Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Drop's

2014年12月号掲載

Drop's

メンバー:中野 ミホ (Vo/Gt) 荒谷 朋美 (Gt) 奥山 レイカ (Dr) 

インタビュアー:奥村 小雪

Drop'sがメジャー・デビューする前からあたためてきた特別な楽曲だという「さらば青春」をタイトルに冠した2nd EPをリリースする。今作には、青春の儚さを綴った表題曲に加え、新曲2曲と浅川マキのカバー「ちっちゃな時から」の4曲を収録。初のアナログ・レコーディングに挑戦し、生々しいバンド・アンサンブルが収められた今作について、中野ミホ(Vo/Gt)、荒谷朋美(Gt)、奥山レイカ(Dr)の3人に訊いた。

-中野さんは先月、21歳のお誕生日を迎えられましたね。ハタチで過ごした1年間はいかがでしたか?

中野:アルバム『HELLO』を作れたのがすごく良かったです。

-おふたりはこの1年を振り返ってみていかがですか?

奥山:ツアーで前よりいろんなところでライヴができ、いろんな人に出会えて楽しかったです。

荒谷:前に全国ツアーを回ったのは2年前くらいなんですが、久しぶりに全国を回ったらお客さんも増えていたし、そういうのが目に見えて実感できたのですごい良かったなと。

-昨年末に東京、大阪で初めてワンマン・ライヴを開催されて、今年3月には初の自主企画ライヴ"アイスクリーム・シアター"を開催、その後も全国各地のフェスやイベントへ出演されてきましたよね。そういったライヴの経験を通して、それぞれご自身で成長できたなと思うところはありますか?

中野:ライヴがすごく楽しくなりました。格好つけること、見られることがすごい快感になったというか(笑)。"もっと楽しんでもらおう"みたいな気持ちがすごい出てきて、自分だけじゃなくて観てる人も楽しくなればいいなっていう気持ちでライヴできるようになりました。

荒谷:サーキットやフェスとかだと、若いお客さんとかがいっぱい観に来てくれるので、そういうときにガツンと持っていける力は前より付いたんじゃないかなと思います。

奥山:私は後ろから見ていて、お客さんの反応が変わってきているのも見えるし、他のメンバーも楽しんでるのが分かるから、より自分も楽しんでライヴできるようになったな、と思います。

-11月22日に開催された自主企画"アイスクリーム・シアター 2"で、前回と同じく新宿 red clothを会場に選んだのには理由があるのでしょうか?

荒谷:中野さんが"アイスクリームは新宿 red clothがいい"って。

中野:って言ったっていう噂(笑)?

荒谷:噂って(笑)。言ってたよ。

-いよいよ12月3日に2nd EP『さらば青春』がリリースされますね。表題曲「さらば青春」は、どのようにしてできた曲なのでしょう?

中野:私は高校3年のときに弾き語りでライヴをしていたんですが、これはそのころに作った曲なんです。そこからアレンジとかが変わったりして、リリースするタイミングをいろいろ探ってたんですけど、今回ついに出せることになりました。

-もともとは弾き語りの曲なんですね。いつごろからバンドとして演奏するようになったんですか?

奥山:中野が弾き語りでライヴをやってたころはちょうど大学受験の準備時期みたいな感じで、バンドは活動休止中だったんです。そのときに初めて弾き語りで「さらば青春」を聴いて。そのあと活動再開してからバンドで合わせたので、高校卒業後の4月ですかね。

-曲ができて3年経った今、「さらば青春」をリリースすることになったのはなぜですか?

荒谷:これまでも、アルバムとか出すときには毎回この曲が候補に挙がってはいたんですけど、冬に出したいっていう思いがあったので、アルバムからは外して......っていうのが続いていて。今回やっと冬にリリースできることになりました。

-3年前に作ったときとは歌詞が変わっていたりするのでしょうか?

中野:そうですね。Cメロの部分は今回新たに作ったので、"何も言わず さらば青春よ どうか許しておくれ/連れてゆくわ 光と影のブルーズ"の2行を付け加えました。ここ以外のメロディや歌詞は全部3年前に書いたもので、もともとこのCメロ部分には別の歌詞があったんです。でも、今回改めて歌詞を全部見てみたときに、良い意味でも悪い意味でも"今の自分はこうは言わないな、表現しないな"って思って。"昔の写真を見る"みたいな感覚になったんですよね。

-それでこのCメロを作ろうと?

中野:そうですね。曲のアレンジ的にも、もうちょっとメリハリがほしいなと思っていて。今5人で演奏して「さらば青春」をリリースするのなら、今までよりも前にいける感じというか、過去を振り返るだけの歌にはしたくなくて。"5人のこれから"とか、そういうのも考えて付けました。"何も言わず――"の部分を足したからこそ、今の「さらば青春」ができたかなと。