Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Poet-type.M

2015年10月号掲載

Poet-type.M

メンバー:門田匡陽

インタビュアー:石角 友香

"A Place, Dark & Dark"――夜しかない街を舞台に展開する年4作の連作の秋盤『-性器を無くしたアンドロイド-』。ファンタジーを通して今、私たちが生きる世界を映す鏡として存在するこのシリーズ、いよいよここに来て身につまされるリアルが炙りだされてきた印象だ。CDのプレイボタンを押すと同時にこれまでのPoet-type.Mの音像からさらに飛躍した楽曲にいい意味で驚かされることだろう。

-秋盤を聴いて、いよいよPoet-type.Mという形態の自由さが出てきた印象です。

そうですね。秋盤はやっぱり夏盤(※『A Place, Dark & Dark -ダイヤモンドは傷つかない-』)とはがらっと変えたいって気持ちがあって、音楽がだんだんワガママになってきてるんですね。そこは自分で歯止めをかけないようにしたというところが秋盤は顕著に出てますね。気を遣ってたんですよ、どこかで(笑)。

-(笑)何に気を遣う必要が?

え? だって......自分の好きだけでやってるわけではないんで(笑)常にどこかにはあるんですけど、春盤、夏盤、秋盤ってだんだん気を遣わなくなってきてる気がしてて。そのへんはバランスを見て入れてきたつもりですけど、"秋盤、こういう始まり方か"みたいな(笑)。

-たしかにこのダークでアンニュイなTrack.1「だが、ワインは赫(Deep Red Wine)」で始まると、連作のなのに違うコンセプトが立ち上がったのか?と思いますね。

うん、ほんとですよね。でも、正直こうならざるを得なかったってところなんですよ。確信的にこういう1枚にしようという気はなくって、結局"Dark & Dark"っていう街――架空の街はファンタジーの体をした今の自分が考える東京や世界というものを表現しようってコンセプトで始まっていて、正直だんだん笑えなくなってきたというか。

-それは何に対してですか?

現状ですね。自分と世界、自分と世の中。それこそ3年前にはそうは思ってなかったんですけど、だんだんファンタジーがやりづらくなってきたと思って。『White White White』(2013年10月リリースの1stフル・アルバム)って、Poet-type.Mの1番最初の作品を出したあとは、次はわかりやすくファンタジーをやろうと思っていたんです。3年前はファンタジーもユーモアもまだあったし、ニヤリとするような知性もあったし、そういうのを表現したいと思っていたんです。それで春盤(※『A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-』)、夏盤はまだそういう余裕があったんだけど、秋盤を作る過程で全然そういう余裕がなくなってきて、"Dark & Dark"という街がだんだん歪で不気味な街になってきたんですね。遊んでるつもりだったのに、いつの間にか、深みにはまっちゃって。いろんな世の中の状況がある、さっきも安保法案、可決されたでしょ?(取材日:9月17日)そういう世の中の流れとか。別に可決に賛成とか反対とかが言いたいわけではないんですよ。どっちにしろ気持ち悪いなっていう情報が友だち関係とか、知り合い関係とか、そういう周りからも入ってきて。そういう環境が今、ダイレクトに影響してますよ。だからこの秋盤作ってるときは音楽とは直接関係ない部分で全然楽しくはなかった。

-真剣に向き合うべきことではあるけれど、国会中継にしろニュース番組にしろ、テレビつけてるだけでちょっと気持ち悪くなる部分はあります。

そうそう。東京オリンピックの招致のときもそうでした。なんで誰かが国民全体の意志はこうだみたいなこと言えちゃうんだろう?って。今回のことに関してもそうでしょ?"僕の背中には1億人の声があるんです"とか平気で言えちゃうヤツがいたり。そういう全体主義的発想が俺、大っ嫌いなんです。今回、"Dark & Dark"の秋盤に関しては、"アンチ全体主義""アンチ信仰"っていうのが、自分の中に色濃くあったので気軽に音楽を楽しもうという雰囲気はなかったんですよね。ジャケットの月がまさにそういうことの象徴で、もううっとうしいぐらいみんなを監視してる、オドロオドロしい、禍々しいものになってる。それで、わざわざ教会で奉ってて、そこでもまた月を奉ってる。それはタイトルでもある"性器を無くしたアンドロイド"っていうワードの中に入ってて、アンドロイドなんだから人工物で最初から性器なんて概念はないのに、でもわざわざ"お前にはないんだよ"って言ってあげないと気づかない愚かさというか。そういう、悲劇性を表現したいなと思いました。

-ミニ・アルバム4枚分の青写真は細かくは書き込んでないってことですね。

そうですね。下書きみたいなのありますが、そのときの状況とそのときのテンションでやれるように余白を残しています。だから、色濃く今の自分の心境が秋盤は出てる。現実にコミットしてるから(笑)、そういう内容になってる感じがしますよね。