Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WHITE ASH

2016年03月号掲載

WHITE ASH

メンバー:のび太(Vo/Gt) 剛(Dr) 彩(Ba) 山さん(Gt)

インタビュアー:石角 友香

削ぎ落とされた音像とオリジナルなギター・リフやビート感。オーセンティックなようでメンバー個々のセンスが凝縮された2016年のロックンロールが鳴っている。洋邦問わず、最もシンプルに"かっこいい!"と口に出せるアルバムをWHITE ASHは完成させた。なぜWHITE ASHはここまで独自路線で走ることができるのか? という疑問も解消されそうな新作『SPADE 3』について全員にインタビューを敢行した。

-前作のツアー後、のび太さんの中で次のヴィジョンは見えていましたか?

のび太:もともと今回のアルバムを制作することになったきっかけっていうのが――前作『THE DARK BLACK GROOVE』(2015年リリースの3rdアルバム)のツアーの追加公演を、僕たちが初めてワンマン・ツアーを開催したライヴハウス(仙台 enn 2nd、福岡 graf、名古屋 APOLLO BASE)でやったんですけど、前作のアルバム曲が大きな会場で演奏することを念頭に置いて作った曲がほとんどだったので、ライヴハウスでやるにあたって、その曲が持つ"良さ"を存分に発揮できないかもしれないっていう理由でセットリストから外した曲があったんです。ロック・バンドなのに"ライヴハウスでやれない曲"があるっていうことに違和感を覚えたのが今作のきっかけになりました。大小関係なく、どんなライヴハウスでもアンプと楽器さえあればロックを鳴らせるのが、僕が思うロック・バンド像なのに、それができない自分たちは大事なものを見失いかけてんじゃねえか?って気持ちになって。それで、そのあとに"Cobain: Montage OF Heck"っていうKurt Cobain(NIRVANA)のドキュメンタリー映画を観たんですけど、Kurtは自分に嘘がつけないというか、すごく衝動的で"鳴らさずにはいられないからやる"みたいな、そういうロックをやっていたんです。それで衝動的なものに対する魅力に気づかされて。たしかに『THE DARK BLACK GROOVE』は、かっこよさを追求した作品ではあったんですけど少しスマートすぎる作風だったので、もっとラフでもいいから衝動的なものを作りたいって思って、今回"ザ・ロック・バンド!"をテーマに掲げて作品を作ろうと思いました。

-今回も曲の骨組み自体は厳然としてWHITE ASHらしいですが、それでも何か意識していったことは?

のび太:作り方自体は今までと変わっていません。ただ、きっちり作り込むというよりも、ラフにやることを念頭に置いたところはありますね。4曲目の「GR101」っていうのがまさにKurtの映画を観たあとに作った曲で、"GR"はガレージ・ロック(=Garage Rock)っていうことなんです。とはいえその"衝動的なもの"は何を以って"衝動的"なのかはよくわからないけど、"ギター持って「ジャーン!」ってやったら、めっちゃ気持ちいい!"みたいな、そういう感覚を曲にしたくて。だけど、最初この曲に山さんがつけてきたフレーズが、すごく......しっかりと構築されたギター・フレーズで、それで実際にレコーディングしてみたんですけど、聴いた印象として"なんかしっかりしてて嫌だな"と思って。なので、山さんに"ギター初心者が30分練習したら弾けるような、シンプルなフレーズを弾いてくれ"って伝えて。それでフレーズを総とっかえして、すごくラフに弾いてもらったっていう経緯はありました。

山さん:メンバーそれぞれの"ロックとは?"っていう認識にちょっとズレがあったんですよね。その認識について話していくうちにガレージ感のあるロック、"初期衝動感があるフレーズが欲しいんだな"というところに行き着いて。メンバーでそういう話をしながら、それぞれの"ロック"を共有して曲を作っていったんです。もともとは僕なりの構築されたロックのフレーズを投げたつもりだったんですけど、ちょっとズレがあったという。そういうところをどんどん他の曲でも詰めていけたんで、のび太が言う"ロック"的なところと、自分がどうしても出したい"ロック感"っていうのを混ぜながらできたなと。それがもっとも顕著に出ているのが「GR101」ですね。

-「GR101」について彩さんはどういうアプローチをしたんですか?

彩:とにかく私はのび太君に"自由です"って言われてるので、好きなように。この曲はずっとダウン・ピッキングでダラっと弾いてるイメージがありました。これはアルバム全体通してですけど、変に頭で考えずに、思うがままというか身体に任せるまま弾きましたね。その結果、曲の勢いに繋がってるんじゃないかと。

-剛さんはこの曲に対するアプローチは?

剛:この曲に限らずドラムを叩くとき、のび太から曲をもらって"この曲はこういうイメージの曲だから、こういうドラマーっぽいアプローチをしてみようか"とか、そういうふうに具体的なドラマーを意識していたことがあったんですけど、たぶんそれはロックじゃないんだろうなと。そういうことを一切排除して、思うがままに叩く方がいいんだろうなっていう解釈で、この曲は叩いてます(笑)。

-過去の剛さんなら、"これはDave Grohl(NIRVANA/FOO FIGHTERS)になりきって"とか思ってたかもしれない?

剛:そうですね。でもそう思って叩いてしまうと、単純に真似になってしまいますからね。