Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

バンドじゃないもん!

バンドじゃないもん!

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI

Official Site

メンバー:鈴姫 みさこ 恋汐 りんご 七星 ぐみ 望月 みゆ 甘夏 ゆず 大桃子 サンライズ

インタビュアー:沖 さやこ


バンもん!のギラギラした未来を感じ取ってもらって
みんなにも"自分もまだまだいけるかもしれない"と思ってもらいたい


-そうですね。今回リリースされるメジャー1stアルバムの"完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を♥"というタイトルはみなさんの所属事務所であるPERFECT MUSICとも掛けられてると思うのですが、どういう意味が込められているのでしょう?

恋汐りんご:いっぱい意味があるんです。まずひとつは"アイドルなのか? バンドなのか?"という、ちょっとふわふわした存在のバンドじゃないもん!が"ふかんぜん"というニュアンスにもなっていて。あと"ふかんぜん"にはこの先完全に近づいていく、伸びしろがあるという意味もあります。一見マイナスなイメージがあるかもしれないんですけど、ポジティヴな意味が込められています。ポジティヴ不完全(笑)。

鈴姫みさこ:"まだ進化を残してるぞ! でもこんなアルバムだぞ!? どうする!?"って(笑)。

望月みゆ:パーフェクトだ! と思って世に出すアルバムなんですけど、今後"やっぱり不完全だった"と思われるくらい私たちが成長する、ということです(笑)。

大桃子 サンライズ:強気な感じだね。

鈴姫みさこ:ここまで完璧なアルバムなのにうちらはまだ進化を残している......(笑)! バンもん!のギラギラした未来を感じ取ってもらって、みんなにも"自分もまだまだいけるかもしれない"と思ってもらえたら。ギラギラに当てられてほしい。

-バンもん!の音楽においての"かくあるべき"はポジティヴィティということですか?

鈴姫みさこ:ポジティヴなところと、あとは"人間"が詰まっているものじゃないとな、と思っています。だからメンバーで歌詞を書くことも多いし。歌も音程を直そうと思えばいくらでも直せるじゃないですか(笑)。でも極力それはしない。その人の生の声を切り取って、一番いい音源を作れたら......と思って、みんなの個性をそのまま残している。音的にも声的にも、歌詞や世界観にも"人間"が出ていて、そのうえでの最高のハッピー感が大事ですね。あと、形態が変わってきていても変わらないことは、ジャンルやかたちに捉われないこと。何をしても面白ければ、いい曲ならばいい。今回のアルバムも全部いい曲だけど曲調もばらばらで......なんなら1曲の中で曲調が変わりまくるものもあるし(笑)。

-ははは(笑)。まさしく"アイドル界のミクスト・メディア"です。

鈴姫みさこ:ジャンルなんて関係ない。面白ければいいんです(笑)。

大桃子 サンライズ:これが俺たちの生きる道だった、ということです(笑)。

Q-MHzプロデュースによる「青春カラダダダッシュ!」(Track.1)は「キメマスター!」の別バージョンのような、バンもん!の活動の指針が出ている曲かなと思いました。

鈴姫みさこ:"成長過程、鍛え上げ!"みたいなイメージです。Q-MHzさんにも肉体的な鍛え上げの曲を、とお願いしたら、心身ともにガッツと努力! 一緒に頑張ろうぜ! という曲を作ってくださったんですけど。

七星ぐみ:本当に鍛えられる曲だよね。

鈴姫みさこ:そうそう。歌むずいし、ドラムもめっちゃむずいし(笑)。

望月みゆ:Q-MHzさんの曲はいつもそうなんですけど、ほんとベースも難しい......(笑)!

甘夏ゆず:シンセ・パートも速いからあまりにも難しすぎて、メンバーさんに"すみません、もうちょっと簡単なフレーズにしていただけませんか......?"とお願いをして。それで変えていただいたんですけど、それもまた難しくてレコーディングするのに1時間かかりました(笑)。

-「青春カラダダダッシュ!」も1曲の中でジャンルが変わりますが、ゆよゆっぺさん作詞作曲の「しゅっとこどっこい」(Track.3)もとんでもない(笑)。

鈴姫みさこ:ゆよゆっぺさんはバンもん!に(提供する)曲を作るときは曲のテンポを何回も変えていいと思っている(笑)! もともとその節があるお方だから(笑)、うちらという素材を使ってやりたいことをやってくださって、楽しんでくださっている感じがすごくします。ワンコーラスできた状態のときに、どういう曲にしていくのかゆよゆっぺさんと打ち合わせをして。そのとき出てきた"千葉県に菜の花体操というのがあって~"という話を気に入ってくださって、それでまったりとしたゆるい体操のパートを入れてくださって(笑)。もものヤバいラッパー具合もいいよね(笑)。

大桃子 サンライズ:自分が持っているロックやヒップホッパーの要素を出し尽くしました(笑)。ゆよゆっぺさんのユーモア・センスはうちらと共鳴してるところなのかなって。だから歌ってるとすごく楽しいです。バンもん!はひとりひとり熱い人間だけど、6人揃うとどこかゆるい空気もあるじゃないですか。激しさとゆるさが入り乱れていて疾走感もあって、ヤバい曲ができちゃったな! と思うので、本当にいろんな人に聴いてもらいたい曲です。

-「君はヒーロー」(Track.5)はGLAYのHISASHIさんが初めてアイドル・プロデュースをしたことでも話題です。

鈴姫みさこ:念願叶ってHISASHIさんに楽曲提供をしていただきました。ストレートなロックだけど、歌詞は頭に残る言い回しが多い。

望月みゆ:口に出して言いたい言葉が詰まってるよね。

甘夏ゆず:レコーディングのときにHISASHIさんが"息を吸って吐いて生きろ"の部分は"生きるという意味を考えながら歌ってみて"とおっしゃって、そのときに"いままで私は歌にそこまで感情移入ができていなかったかもしれない......"と思ってガチ泣きしちゃいました(笑)。

鈴姫みさこ:あとHISASHIさんとゆずのギターのユニゾンは、私が"これはやらなきゃだめでしょ!"と提案して。

甘夏ゆず:いままでシンセはレコーディングしてたけど、ギターを録音したことはなくて。今回はもともとユニゾンしているフレーズがあったので、みーちゃん(鈴姫みさこ)の提案もあって一緒にやらせていただきました......!