Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE ORAL CIGARETTES

2014年11月号掲載

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES

Official Site

メンバー:山中 拓也(Vo/Gt) 鈴木 重伸(Gt) あきらかにあきら(Ba/Cho) 中西 雅哉(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

7月にリリースしたメジャー・デビュー・シングル『起死回生STORY』で、このバンドは自らの持つ色、出せる色を冷静に把握し、大事にしていると思ったが、それは序章にすぎなかったようだ。あのシングルから約4ヶ月。THE ORAL CIGARETTESはこのフル・アルバム『The BKW Show!!』で自身の持つ色を強靭な武器に変え、それにさらに磨きを掛けた。山中拓也のヴォーカリゼーションを存分に生かした色香のあるメロディとストーリー性の強い歌詞世界。そこと化学反応を起こすテクニカルなサウンドは、このロック・シーンにありそうでなかった新世界だ。BKW=番狂わせのバンドが放つ野心溢れる全10曲。非常に頼もしい。

-シングル『起死回生STORY』でメジャー・デビューなさって4ヶ月、みなさんにとってメジャーというフィールドはいかがでしょうか?

山中:デビューのときは漠然としてたんですけど、ようやく意識するようになりました。今回のアルバムでも、1番大事な曲である「STARGET」のサビをレコーディング中に変えたりして。「STARGET」はリフの入りもいいし、リズムの取りかた、メロディの付けかた、歌詞の世界観――この4人でないと絶対作れへん、全部がオーラルな曲やなと思って絶対に押し曲にしたいと作ったときから思ってたんです。でも4人の個性を鬼のように出し切って、自己満足で終わったり、バンドマンに"めっちゃいいよね"と言われるだけとかはめっちゃ嫌やなと思ったんです。サビを変えるなんて今までしたことなかったし、もともとあったサビをメンバーも気に入ってたんですけど、自分の歌のいいところをもっと出せるメロディがあるなと思ったし、"自分たちのおかん世代とかおばあちゃんとかまで聴けるものでないとあかんな""より広いお客さんにこの曲を聴いてもらうためにはどうしたらいいかな"と考えて。そんなふうに多くの人に聴いてもらいたいと思うようになったのも、メジャーというラインがあったからじゃないかなと思ってます。

あきら:ライヴでお客さんのレスポンスが速くなったなと思います。「起死回生STORY」がいろんなラジオやTVでヘヴィ・ローテーションになったことで、今まで出会うはずがなかった人と新しく出会えて。バンド名がみんなにちょっとずつ浸透していって、フェスとかの名前の並びで"あ、このバンド名知ってる"に繋がってライヴを観に来てくれて、それからワンマンに来てくれる人もいると思うし。そういうことを考えると、メジャー・デビューは一気にいろんな人と知り合えたきっかけになったんかなと。今回のアルバムはそういう人たちがいることを踏まえて作ったんです。デビューして4ヶ月後からやこそできたアルバムなんかなとは思います。

鈴木:「起死回生STORY」は"お客さんと一体感を作りたいよね"と話して作った曲で、本当にその言葉通りの曲になって。僕たちと一緒に"かかってこいよ!"と言うような、僕たちと一緒に景色を作ってくれてるお客さんが増えてきたことはすごく実感していて。メジャー・デビューをして多くの人の目に触れてもらえる機会が増えたのもあると思うんですけど、それはメジャー1発目が「起死回生STORY」だったというのがでかいかなと思ってます。だから最初のシングルがこれで本当に良かったと思いますね。

中西:『起死回生STORY』リリース前は実感がなかったのもあって、自分自身に何度も"メジャー・デビューするんやぞ"と言い聞かせてたんです。で、デビューしてからようやく"ああ、こういうところちゃんとせなあかんな"とか......今までやったら考えなかったこととかも"ちゃんと考えなあかんな"と思うようになりました。やっと地に足が着いたので、ここからメジャーというフィールドをちゃんと歩いていける気がしています。

-やはり夏フェスはかなり刺激になりました?

山中:うん、かなり刺激になって......。自分たちが今まで戦ってきたステージより、今年は1個上に行けたので自信もかなり確立できて。でもそれと同時に、自分たちと同じステージでライヴをする先輩を目の当たりにして、やっぱり偉大やなと思って。"俺らはこの人たちと戦っていかないといけないんだ。じゃあこの人たちと戦っていくためにどういうライヴをしよう? 俺はどういうことを伝えたらいいんだろう?"というのを、1個上のレベルで考えられた感じがすごくあって。

中西:自分がバンドを始めたころから第一線で活躍してるバンドを袖から見て、同じステージに立ったことで、アーティストとしても"ああ、この人たちはやっぱりすごいんやな""全然勝てへんな"と明確に感じて。勿論悔しかったけど、それを確認できたのは嬉しかったですね。

山中:......自分らとしては今の最大限を出し切ったけど、自分たちの好きな先輩バンドを観て"こうしたら良かったんや"と思ったり、悔しさを感じることもいっぱいあって。めっちゃ刺激にもなったし勉強にもなったし。冬は見返してやろう! という原動力にもなりました。