Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SILENT SIREN

2017年10月号掲載

SILENT SIREN

メンバー:すぅ(Vo/Gt) ゆかるん(Key) あいにゃん(Ba) ひなんちゅ(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-エンディングも長めで、最後まで盛り上がるもので。これはライヴでアレンジが効きそうなところでもありますね。

すぅ:そうですね、メイン・フレーズがあれば、あとは何をやってもいいかなという(笑)。柔軟にやっていきたいなと思います。

-内容的には恋愛曲ですが、なぜ野球をモチーフにしようと?

すぅ:私が野球好きなので、ポンと出てきた使いたかったワードが野球用語だったんです。書いていたのがちょうど甲子園のシーズンだったのもあったし(笑)。女の子目線で、野球を絡めて恋する気持ちを書けたらいいなと思ったんです。これは、曲をもらったその日に書きましたね。"野球をテーマにして書こうと思うんですけど、いいですか"って言って。そのまま書き進めました。

-もともと曲をもらったときに、こういう歌詞を乗せたいなというイメージがあったんですか。

すぅ:まったく決まってなかったですね。ただ、曲としてはポップな女の子の恋心という、ざっくりとしたテーマがあったので。そういう恋愛の歌詞に対しての、トラックのカッコよさというギャップを今回も表現できたらいいなというのはありましたね。それが再現できたので、良かったですね。でもほんと、作るまで時間がかかったので、レコーディングまでに時間がなくて、みんな必死で自分のパートを作ったり、練習をしたりしていたんです。

-それくらい、なかなか今のサイサイはこれというのが出てなかったんですね。

すぅ:まだ決まらない、決まらないってなってました。なんであんなに決まらなかったんだろう(笑)?

-自分たちのハードルも、どんどん上がってきていたんですかね。

ひなんちゅ:"サイサイらしさ"というものがいろいろとある中で、代表曲というものがないんですよね。"なんの曲が好き?"ってなると、ファンの人はだいたいバラバラの曲を挙げるんです。何か1曲大きなものがあるわけではないので。サイサイらしさってなんだろうと考えると、音楽の趣味はみんな違って――それはスタッフさんも、事務所でも違うし、レコード会社でも違うし、メンバーの中でも違うし。それで、これがいい、あれがいいとすごく話し合ったんです。自分がいいと思ったものも、スタッフさんは違うとなったりもしたり、その逆もあったり。でもこの「ジャストミート」は、満場一致でやりましょうとなったんです。結構そういうパターンは多いんですよね。ギリギリになって、これがいいねってなることが一番多い。

-結果的に、どのくらいの間そういうやりとりがあったんですか。

すぅ:今回は長かった。

あいにゃん:ギリギリです、常に(笑)。でも今回は、その中でも特に。

ひなんちゅ:上がってきていた曲は全部良くて、でも決定打がないっていう感じで。これになって良かったですね。みんなが一致して。

あいにゃん:これはスタッフさんも"ヤバいのができた"って、すごい推してきたもんね。"そんなに推す!?"って思ったけど。

すぅ:そう。最初に聴いたときは、他の曲に比べてこの曲がそこまでいいのかがよくわからなかったんですよ。もしかして時間がないからこの曲で決めたのかな? とか(笑)。でもよくよく聴いてみたら、すごくいい曲だったので。それにスタッフさんはすぐに気づいていたのかなと。

-頭の1発で、ガツンと入ってくる曲でもありますからね。

すぅ:そうですね。イントロのリフのカッコよさもそうなんですけど、意外とギターと一緒に四つ打ちで始まる曲って、あまりなかったんです。それも新しいなと思って。


今回は、カップリングも幸せな曲。 ハッピーに収まる1枚になったなと思います


-そしてカップリング曲「フユメグ」は冬の、キラキラとしたラヴ・ソングとなりました。

すぅ:カップリングは冬のバラードにしてくださいというオーダーがずっとあって。クボ君も冬ソングをたくさん書いていたんですけど。個人的なテンションとしては、あまりバラードではないなというのがあったんです。ちょっと寂しい感じの冬のバラード曲は、今までも多かったんですよね。だから今年は、カップリングに入る、入らないにかかわらず、気持ち的に明るい冬曲を書きたいなと思っていたんです。それでこれを書いたところ、ポップな曲と歌詞とのハマりも良かったので。今回、2曲とも幸せな曲というか(笑)。ハッピーに収まる1枚になったなと思います。

-この曲って、サビの前のBメロもサビっぽくて、高揚感が倍増しますね。

すぅ:そうなんです、2段階サビみたいになっていて、そこがすごくいいですよね。5分近くある曲なんですけど、長さを感じないというか。おしゃれな感じで、結構派手になっています。

-この曲では、メロディに対してピアノがいいアクセントとして効いています。

ゆかるん:1番のAメロ、Bメロ、サビで同じのを弾いていると見せかけて、ちょっとずつ変化してたりとか、落ちサビのピアノとヴォーカルとになるところが、他のサビとは違ったり。パッと聴いただけではわからないけれど、細かいこだわりがありますね。幸せ感やキラキラ感を出しつつ、ちょっと切なさも出しつつという感じでした。この曲はバラードではないんですけど、ピアノの音色のあたたかみっていうのが、冬の曲には欠かせないなと思うので。