Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

セックスマシーン×ガガガSP

2018年03月号掲載

セックスマシーン×ガガガSP

セックスマシーン!!

Official Site

セックスマシーン:森田 剛史(Vo/Key)
ガガガSP:コザック前田(唄い手)
インタビュアー:フジジュン Photo by 上溝恭香

-今回、ベスト盤のタイトルが"バンド名変えたい"ですが、セックスマシーンの名前を本気で変えたいと思ったことはある?

前田:それも俺、モーリーに情熱的に熱弁されたことあるよ。"バンド名、本気で変えたいんです!"って。

森田:そうでしたっけ(笑)? 自分の中では"ホンマにこれはいかん"と思う部分と、メンバーが変わるたびに名前変えるようなバンドを見ると"それはちょっと違うな"と思う部分があって。自分のバンド名に誇りを持って、"メンバーが変わろうと、自分たちこそセックスマシーンじゃ!"って気持ちもあってもいいんじゃないか? とも思うんです。ただウチの場合、そもそもの言葉選びが間違ってたんじゃないか? って問題があって。

前田:わはは(笑)。でも、最初の時点ではそんなに長くやるとか、何も考えてないやんか?

森田:何も考えてなかったです! ただただ、バンド名でショックを与えたいって気持ちだけが強かったし、その気持ちはすごくピュアなものやったと思うんです。結成時のメンバーで葉山君っていう、今は医者になったメンバーがいて。トランペットやのに吹けないから、イントロ終わったらダイブしていくってパートやったんですけど(笑)。彼が"「セックスマシーン」でええやん"って言って、"ええな、それはショッキングやな!"と思って命名して。20年やってきて、ショックを与えるのはいいんですけど、バンド名だけで予選落ちになってることも多々あったなと思って(笑)。例えば、フェスやイベントに呼んでいただくときに"今回、行政が関わってるから、バンド名を出しづらいんです"ってことがあって。誰が悪いのか? って思ったとき、このバンド名にした僕が間違いなく悪いんです。

前田:わはは(笑)。でも、バンド名を付けたころはライヴしたい、20人くらいお客さん呼びたいとか、それくらいしか思ってなくて。CDを出すなんて遠い先の話やと思ってたし、神戸におってCD出せるなんてこと考えてもいなかったですからね。

森田:そうですね。今はメディアの発達によって、いろんな出会い方をする人がいるわけじゃないですか? そんな時代にもっと多くの人を巻き込みたいと思ったとき、バンド名ですごい誤解を与えてるところもあるなというのは、ここ5年くらいずっと思ってます。

前田:先輩にSEX MACHINEGUNSっておるじゃないですか? そういうバンドとごっちゃになるんじゃないかっていう、イチモツの不安はあったんやないですか?

森田:イチモツじゃないです、一抹です。イチモツはズボンにしまっといてください(笑)。

-わはは(笑)。でも日本人って、セックスとかイチモツとか、アレとかアソコとか、何を言っても下半身をイメージしたり、ちょっと下ネタに過敏すぎたりする風潮はありますよね。

森田:たしかに。セックスって言っても、性別って意味もありますからね。だったら、マシーンの部分が良くないのかなぁ......(笑)? SEX MACHINEGUNSのANCHANG(Vo/Gt)と対談したとき、バンド名での苦労もうかがったし、それを突破して国営放送に出たときの嬉しさもうかがって。僕らの力が足りんだけなのかな? とも思ったんですけどね。

前田:"COMIN'KOBE"も行政が絡んでるから、バンド名を変えるって事件あったやんか?

森田:あ、あれは自分ら発信で勝手にやってただけなんで。

前田:わかっとるけど、そういう体にせなアカンやんか(笑)! "セックスマシーンはバンド名がイベントに相応しくないので出演できません"言うて、"さわやか倶楽部"って名前で出たんですよ(笑)。わざわざホームページまで作って。

森田:"今日は地域の清掃活動をしました"ってさわやか活動をブログに書いたり、"新曲ができました。「朝のレニングラード」です"とか発表してるけど、写真はセクマシ(笑)。で、"COMIN'KOBE13"には"さわやか倶楽部"っていう名前で出演したんですけど。そのあと、実行委員から"セックスマシーンが「さわやか倶楽部」という名前に偽ってCOMIN'KOBEに出演致しました"と詫び文が出たんです。"二度とこのような事態の再発が起こらないように実行委員会はアーティスト写真、名簿リストなどより一層管理徹底に尽力致します"と謝っておきながら、"[COMIN'KOBE14]第1弾出演アーティスト発表!「すこやか倶楽部」"言うて、まったく同じ写真が載ってて(笑)。3年目は"もう懲りました。[COMIN'KOBE]に相応しい名前でやります、「せっくす倶楽部」です"言うて、"せっくす倶楽部"って名前で出演したんです。

-わはははは! シャレのわかる実行委員会だなぁ(笑)。

前田:面白かったのは、そういうことをすると、新規の子が反応するわけですよ? 特に男子は"「せっくす倶楽部」って言うから、エロい姉ちゃんが出てくるんじゃないか?"とか想像したみたいで。モーリーが講師をしてる塾の生徒の高校生が、知らずにライヴを観に来てたんです。で、始まってみたら、"イエ~イ!"って言いながら出てきたのはビリビリに破れたジーンズを履いた、自分の塾の先生(笑)。後日、塾で"森田先生、ライヴ出てましたね!"って言われたらしいんやけど。カッコ良かったのが、そのときモーリーは何も言わずに親指だけ立てたっていう。