Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チェコノーリパブリック

2014年11月号掲載

チェコノーリパブリック

Czecho No Republic

Official Site

メンバー:八木 類 (Gt/Cho/Syn) タカハシ マイ (Cho/Syn/Per) 武井 優心 (Vo/Ba)

インタビュアー:石角 友香

-今回のシングルって"今の心情は?"イコール"歌詞読んでください"みたいな感じじゃないですか。

武井:そうっすね。歌詞に全部書きました。

-Track.1は歌詞の内容そのまんまなんだろうなと思って。"何に対して怒ってたんだろう? でも怒り自体がなくなったわけじゃない"みたいな印象で。

武井:うん。怒りは多いですね。

-ま、でもこの軽快な「Come On」で"ウンコ"って言うんだって思いました。

武井&タカハシ:(笑)

-このルサンチマンがない感じの歌いかたがかえって怖い、特に「Come On」は。

タカハシ:しかも自分は歌わないんですもんね。最初、あたし"やだ"って言ったんですよ。レディにウンコは......。

八木:レディって言うんかい、自分で。

タカハシ:(笑)だから、武井さんが歌うんならいいけど? って言ったんです。

武井:うまく歌えない音程だったんだよ。

-(笑)で、アルバムでもいつもフックになる曲を書く八木さんの今回の「Sunday Juggler」。今回は牧歌的というか物語的というか。

八木:そうっすね。でもさっきの話聞いてたら、一緒っすね内容は。これは怒りですね(笑)。

-怒りを持った主人公の物語?

八木:や、"なんだこいつ?"って人が主人公ですね。

-今回のシングルを機に新しいリスナーも増える予感もありますね。

武井:アニメ好きの人も来るんですかね? ましてや男のロマンじゃないですか、アニメって。ラジオ(レギュラー)始めてから結構来だして。これでまた違う角度から男の人も増えたら嬉しいですけどね。

-それまでになかったことを短期間でやってるわけじゃないですか? 今。どうですか?

武井:いやー、早く曲作りたいですね、今、ちょっと「Oh Yeah!!!!!!!」以降、それこそあんまやってないから、ちょっと危機感を感じてます。

-ツアーもやってるし。

武井:うん。なんか書けなくなってるんじゃないか? って恐怖になってくるんで。過去作った曲に頼るとか、あんましたくないし。

-じゃ、このシングルで作曲するスイッチ入れられた感じもある?

武井:うーん? ムチ打ってやってたんで、このときは。でもやっぱムチ打ってやるのはいいですね(笑)。今までも大体、期間が迫ってくると誰も俺に連絡したり、楽しいオファーしないでくれって感じで、家に閉じこもってるんですけど、今回が1番ホント、期間短い中でさらに手がかりゼロの状態からだったんで、恐怖はかなりありましたけど。1個山越えたんで勢いで書きたいけど、時間がない、みたいな。

-そういう状況の中で作ったんだと思うと、やはり地力があるなと。

武井:ありがとうございます。『MANTLE』のスピンオフ的になってるんですかね? それともまた違う1個のものが......1歩踏み出してるのかな。

-さらに次って感じはしますけどね。こういうリズムとか音像が初体験の人もいるでしょうし。

武井:こういう音を楽しんでもらう、紹介するチャンスでもあるのかなとは思いますね。