Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

BRADIO

Skream! マガジン 2014年11月号掲載

2014.10.05 @TSUTAYA O-Crest

山口 智男

ソールド・アウトで迎えた"~Swipe Times tour 2014~ FINAL ONEMAN SHOW!!"。9月5日の新潟公演から7月9日にリリースした2ndミニ・アルバム『Swipe Times』をひっさげ、BRADIOは全国13ヶ所を回ってきた。

"Ladies and gentlemen! Are you ready, Funky People!?"
その集大成とも言えるライヴは歓声と笑い(!?)が入り混じる中、アフロヘアーが自慢の真行寺貴秋(Vo)による掛け声とともに『Swipe Times』のオープニングを飾る「ハートビートを打ち鳴らせ」で始まった。フロントに立つ3人が軽快にステップを踏みながら演奏するファンキーなロック・ナンバー。サビの四つ打ちのリズムと"オーオー・オッオオー"というコーラスに体が自然に反応する。そこから間髪入れずに「Take Me Higher」「Abracadabra」とアップ・ビートな曲をたたみかける頃には早くも熱気とともに大きな盛り上がりが生まれていた。

『Swipe Times』を聴き、BRADIOのライヴを観ることができる日を心待ちにしていた。それは彼らのライヴはとても楽しいものに違いないと予想できたからだが、実際こうしてライヴに足を運んでみると、もっと作りこんだエンターテインメントなショーになるんじゃないかという予想とは若干違って、この日、メンバーも"かっこつけてやろうと言ってたけど(苦笑)"と言っていたように、エンターテインメントに徹しようと思いながら徹しきれないメンバーの人柄も含め、楽しめるものになっていたところが逆によかったと思う。
その意味では、3曲目の「Abracadabra」を歌い終わったところで、"Funky party people"とキャラを作って、ファンに語りかけた真行寺がファンの熱気に圧倒され、素に戻ってしまったあたりから、いい塩梅に肩の力が抜け、いい流れが生まれたように思うが、ファンもそのへんをちゃんとわかっているようで、真面目なことを喋っているにもかかわらず、なぜか絶妙に着地点がずれる真行寺のMCに対して爆笑で応え、いつしか会場は和気藹々としたアットホームな空気でいっぱいになっていた。

もちろん、それはファルセットを交える真行寺のソウルフルな歌と、それぞれに個性を主張しながらもしっかりと歌を支える楽器隊の3人のタイトな演奏がばっちり決まってこそ成立するものだが、その点でもこの日、彼らはシーケンスによるホーン、ストリングスも交え、熱度満点のパフォーマンスでファンの気持ちを鷲掴みにした。

音源化されていない「Thanks」のアコースティック・セットを挟んでからの後半はアフロヘアーのカツラをかぶった各メンバーによるソロ・コーナーからスタートするというワンマンならではの演出も交えつつ、珠玉のという言葉がふさわしいバラードの「雨恋」、そして"人間その気になれば、なし得ないことは1つもない"という想いを込め、全員で両手をぐるぐる回しながら踊った「Overnight Superstar」で本編は終了。その「雨恋」の胸を打つ素晴らしい歌声を聴いてしまうと、前半の歌はやや堅かったんじゃないかという気もしたが、それは本人たちが1番わかっているに違いない。

アンコールでは11月19日に両A面シングル『オトナHIT PARADE/Step In Time』をリリースすることとその1ヵ月後の12月19日、シングルのリリースにともなう"大人達よ、遊べ~HIT PARADE TOUR〜"のツアー・ファイナルとして渋谷WWWで再びワンマン・ライヴを行うことを発表して、会場を沸かせると、早速、「オトナHIT PARADE」を披露して、波に乗っているバンドの姿をダメ押しで印象づけたのだった。"日本武道館を本気で目指している"なんて言葉もメンバーの口から飛び出したが、誰もがハッピーな気持ちになれるこんな楽しいライヴができるBRADIOのことだ。ひょっとするとひょっとして。武道館はともかく、もっともっと大きなステージで彼らのライヴを観てみたいと思った。