Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

nano.RIPE

2016年03月号掲載

nano.RIPE

メンバー:きみコ(Gt/Vo)

インタビュアー:山口 智男

精力的にライヴとリリースを続けるnano.RIPEがシングル・コレクション『シアワセのクツ』を挟んで、『こだまことだま』から7ヶ月ぶりにニュー・シングル『ライムツリー』をリリース。もともとの持ち味とともに今回、4人が打ち出したのはアーティスト写真が物語る通り大人っぽいイメージとnano.RIPE流のおしゃれロック。シングル・コレクションでそれまでの活動にひと区切りつけたnano.RIPEの新たなスタートはかなり野心的なものになった。この『ライムツリー』を皮切りに今年2016年はnano.RIPEにとって挑戦の1年になりそうだ。

-昨年はnano.RIPEにとって攻めの1年でしたね?

ひと言で言うと、2015年はワンマン・ライヴの年でした。ワンマンが計51本あったんですよ。2015年はトータルで70本ぐらいしかライヴをやっていないことを考えると、ほぼワンマンだったと言えるので、成長した部分がある一方で、精神的に甘えがちょっと出てきたところもあるなって思いました。ワンマンって何をやっても許されるところがあるじゃないですか。

-お客さんはnano.RIPEだけを観に来ているわけですからね。

そのあたりを今年は引き締めていこう、と。もちろん、ワンマンから得たものもたくさんあるので、それをもっといい形にしたいとも思ってます。

-昨年はメジャー・デビュー5周年を迎え、『シアワセのクツ』と題したシングル・コレクションもリリースしましたが、そこでひと区切りして、今年から新たなスタートという気持ちもあるんですか?

シングル・コレクションを出したことによって、一度、僕らがどんなシングルを出してきたのか振り返ることができたんですよ。ライヴをこれだけやっていると、ライヴの定番曲とシングル曲って別モノで、シングルだからって必ずライヴでやるわけではないし、ライヴで必ずやる曲がシングルになるわけでもないし――僕らの中ではライヴばかりやっていると、ライヴの定番曲の方がnano.RIPEの王道というか、みんなが知っているnano.RIPEなんじゃないかって思ってしまうんです。でもシングル・コレクションをリリースしてみて、みんながみんなライヴに来れるわけではないし、アニメを始め、いろいろなものをきっかけにしてnano.RIPEを知ってくださった方にとってはシングル曲のイメージが強いということを改めて実感したんです。おかげで僕らが今までリリースしてきたものがこういうものだった、nano.RIPEってこういうカラーのバンドだったって再確認できたので、それを踏まえたうえで、今年は新しいことをやっていこう、挑戦していこうっていうモードなんです。

-7ヶ月ぶりのシングルとなる今回の『ライムツリー』はまさに新しい一面をアピールしたものになりましたね。アーティスト写真は曲のイメージを反映しているということかもしれないですけど、今回、大人っぽい面をアピールしてきたという印象でした。

シングル・コレクションを聴いたとき、"nano.RIPE=甘酸っぱい青春"だなって感じたんです。歌の中に出てくる"僕"と"君"の年齢も10代というイメージが私も歌詞を書きながらあったし、たぶんみんなもそう受け取ってくれてるんだろうなって。でも今回は歌詞、サウンドとともに年齢を上げて、新たに6年目を踏み出す気持ちや、さらに進化していくぞという気持ちを込めつつ、ちょっと大人のnano.RIPEを意識しました。もちろんアップデートできた部分もあるし、これだけ進化したならまだ進化するんじゃないかという期待を持ってもらえるような曲になったと思います。

-大人っぽい面をアピールしたいというはっきりしたテーマがあったわけですね?

ありました。今回、どういう曲を作ろうかと、あたしとギターのササキジュンとベースのアベノブユキの3人で1曲ずつ書いてきたんですけど、"おしゃれロックをやってみよう"っていうテーマがもともとあったんですよ。だから3人ともそういうテイストの曲を作ってきて。それでもいろいろな曲ができて、その中で通ったのがササキジュンの曲だったんです。

-TVアニメ"最弱無敗の神装機竜"のエンディング主題歌ですが、歌詞はアニメの世界観にそんなに寄せているわけではないですよね。

全然関係ないんですよ(笑)。これまでたくさんアニメのタイアップをやらせていただいてるんですけれど、こういうテイストのアニメは初めてで。これまでは日常を描いたものが多かったんですけど、今回のようなファンタジーやバトル・アクションはnano.RIPEにとっても未知の領域だし、特にメンバーの中で私が1番アニメに疎いので、わからないものを書いても仕方ないぞと思っていたら、ありがたいことに"自由に書いてください"とおっしゃっていただけて。"ありがとうございます、わがままに作らせていただきます"って感じなので、今回、曲も歌詞も全然寄り添ってないんです。

-"おしゃれロック"というテーマがあったそうですが、具体的にはどんなサウンドをイメージしていたんですか?

そもそものところからの話なんですけど、おしゃれなコードを使ってみようって(笑)。nano.RIPEは、あたしがそもそもTHE BLUE HEARTSに憧れて始めたバンドなので、3コードでいい曲ができればそれでいいじゃないかという感じで、ずっとゴリ押ししてきたんですけど、たまにはおしゃれなコードも使ってみたらどうかなと。今、ゲスの極み乙女。を始め、人気がある人たちの音楽を聴いていると、みんなどこかおしゃれだなって感じていて、nano.RIPEでそれをやったらどうなるだろうって考えたのもきっかけのひとつでしたね。

-Track.1「ライムツリー」はまさにそういう曲になりましたね。

でも、メロディは90年代のJ-POPっぽいテイストがあって懐かしい感じなんですよ。たぶん、ササキジュンは意識して書いてはいないと思うんですけど、その組み合わせが面白いなと。メロは懐かしいんだけど、nano.RIPEとしてはおしゃれな今っぽいコードを取り入れてみたのがうまくハマって、ちゃんとnano.RIPEになっているんですよね。