Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Drop's

2014年05月号掲載

Drop's

メンバー:中野ミホ (Gt/Vo)

インタビュアー:沖 さやこ

昨年シングル『太陽』でメジャー・デビューを果たし、続く1stフル・アルバム『DAWN SIGNALS』で自身の音楽性の深さを示した、札幌在住の女子5人組ロックンロール・バンド、Drop's。彼女たちがバンド初となるEP『コール・ミー』をリリースする。新曲、カヴァー曲、アコースティック・ヴァージョンに、ライヴ・テイクという全6曲を収録したこのEPは、バンドの現在のモードを様々な観点から楽しむことができる作品だ。ヴォーカル&ギターの中野ミホがメール・インタビューに答えてくれた。

-まず1stフル・アルバム『DAWN SIGNALS』リリース以降はバンドにとってどのような期間だったのでしょうか。

昨年は、リリース以降、ワンマンを含めライヴを積極的に行っていました。今年に入ってからは、曲作りとライヴを並行してやっていた感じです。

-昨年の12月には東京と大阪での初ワンマン・ライヴが開催されました。とても堂々としたステージングで、自信に満ちているからこそ成長したいという意志をお持ちの印象がありました。あのライヴは皆さんにとってどんなものになりましたか?

初の札幌以外でのワンマン・ライヴで、すこし不安な部分もありましたが、いまの私たちを最大限見せられるステージになったと思います。自信になりました。

-メンバー全員が20歳になったということで、メンバー内での気持ちの変化などはありますか?

個人個人はあるかもしれませんが、メンバー内では特に変わったことはないかと思います。今まで通りです。

-このEPの構想が上がってきたのはどういうタイミングだったのでしょうか?実際制作に入ったのはいつごろだったのでしょうか?

2月頃だったと思います。レコーディングに入ったのは3月の頭からです。

-新曲、カヴァー曲、アコースティック・ヴァージョンに、ライヴ・テイクという、Drop'sの魅力を多角的に見ることができる計6曲になりましたが、こういう内容になった理由を教えていただけますか?

今回初めてEPという形をとることになって、私たちを初めて知る人にも、知ってくれている人にも、いろいろな面を楽しんでもらえるような、ボリュームのあるものにしたかったからです。

-表題曲の「コール・ミー」は「太陽」と繋がるキャッチーな曲で、ギターが効いたアレンジになっていると思いました。どういう音にしたいなどのイメージなどはありましたか?

自分たちなりのポップ・ソングにしたいなと考えて、キャッチーなメロディの歌と、バンドのロックンロールな演奏、というイメージで作りました。全員でアレンジして、ひとりで作ったものよりすごく良くなりました。

-歌詞は一筋縄ではいかないラヴ・ソングという印象を受けましたが、いかがでしょうか。

人がたくさんいる街のなかで、自分が埋もれてしまうようなさみしさがあって、それを書きました。そういう、誰かに会いたくなったり安心したい気持ちみたいなものは、誰にでもあるような気がして。それを自分なりに、わかりやすく書いてみようと思いました。

-"呼んでおくれこの名前"というフレーズもあるように、"名前を呼ぶ"という行為はどのような意味があるとお思いですか?

名前というのは、自分が自分である証拠のひとつだと思うので、それを自分ではないだれかに呼んでもらえたら、存在を認めてもらえるというか、安心させてくれるような、見つけてくれるような行為という気がします。