Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

ドレスコーズ

2012年07月号掲載

ドレスコーズ

ドレスコーズ

Official Site

ライター:沖 さやこ

2011年12月31日、毛皮のマリーズ解散。年が明け2012年1月1日、解散から10分後、毛皮のマリーズの首謀者だった志磨遼平は高円寺CLUB U.F.O.のステージに立っていた。ロックンロール・バンド“ドレスコーズ”の一員として――。

毛皮のマリーズが2011年1月19日にリリースしたアルバム『ティン・パン・アレイ』。 “東京”をコンセプトとした作品で、多数のゲスト・ミュージシャンを招き、バンド・サウンド以外の様々な楽器を用いて制作された。それは志磨遼平がバンド・サウンドからなる音楽に一切興味を持てなくなっていたからだという。彼は団体競技者から個人競技者になっていた。だがその事実に志磨自身も不満を感じていた。だからこそ新しい挑戦が必要だった。その挑戦とは“また同じように小さなロックンロール・バンドを結成すること”“そしてすべての美しい夢を、もう一度しらみつぶしに具現化させてゆくこと”“そしてその幸せをバンド全員で、丹念に味わうこと”――僕とバンドを組まないか、どうか僕を助けてほしい。志磨はロックンロール・バンドを結成するために、メンバーを探し始めた。まず集まったのが、昔志磨とツアーを回っていた丸山康太(Gt)と、『ティン・パン・アレイ』制作時に出会った菅 大智(Dr)。志磨はこの2人と共に、CLUB U.F.O.のカウントダウン・ライヴにシークレット出演した。ロックンロール・バンド“ドレスコーズ”が産声を上げた瞬間だった。

それから間もなくして、ドレスコーズはスタジオに籠りきりになり曲作りを開始。志磨がメロディを持って行くこともあれば、丸山がフレーズを持ってくることもあり、その場のジャム・セッションで出来上がる曲もあった。各々違った音楽性を持つメンバーは、全員が納得するまで何度も何度も試行錯誤を繰り返す。春が近づく頃には10数曲もの楽曲が完成した。そして2月29日、志磨は昔ツアーを回っていた旧友である山中治雄(Ba)と再会を果たす。ドレスコーズにベーシストが誕生した。それから2週間後、4人はレコーディングを開始。そこで録音されたのが、ドレスコーズの初音源となるデビュー・シングル『Trash』だ。そして4月1日、公式サイトがオープンし、正式にリスナーへバンドの結成を表明。6月には開催1週間前に大阪、名古屋、横須賀のワンマン・ライヴを発表し、全公演をソールド・アウトさせた。そして7月11日、満を持して『Trash』がリリースされる。

表題曲となる「Trash」は、第144回芥川賞受賞作である西村賢太原作「苦役列車」の映画化作品「苦役列車」の主題歌。志磨は同曲について“すべてのバンドが、生まれたばかりの時にだけ放つ輝き。不安、焦り、苛立ち、希望、憧れ、そういったものが渾然一体となって匂い立つようなムードを、この曲は持っています”と語っている。その言葉通りなのは間違いない。そしてこの曲の魅力は何と言っても膨らみのあるバンド・アンサンブルだ。歌詞だけを読めば死を想起させる悲しい曲かもしれない。だが、音にも歌にも歓喜の感情が満ち、それを大切に抱え込むような包容力がある。死を歌いながら、新たな誕生を尊ぶ。一見矛盾しているかもしれない。だが“再会”が生んだ4人の出会いは、それを奏でるに相応しい。

1月1月の初ライヴでは「禁じられた遊び」、THE ROLLING STONES「The Singer Not The Song」などカヴァーを披露していたドレスコーズが、唯一演奏したオリジナル曲がTrack.2の「TANGO,JAJ」。志磨がこのバンドをイメージして書いた最初のナンバーとのことだ。不思議なムードが醸し出されるタンゴ・チックなジャジーなナンバー。そこからロックンロールに展開したりと、バンドの懐の広さを感じさせる。吐息も混じる志磨の妖しげなヴォーカルは耳に残り、異国情緒溢れるというよりは見たこともない世界に迷い込むような感覚に陥る。そのアウトロから重なるのがTrack.3「パラードの犬」。志磨が映画「苦役列車」を見た後、その勢いのままにスタジオに飛び込み書き上げたミディアム・ナンバーだ(だが“1stシングルにするには暗すぎる”という理由で主題歌には「Trash」が採用に)。今回収録された3曲は、総じて4人の出す音がとても美しい。どの音も輝きを放ち、ひとつひとつ大事に鳴らされているのが、とても印象的だ。以前にも増して志磨の歌声にも、メロディと音に対する敬意を感じられる。それは信頼出来る3人のメンバーへの、スピーカーの向こうにいるわたしたちへの、そしてロックンロールへの歓喜と愛情なのではないだろうか。迸る衝動を、大胆に、かつ繊細な仕草で音に封じ込める。ドレスコーズは日本のロックンロール・シーンに、新たな扉を開く――。

  • 1