Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SCOOBIE DO

2014年09月号掲載

SCOOBIE DO

メンバー:コヤマ シュウ (Vo) マツキ タイジロウ (Gt)

インタビュアー:天野 史彬

-だからこそ、また始めなきゃいけないんですね。

コヤマ:俺らはたしか、もう1000本くらいライヴやってるんですよ。1000本ライヴやっても、未だに"慣れねぇな"って思いますからね(笑)。でも、それが楽しいんだよね。(ライヴを)やってる途中にね、なんだかわかんない正体不明のものに触れそうな瞬間っていうのがあるんですよ。なんだかわからないけど、それが手に入りそうな瞬間。でも、それはもうライヴが終わってしまうとなくなってしまうから。だから、やるしかないんですよね。でも、だからといって何かを手に入れたい、形に残るものを残したいっていうことを第1に考えているわけじゃなくて。せーので、みんなでダーッ!って音を鳴らした時の、あのわけわかんなくなっちゃう感じというか。"これが最高だ!今が1番最高だ!"っていう気持ちを感じたくてやってるんだろうなって思う。だからそのために、いつもゼロから始まってるし、ゼロから始まったら100までいきたいと思うし、あわよくば200、300までいきたい。ロックンロール・バンドをやってるわけだから、いつだって始まって終わってを繰り返してるんだろうな、とは思いますね。

-このアルバムは"始まり"が多く歌われる勢いのあるアルバム前半を経て、だんだんと孤独と痛みの景色を描いていく後半に繋がっていく構成になっているなと思ったんです。特にアルバム最後の5曲には、とても深い孤独感が描かれていると思ったんですけど、こういったアルバムの作りは意識されていましたか?

マツキ:いや、あんまりそういうつもりで作ってはいなかったですね。なるほどって感じです。

-後半の楽曲の中でも、僕はTrack.10「行っておいで」が特に好きなんです。"誰とも違うことは/孤独とかひとりじゃない"というラインがありますけど、ここで歌われるのは、孤独な優しさだと思うんですね。孤独であることを受け入れる強い優しさというか。

マツキ:そうだね。自分たちのファンの人しか詳しくはわからないけど、ロック・バンドのライヴに来る人たちって、何かを背負っていたり、自分の生活に戻ったら何か抱えるものがあったりする人って、少なくはないと思うんですよ。そういう人たちが、SCOOBIEのライヴでとっても楽しんで、笑顔になって、いろんなものを捨てて帰っていく姿を見た時に、"それは決して間違ってないよ"っていうことを言いたかった。肯定してあげたいというかね。「行っておいで」は、そういう曲かな。

-"だからもう行っておいで/誰とも違う場所へ"というラインは、"他人と違うこと"の肯定だと思うんですね。聴き手が抱える孤独をここまで優しく抱きしめられるのは、やはりSCOOBIE DOが、日本のロック・シーンにおいても誰とも違う、孤高の場所を歩んできたからなのかなって思うんです。そのリアリティが凄く滲んでいる曲だなって思うんですよね。

マツキ:うんうん。僕らはほんとに、結構な先輩からも"SCOOBIEは側道を全速力で走ってるな"って言われるぐらいのバンドなんでね(笑)。自分たちでは側道なのかどうかもわからないし、まぁ"流行ってないな"とは思うけれども(笑)。だけどやっぱり、好きなことしかできないから、好きなことを全力でやりたいなって思うし。自分たちの置かれている状況をそんなに冷静には分析できないけど、その気持ちだけですよね。

コヤマ:まぁ、自分たちが好きだって思ってやってることだから、そんな簡単にわかられねぇだろうな、とは思うよね(笑)。

マツキ:はっはっは(笑)。

コヤマ:ひとりでやってたらわかんねぇけどさ、4人でやってるから、こんがらがってるわけですよ(笑)。曲にしろライヴにしろ、4人全員こだわるからさ。濃い4人だからね。そうなると、そう簡単にわかられねぇだろうなって思うし。それにバンド始めた当初は、もっと頭悪くて。人にわかるようなことをやってたらダメだと思ってたからね(笑)。"このカッコよさは誰にもわからんだろう!"って。それで"よし!"って思っちゃうっていう、今考えたら、それじゃダメだろうって感じなんだけど(笑)。でも、好きだからそれはやらずにはいられないことで。それをやらないと、死んでんのと一緒でさ。だから"SCOOBIE DOは最高だ"って言ってくれる人に会うと、"お前はすごいね"って思う(笑)。毎回ライヴに来るやつとか、地方に遠征して来てくれる人もいるしさ。毎回CD買って聴き込んできてくれる人もいるし。そういうのはすごいと思う。全肯定しちゃう。......やっぱロックンロール・バンドだから、自分たちの好きなことを全力でやるしかない。昔だったら、もうちょっと不安に思ってたこともあると思うんだよ。"この先どうなっちゃうんだろう?"とか。でも今思うとね、好きなことを全力でやってきたら、絶対に好きな人に会えるんだよ。いい奴に会えるし、楽しいことしかない。いつからか、そういうふうに思えるようになったね。自分が走ってる道がど真ん中ってことでいいんじゃねぇかな。