Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

それでも世界が続くなら、閉店が決定したライヴハウスで"閉店妨害ライヴ"決行。第1弾はclub TENJIKUで人数限定ワンマン

2020.10.11 18:00

それでも世界が続くなら、閉店が決定したライヴハウスで"閉店妨害ライヴ"決行。第1弾はclub TENJIKUで人数限定ワンマン

それでも世界が続くなら

Official Site

それでも世界が続くならが、コロナ禍で閉店するライヴハウスの閉店妨害ライヴと銘打ち、ワンマン・ライヴの開催を発表した。第1弾は、赤坂club TENJIKUで人数限定ワンマンを開催する。
 
それでも世界が続くならは2013年にメジャー・デビュー。いじめや不登校の実体験から生まれる歌詞とダウナー・ロックと称される深淵なサウンドが話題となり、"VIVA LA ROCK"、"RADIO CRAZY"、"ARABAKI ROCK FEST"などのロック・フェスに出演。ごくアンダーグラウンドな存在でありながら、TVメディアでも度々紹介されるなど、一部の音楽リスナーから支持を受けている次世代を代表するライヴ・バンド。
 
今回のワンマンは、コロナ禍で次々に閉店するライヴハウスの現状を受け、"閉店妨害"と銘打ち、閉店が決定したライヴハウスを救済していくワンマンとなっている。第1弾は、赤坂club TENJIKU。それでも世界が続くならは初出演だが、この日はヴォーカル篠塚の誕生日前日であり、また篠塚の祖父の命日として楽曲のタイトルにもなっている「11月10日」に行われる。
 
本公演は、"最後までライブの現場に拘りたい"というclub TENJIKUの希望と感染防止を考慮し、配信はなく、20名という極少人数で開催されるレアな公演。また来場者には、非売品のポスターがメンバー・サイン入りでプレゼントされる。

 

▼ライヴ情報
soreseka_live.jpeg
"それでも世界が続くなら ONE-MAN LIVE 2020 篠塚将行誕生日前夜/club TENJIKU 閉店妨害公演「スローダウン」"
11月10日(火)赤坂club TENJIKU
OPEN 19:00 / START 19:30
[チケット]
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
<来場者特典>
来場者に、メンバー全員のサイン&メッセージ入り・過去リリース非売品ポスターを来場者全員にプレゼント。(内容はランダム/非売品)
※それでも世界が続くなら・篠塚将行の誕生日前夜/篠塚の祖父の命日に行われる、club TENJIKU閉店妨害ワンマン公演です。
※着席20人限定/予約先着20人でソールド・アウトとなります。ご了承下さい。
※本公演のチケットは会場予約のみの公演となります。またコロナ禍での開催の為、本公演のキャンセルは無料となりますが、やむを得ずキャンセルをご希望の場合は、お早めに会場までご連絡下さい。
※ライヴハウス側の希望により、本公演の配信はありません。
<チケット取り扱い>
club TENJIKU チケット予約フォーム
http://clubtenjiku.jp/contact/ticket/

関連アーティスト

それでも世界が続くなら