Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

それでも世界が続くなら

Skream! マガジン 2018年10月号掲載

それでも世界が続くなら

Official Site

2018.09.02 @下北沢CLUB Que

Reported by 吉羽 さおり

9月2日、それでも世界が続くならが、下北沢CLUB Queで活動中止前最後となるワンマン・ライヴ"休戦協定"を開催した。この日、同会場のデイタイム公演では、8月にリリースした3rdミニ・アルバム『それでも世界が続くなら』のリリース記念ライヴ"イツカの戦争"も行っており、2ステージ続けてのライヴとなったが、両公演ともにチケットは瞬く間にソールド・アウト。この"休戦協定"は、早い時間から多くの観客が詰め掛け、静かに4人の登場を待ち受けていた。SEが鳴り響き、メンバー4人の登場と同時に大きな拍手と歓声が起こったが、会場に集った人の想いは複雑なものがあっただろう。「優しくない歌」からライヴがスタートすると、フロアにはライヴの1分1秒、ステージ上の4人がかき鳴らす音の細部まで見逃すまいとする緊張感がわたる。的確なビートを刻んでいく栗原則雄のドラム、揺らぐ空気を色づけていくようなエフェクティヴなギターを奏でる菅澤智史、ギター的な役割やメロディ的なパートも担う琢磨章悟のベース、そして語り掛け、叫びを上げ、全身で内なる声を絞り出すヴォーカル&ギターの篠塚将行。彼らはよくインタビューで、"もし他のバンドに行ったとしても通用しないプレイヤーたちだと思う"と語っているが、バンドが始まった2011年からの7年間は、それでも世界が続くならというバンドだけが鳴らすことができる音楽、ロックを作り出してきた濃密でかけがえのない時間だ。

7枚のフル・アルバムと3枚のミニ・アルバムという膨大な記録の中から、まんべんなく選曲したセットリスト。自らの体験を音に変え、また常に弱者に寄り添って、その痛みや怒りや叫びも背負うように音楽で戦ってきた4人ゆえに、彼らの歌に自分自身を重ねてきた人も多いのだろう。中盤にさしかかる「参加賞」あたりでは、フロアからすすり泣く声も聞こえてくる。MCらしいMCもなく、ギターの残響音やカオティックなアンサンブルのなかで篠塚が、"負けんな!"と叫びを上げたり、"うまくは言えないから音楽に込めるしかないんだ"と言ったりしながら、こうしてライヴに足を運んでくれる人へ感謝を告げた。たくさんの人で埋まっているが、会場は静けさが漂う。ただそれぞれが、ステージと一対一で向き合っている密度の濃さは感じられる。そのなんとも言葉では言えないようなヒリヒリとしたムードには、思わず圧倒された。最新ミニ・アルバム『それでも世界が続くなら』からは、「イツカの戦争」と「魔王とバッドエンド」が披露され、終盤「無罪と罰」と「カイン」ではいっそう心の叫びに声を枯らす。"自信が欲しい......もっと自信があったら"と言う篠塚に、"大好きだよ"、"伝わってるよ"という声がフロアから湧き、"帰ってこいよ"、"ありがとう"と堰を切ったように発する観客の声に、メンバーは音楽で応えた。大音量のなか、"手を繋ごう"、"今から始まるんだよ"と歌う「カイン」で幕を閉じるライヴは、この先への希望でもあるだろう。

止まない歓声にアンコールに立った4人は、本当にありがとうと言いながらも"話をするとふざけちゃうと思うので、曲をやります"と、「成長痛」、「チルの街」、そして「最後の日」を披露した。途中、"お前ら、アンコールさせないように演奏しろ!"とメンバーにも自分自身にも檄を飛ばすように、声を震わせた篠塚。約2時間半のステージを終えると、フロアにはたくさんの"またね!"の声が響いた。