Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

それでも世界が続くなら

それでも世界が続くなら

それでも世界が続くなら

Official Site

ライター:吉羽 さおり

それでも世界が続くなら(以下:それせか)が、EPとしては初になる『僕は君に会えない』をリリースした。それせかはこれまで、ソングライターである篠塚将行(Vo/Gt)の学生時代の経験、また学校や社会と馴染めず疎外され、こぼれ落ちてしまった人たちの小さな声を拾い、歌で寄り添ってきた。今回のジャケット・アートワークはマスク姿で、コロナ禍の今の状況を映したものになっているが、コロナ禍となった今でもその姿勢は変わらない。むしろ日常生活が劇的な変化が余儀なくされたなか、神経過敏になって、多くの人が息苦しさを感じている現在は、もともと小さなその声はたくさんの意見やノイズに埋もれ、かき消されてもいるのかもしれない。『僕は君に会えない』は、変わらずにその小さな声、声にならない叫びに耳をすまして、その人の心や暮らしの機微を映し出している。救いたい、なんとか間に合ってほしいという思いは強い。でも、一方で、音楽は無力なのもわかっているし、尊大なものになってもいけない。歌の行間や、バンド・アンサンブルの間には常にふたつの想いが拮抗している感覚がある。ただ間違いないのは、これはあなたの歌であり、あなたにまっすぐ語り掛けた言葉だということだ。

今作は、先頃MVが公開された「ライフ/アフターライフ」でスタートする。篠塚は普段曲について、曲の背景について語ることはあまりないが、この「ライフ/アフターライフ」は彼氏と心中して自分だけが生き残ってしまった女の子の実話だという。扱い方によっては、センセーショナルな"ドラマ"になってしまいかねない内容だ。肉体的にも精神的にも自分の傍ら以上のものを失った"アフターライフ"をどう生きるか、生きることが許されるのか。たやすく触れることはできない重いテーマを、それせかは丁寧にすくいあげている。麻痺した時間のように響くビートやギター・アルペジオ、突如咆哮をあげるギターやベース、そして淡々と語るようなリズムと抑揚を持った、わずかに希望が滲んだメロディで綴った「ライフ/アフターライフ」は、第三者として肯定や否定をするのでなく、その女の子の声となって言い知れない現実や後悔、心の内を音楽にした。飾ることのない正直な歌だからこそ、"今度はひとりで 自分を好きになれるかな"というひとり言のような言葉が、誰かにとって輝く希望になるかもしれない。

"彼女が笑ってるのは/ずっと幸せだった からじゃない"。優しいヴォーカルでそう歌う「タイムトラベラー」はその笑顔に至る、笑顔の今日まで重ねてきた日々や、その物語を想像させる。そこにあるヒリヒリとした痛み、悲しみを描くのもそれせかだが、この曲では"君の流した涙の数よりも/もっとたくさん笑ってやろうぜ"と、不器用ながらも包容力のある歌を聴かせる。一貫して優しいヴォーカル、キラキラとしたウォール・オブ・サウンドで抱きしめるような曲になっている。かと思えば、「僕の音楽を聴いてくれてる君へ」ではきっとそれせかが、ソングライターである篠塚がずっと抱え続けているだろう、音楽への思いが率直に綴られた。実際に、聴いている人を困難な状況から引っ張り出して、救うことはできないかもしれない。ただ孤独な者同士、この音楽を聴いている間は、孤立せずにいられるのではないか。そんな思いが嗅ぎとれる。ギターが不穏なノイズを走らせ、爆音で疾走するサウンドは、決してその音楽が甘い理想や、希望でコーティングしたものでない、痛みや苦しみ、いくつもの眠れぬ夜や壮絶な生きる戦いでできていることを容赦なく伝えている。それを補足するように、続く「カウントダウン」では、"何かの 「為」 に生まれた訳じゃなくても/僕らは生きていいんだと 音楽に教わった"、"「誰かの為」 に 「何かをした」 瞬間に/嘘になってしまうものがある"というフレーズが放たれる。ここで、生きて、生きて、生きることを実直に音楽に写す。

コロナ禍の自粛生活にかかわらず家から出ることができない「生活と自粛」や、鬱でも出勤する友人との会話から生まれたという「月曜日」、また君の最後の言葉に、大事な思いに気付かされる「遺書」や、「猫と飛行機」まで、今日も街のどこかで叫びをあげる人が描かれる。歪みが効いた、ジャンルも定型もないオルタナティヴなサウンドは、とっつきやすいものではないかもしれない。でも、きっとこの爆音のアンサンブルに温かさや、優しさを感じる人もいるだろう。かつて、世の中に流れるポピュラー・ミュージックが描く光景には、自分のことは含まれていないと感じた少年が、自分のために書き続けている音楽。一度は活動中止に陥りながらも、2011年の結成からブレることなく奏でているそれせかの音楽。必要なときに、いい出会いをしてほしい音楽だ。


▼リリース情報
それでも世界が続くなら
1st EP
『僕は君に会えない』
BZCS111189.jpeg
NOW ON SALE
BZCS-1189/¥2,000(税別)
amazon TOWER RECORDS

1. ライフ/アフターライフ
2. タイムトラベラー
3. 生活と自粛
4. 遺書
5. 僕の音楽を聴いてくれてる君へ
6. カウントダウン
7. 月曜日
8. 猫と飛行機
※CD版ボーナス・トラックあり



▼ライヴ情報
"揺_夢_続"
4月1日(木)初台DOORS
OPEN 18:15 / START 18:45
出演:それでも世界が続くなら / yumegiwa last girl / ユレルランドスケープ
[チケット]
前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500(D代別)
詳細、予約はこちら

 

"ALTERNATIVE HARBOR ~She said~"
5月12日(水)下北沢CLUB Que
OPEN 18:30 / START 19:00
出演:それでも世界が続くなら / らせん。 / Ulon
[チケット]
前売 ¥2,800 /当日 ¥3,000(D代別)
詳細、予約はこちら

 
  • 1