Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

The Floor

2018年10月号掲載

The Floor

メンバー:ササキハヤト(Vo/Gt) 永田 涼司(Gt) ミヤシタヨウジ(Ba) コウタロウ(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-あら、それは良かった(笑)。マジックが完成したことでマジックが起きたんですね。そして3曲目の「FASHION」もThe Floorの洋楽と邦楽のミックス・センスが出た楽曲になりました。みなさんがリスナーとして聴いて"いいじゃん!"と思った音楽を自分たちなりに解釈したような。

ミヤシタ:うん、まさにそれですね。

ササキ:好きを詰め込んだし、好きをやっと形にできた感覚がありますね。

-だからこそ「リップサービス」(2016年リリースの1stミニ・アルバム『ライトアップ』収録曲)に近いマインドを感じました。

永田:うんうん、そうですね。シンセ・ベースを使ったり、シンセを大々的に使ったり、音楽的な挑戦をいろいろしていく――インディーズ時代はそんなふうにずっと曲作りをしてきていたので、楽しかったです。

コウタロウ:ドラムも録音した1ショットを永田がパソコンでサンプリングしてリズムを組んだので、いろいろ口出しもして(笑)。いつもと違う曲作りの向き合い方ができて面白かった。永田がすごく頑張ってくれました。

永田:1番のサビでピアノとヴォーカル以外の音が抜けるんですけど、"これはやりすぎかな?"と思っていたらメンバーが"いいじゃん!"と言ってくれて、スタッフさんも"いいね!"と言ってくれたんです。これは共通でいいと思えるところなんだなという発見もありましたね。

-ササキさんのシニカルな側面が歌詞に出てくるのも久しぶりで、ササキハヤトはこうでなくっちゃ! 感もありました(笑)。

永田:「リッピサービス」時代の俺らを知ってくれてる人はニヤニヤしてくれるかもね(笑)。

ササキ:なんか俺、嫌なやつみたいに思われてます(笑)!?

-いやいや、表現にスパイスは必要です。シニカルなだけではなく、美しい物語にしているところは今のササキさんだからできることでしょうし。

ササキ:実際この歌詞を書くの、めっちゃ楽しかったんですよね(笑)! こういう感覚をもう1回取り戻せたことも、初期衝動で新しいものができたのはバンドにとっても財産で。これからもそういう毒気は出していけたらと思うし、この曲がこれから僕らをどこに連れて行ってくれるのかが楽しみなんですよね。

-趣向の違う3曲を収録したCDをメジャー1stシングルとしてリリースできるのも、バンドにとって大きな財産ですよね。

永田:うんうん。気持ち的には超ミニ・アルバムです(笑)。

コウタロウ:密度が高いCDになったね。

ササキ:このシングルを引っ提げて、また新しい覚悟を背負って活動していきたいと思います。素晴らしいバンドになりたいし、素晴らしいライヴをしたいし、素晴らしい空間を作り上げたい――そんな気持ちから11月から開催するリリース・ツアーを"fantastic!! Tour"というタイトルにしました。ここからまた新しい気持ちで挑んでいきたいし、今の俺らの想いをぶつけていきたいと思います。