Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

PAN

2014年05月号掲載

PAN

メンバー:川さん (Vo) ゴッチ (Gt)

インタビュアー:岡本 貴之

-ドラムがよこしんさんになってサウンドの変化というはかなりありますか?かなりハードなドラミングだと感じたんですが。

川さん:まあ変わった部分はありますね。でもこういうドラムを叩いてくれという注文はあんまりしたことはないですね。よこしんは結構自分の中で考えてアレンジして曲を持ってくるんで、気持ち良く叩いてもらってる方が僕も歌ってて気持ち良いんで。リズム感が合うというか。

ゴッチ:歳もまだ僕らより若いんですけど、彼が入ったことでPANというバンドのギアがグッと上がったような気はしますけどね。

-そのよこしんさんが「my name is ......」の最後の部分を歌っているんですか?

ゴッチ:そうですね、これは主役ですね。

川さん:ボーナス・トラックはここ何作か連続でアコースティックでやってるんです。これは僕がギターを弾いて一発録りで横でマイクを持ってゴッチがおってアドリブでやったんですけど、今回は名前を言うという曲にして、ゴッチの名前が出てきて最後にダイスケの名前を出して終わりにしたんですけど、ゴッチが"よこしんが入ってないから、入れたった方がええんちゃうか"みたいなことを言って。

ゴッチ:3人だけじゃなくて、よこしんもメンバーなんで入れよう、と。

川さん:でももうギターを弾く気もなかったんで。

一同:(笑)

川さん:じゃあちょっと、1人でブースに入ってみる?って(笑)。で、僕が外からメロディと歌詞を伝えて、それをよこしんがそのまま歌ったという。

-「金なんていらない」「金くれ!!」と続く流れはアルバムの中でもひっかかりがある歌詞ですね。

川さん:もうすぐ曲作りの時間がなくなる、という時にいけそうだなというのが2曲あって、なんか面白い内容がないか考えてた時に、切羽詰ってるから"もう金とかいらんからなんか面白い歌詞とか良い言葉出てこないかな"って凄く思ってて「金なんていらない」を思いついた時に僕はバイトしてたんですよね。必死に金を稼ぎながら「金なんていらない」って言ってるこの矛盾ってなんなんやろ?って思って。その時これで2曲いけるんちゃうか?と。もう(ボーリングの)スプリットを倒すような感覚ですよ。一投で2ピン倒したる、みたいな(笑)。これを思いついた時はニヤニヤしましたね。たぶん誰もが共有している矛盾を歌にしたら面白いなと。

-ライヴでも楽しみな曲ですね。これからツアーが始まりますが、どんなところに注目してほしいですか?

川さん:今話した「金なんていらない」「金くれ!!」の流れとか、1曲1曲は面白い曲が揃ったと思うんで、新曲にどんな反応があるのか、ツアーをやりながら楽曲がどう成長していくのかなというのが楽しみですね。あとはその日その日の雰囲気ですね。曲が楽しいんで面白いツアーになると思います。

ゴッチ:ライヴではまだやったことがない楽曲がどこまで楽しめるかをお客さんと共有したいですね。MCとかも僕らは決めないんで、いろいろアドリブな部分でその日しかない雰囲気を楽しみたいです。今まではちょっと切ない歌を1曲入れようとかあったんですけど今回のアルバムはそれがないんで、新しいこれまでのPANにはない部分を自分でも楽しみたいです。

-9月には"MASTER COLISEUM 2014"もありますね。2006年からSABOTENと共催しているイベントですが、これはどういうきっかけで始まったんでしょうか?

ゴッチ:これは、PANもSABOTENもロック・フェスに呼ばれないんで、だったら自分たちでやってしまおうというのが元々のスタートだったんで、こんなに続くとは思ってなかったですし、割と大きい会場だったんでそこが満杯になるとも思ってなかったんですよ。だからスタートは結構勢いで始まったイベントですね。

-今年で9回目ということですけど、このイベントと共に知名度や集客が上がってきたという実感はありますか?

川さん:いろんなバンド出てくれているので、(そのバンドのファン等)そこで知ってくれる人とか多いと思いますし、他のバンドが出てくれることは凄く感謝していますね。もちろん開催には大変な部分もあるんですけど、今年はこうしたいなとかちょっとずつ変えていったりライヴハウスにも協力してもらってるんで、助けられながらやれたことに感謝しているんで、僕らもSABOTENもこのイベントを通して恩返ししていきたいなという気持ちが凄くありますね。