Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

The Floor

2018年10月号掲載

The Floor

メンバー:ササキハヤト(Vo/Gt) 永田 涼司(Gt) ミヤシタヨウジ(Ba) コウタロウ(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-そうですね。みなさんがおっしゃったとおり新境地だと思います。タイトルが発表になったとき、メジャー1stシングルで"革命"という言葉を掲げるのは攻めてるなとも思いましたし。

ササキ:サビメロの歌詞頭をそのままタイトルにしたんですけど、メロディを聴いたときに"ここには印象的な言葉をハメたいな"と思ったので、"革命"という言葉を使いました。でも強く押しつけがましいことを言いたいわけではなくて。聴いてくれた人の心の中で感情を鳴らしてほしい。心の中で起こる小さい一歩でもいいから革命を鳴らそうという意味の歌詞やタイトルになりましたね。変わり続ける環境のなかで自分はどうなっていきたいのか、聴いてくれる人がどんな気持ちになってほしいのか――"革命を鳴らせ"という言葉には僕の素直な気持ちが詰まってますね。

-歌詞はササキさんとコウタロウさんの共作なんですよね。

ササキ:僕の書いていた歌詞の"革命を鳴らせ"というラインがいいねという話になって、ここをもとに1行1行をふたりで考えていきました。

コウタロウ:まずハヤトの歌いたいことを共有して、ハヤトが言葉にしていって、それを僕の客観的な目線で見て、あんまり外に伝わっていないと思ったところは"こういう言い回しにしてみたら?"と提案していきました。僕はより遠くに発信するためのパイプ役というか。そういう導き方ができたのは新しい経験でした。細かいところまで考えましたね。

ササキ:僕が"いや、どうしてもこの言葉が言いたい!"という場面もあって、それに対してコウちゃん(コウタロウ)が頭を捻って(笑)。コウちゃんが返してくれたものに対して"え、その言葉?"と思うたびに、自分の伝えたいことがより鮮明になっていった感覚がありました。コウちゃんと共作できたことで独りよがりではなくなった。歌詞として密度の濃いものが作れたなと思っていますね。

ミヤシタ:今まではメッセージ性の強い歌詞を乗せるときはシンプルなアレンジにしていたけれど、今回はフレーズにも凝ってみて。それを"僕たちの新曲です"と言えたのはすごくいいことだし、進化できたなと思います。僕個人としては新しくベースを買って。楽器を新調すると気持ちもプレイも変わりますね。新しいこと尽くしの曲だと思います。

ササキ:「革命を鳴らせ」はしっかりとしたメッセージがあるので、ライヴでも"盛り上げたい"というよりは"届けたい"んです。ライヴはお客さんも僕らに気持ちを届けてくれる場なので、僕らも聴いてくれる人もぐっと中に入り込める曲になったらなと思いますね。そうしたらみんなでひとつになれる――そんな可能性を感じています。

-バンドが革命を鳴らしたうえで生まれた曲ですし、これからこの曲がバンドに革命を鳴らしていくかもしれませんね。

永田:今回の制作で、変化が起きることを楽しいと思えるようになったことは、かなり大きかったですね。

ミヤシタ:今までは自分たちの枠組みから出ることを無意識に嫌っていた気がします。それは自分たちらしさを気にしすぎていたからなんじゃないかって。今回はその枠組みから出られたと思いますね。

-カップリングの「マジック」はこれまでのThe Floorのカラーが出た曲だと思いました。間奏のサウンドスケープも迫力があります。それに反して歌詞はセンチメンタルという。

永田:音に関してはまさに僕らって感じですね。ライヴを意識して作った曲でもあるので、バンドの音だけで攻めたくて。スタジオに簡単なデモを持っていって、みんなでああだこうだ言いながら練っていきました。できあがりも早かったのでレコーディング前にライヴで演奏できたんです。だから音源にもライヴ感を入れられたと思いますね。

ササキ:この曲のデモが上がってきたときに仲違いをしてしまった友達がいて。楽しい曲だけどそれだけにとどまらない歌詞にしたかったし、切ない気持ちを笑い飛ばせる曲になったらなと思ったので、その出来事をきっかけに歌詞を広げていきました。好きだけど相手のことを思うと一緒にいるのは憚られる、愛するが故の別れ的な心情を書きたかったというか。最近"こういうことが歌いたい"とか"こういうことが伝えたい"という気持ちがどんどん強くなってきているんです。だからこそ僕と同じ経験をしたことがある人たちにもっと伝わる、心に寄り添える、安らいでもらえる歌詞が書きたいですね。聴いてくれた人たちがいい気持ちになってくれたらと思います。

-歌詞の内容から考えるとタイトルは"ジャーニー"になりそうですけど、"マジック"なんですね。

ササキ:"ジャーニーだと在り来たりじゃない?"という話になって、ヨウジに相談してみたら"マジックでいいんじゃない?"と言われて、歌詞の内容にも合っているし"マジック"になりました。いつか仲直りできるマジックがかかってくれたらいいなという願いも込めて――というかぶっちゃけると、歌詞のきっかけになった相手とは仲直りしたんです(笑)。