、家でぼーっとTV観てるのが非日常みたいな感じなんです。それくらいの密度で今は動いてるから、ずっと変化してますね。イヤホンの向こう側の人たちとも接することができる機会がすごく多くなってて、その人たちにメンタリティに学ぶこともすごく多いんです。同世代の人ばっかりと戦ってると見えなくなることもたくさんあって、自分たちが埋もれていってるなという危機感もあって。今は同世代と戦ってるけど、そこだけじゃなくて10年20年を見据えたときにどうなっていくかを最近はよく考えるから。『アンカレッジ・シティー・ポップ』はそういうところから生まれてきた曲たちだと思いますね。最近は自分よりも年上のお客さんもすごく増えてきてて、自分より人生経験が多い人に価値観を認めてもらえるのは嬉しいですし。

-そうですね。だから次が楽しみですし。

ヒジカタ:僕らも楽しみです。僕らも早く4人でセッションしたいんですけど、スケジュールがヤバすぎて(笑)、全然デモが作れてないんです。早く作らないと......頑張ります!