Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

カラスは真っ白×uchuu,×Age Factory

カラスは真っ白×uchuu,×Age Factory

カラスは真っ白

Official Site

メンバー:シミズコウヘイ (カラスは真っ白/Gt/MC) K (uchuu,/Vo/Gt) 清水エイスケ (Age Factory/Vo/Gt)

インタビュアー:TAISHI IWAMI Photo by tsumu.

SPACE SHOWER MUSICが新イベント"ZIRYOKU"をスタートさせる。9月17日の大阪公演を皮切りに、名古屋、東京と全国3ヶ所を回るこの企画。記念すべき第1回目の出演者に選ばれた3組、カラスは真っ白のシミズコウヘイ(Gt/MC)、uchuu,のK(Vo/Gt)、Age Factoryからは清水エイスケ(Vo/Gt)に来てもらい、それぞれお互いの印象やツアーへの意気込みについて語ってもらった。

-まず今回、"ZIRYOKU"という新イベントでツアーを共に回られる3バンドのお三方が、お互いの存在をどのくらい認識なさっているんですか?

K:Age Factoryは同じ関西だしライヴを何回か観てます。カラスは真っ白は前にSPACE SHOWER MUSICの事務所で音源を聴かせてもらって以来ファンです(笑)。僕がお洒落だなあって思うところのど真ん中。ライヴもやっぱりお洒落で。

シミズ:お洒落かなあ(笑)?

-"お洒落"って捉え方によって賛辞にも皮肉にもなりますが。

K:メンタル的にそれを強く志向しているというより、シンプルに、アートワークもいけてるしファッション性が高い印象。それでいて敷居が高いわけじゃなく、パフォーマンスは自然に楽しめるというか、こっちから入り込んでいかなくても入ってくるんですよね。

シミズ:それはそうかも。僕らが入り込みにいってるから。フロントマンのヤギヌマカナは自分の世界観で進めていくタイプ。僕ら男3人はそれをわかりやすい角度から伝えて、来ている人が楽しんでくれたらいいなって思っていて。ヤギヌマがお客さんから遠い分、僕らはすごく近くて、それがアンバランスに見えることもあるだろうし押しつけがましいと感じる人もいると思うんですけど、それでもいいからどんどん近くに行って、カラスは真っ白という存在を楽しんでもらえたらって思ってますね。

K:僕にはその寄り添い方が自然に見えるんですよ。僕も入り込んでいくことあるんで、その演者目線かもしれないですけど。だから、お洒落(笑)。

-実際対面したのは初めてですか?

シミズ:いや、何回か......。印象的だったのは高速のサービスエリアで会ったことですね。

-それバンドあるあるですよね。

清水:海老名とか。

K:足柄で風呂入ってたときに会ったこともあります。

清水:足柄もよくありますよね。

シミズ:あるあるなんだ。4月に北海道から上京してきたんで。北海道だと東京とかには飛行機で移動するから。その方が安上がり。これからいろんな人に会えますかね(笑)?

-北海道のシミズさんと奈良の清水さん同士は面識は?

清水:初めてですね。でも僕、北海道でライヴするのめっちゃ好きなんですよ。KLUB COUNTER ACTIONとか。

シミズ:お! あそこはいいですよね。音が最高。

清水:それで、北海道でカラスは真っ白とやりたいねって言ってたんですよ。或る感覚と話してて。

シミズ:或る感覚、僕らはこの間仙台でやりましたよ。

K:この間2マンやった。繋ぐね、或る感覚(笑)。

清水:uchuu,は前からフライヤーとかで名前はよく見てたんで。対バンしたことはないですけど。

K:そういう入りもバンドマンあるある(笑)。

-それぞれの音楽性となると、スタイルの違いがひとつのイベントの中でどう出るか? すごく興味のあるところですよね。

シミズ:僕は2バンドのライヴは観たことがないので、どうなるのか楽しみ。だからもうそこで初めて観たいですね。予備知識つけると、無意識であれ寄せてしまうかもしれないんで。初めての同士の処女感を出していきたいですね(笑)。

清水:僕も観たことないんで、じゃあ童貞感(笑)。

K:どっちも観たことあるから1人だけ処女じゃないみたい(笑)。

清水:ジャンルも全バンド別々で、それがめっちゃいいと思うんですよ。

K:結局人間なんで。精神的に通じる部分を感じてもらって、それぞれを観に来たお客さん同士も繋がって欲しいし。