Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

The 3 minutes×ライブキッズあるある中の人

2019年03月号掲載

The 3 minutes×ライブキッズあるある中の人

ライブキッズあるある

Official Site

The 3 minutes:りょう(Vo) たかひろ(Gt) ひろ坊(Key) わたべ(Ba) なおき(Dr)
ライブキッズあるある中の人
インタビュアー:秦 理絵 Photo by 石崎祥子

-あるある君から見て、The 3 minutesのライヴにはどんな印象を持ちましたか?

あるある:基本的に僕のDJが参加型なんですよ。歌う、踊る、モッシュする。曲の中でもその部分しかかけないっていうテーマでやってるんですけど、それに近いものを感じますね。参加しやすいし観ていて楽しいですよね。

-もともとThe 3 minutesはライヴで盛り上がるのが好きなタイプだったんですか?

りょう:個人的な感覚で言うと、めっちゃ純粋なライヴ・キッズっていうわけじゃないんですよ。大人しく音楽に関わってきたというか。

なおき:ガツガツとモッシュとかはしないですね。

ひろ坊:ちょっと前ですけど、初めてサークル・モッシュをしたらめっちゃ怖かった(笑)。

りょう:......っていうメンバーなんです。それがひとつThe 3 minutesの特徴かもしれないですね。僕らのステージを観てもらうと、チャラい感じではないんですよ。"この人、もしかしたらインドアかな?"と思う部分もあるというか。わたべ君とかもね......。

わたべ:全然アウトドアじゃないですね(笑)。

りょう:そんな僕らが踊れる曲を鳴らす楽しさはあるんじゃないかなと思ってて。やったことがないから、お客さんに教えてもらってる感覚も結構大きいんです。"ここでモッシュするんや!"みたいな。そういう僕らだからこそ、今までのライヴ・バンドが生まなかった文化を生むんじゃないかっていう感覚もありますね。

-なるほど。あとThe 3 minutesはSNSをうまく活用してるあたりもあるある君と通じると思っていて。曲名はエゴサしやすいように付けてるんですよね?

りょう:そうですね。今作もハッシュタグが途切れないタイトルになってるんです。"ハルノウタ_rewrite"のスペースの表記がアンダーバーなのも、そういう意識はありますね。

あるある:賢い。

りょう:僕たちがバンドを始めたのは2014年とかで、このメンバーになったのは2017年なんで、正直SNSがなかった時代のバンドをよく知らないんですよね。Twitterで告知するのは当たり前なんですよ。The 3 minutes公式アカウントは毎日稼働してます。ライヴ動画を上げるとか。メンバーも毎日更新するかって言ったら違うんですけどね。たかひろとかはSNS慣れてないよね。

たかひろ:苦手ですねぇ(笑)。

-SNSにライヴ映像を上げるのはどうしてですか?

なおき:僕らはお客さんがライヴに来てくれるようにSNSをやってるんです。ライヴは僕らの終着点ですからね。そのために音源があると思ってるぐらいなので。

りょう:ライヴでしか感じられないものが間違いなくあるんですよね。正直昔は好きな音楽を家で聴くだけでもいいじゃんみたいなことも思ってたんですけど。

-ライヴに惹かれるようになった理由があったんですか?

りょう:僕、ももクロ(ももいろクローバーZ)が好きで、大学受験が終わったタイミングで国立競技場に観に行ったんですよ。それで感動して泣いちゃったんですよね。ライヴってもちろん音楽を聴きに行くんですけど、それだけじゃないところもあると思うんです。そこに立つまでに頑張ってきた気持ちを感じられるというか。だから自分らのライヴでも演奏だけじゃなくて、"何かをやってやりたい"っていう気持ちを生で感じてほしいんです。

あるある:それこそしんどいときに好きなバンドを観ると、救われたりとか号泣したりすると思うんですよ。明日も頑張ろうって思ったりする。そういうことを僕も音源よりライヴで感じてほしいですね。

りょう:うんうん。

あるある:もちろん音源でも感じられるんですけど、家でひとりで聴いて号泣したら、その号泣した曲をライヴで聴いたときに、そのときの気持ちを思い出してまた泣けることもあるんですよ。そうやって心が浄化されるのはライヴでしか味わえないですよね。僕、ライヴが他の娯楽に勝ってほしいと思うんですよ。そのために僕もSNSをやってるんです。

-戦略的にバンドを広める視点とか、自分を客観的に見てるけど、ライヴに熱いものを求めるっていう部分では、2組は共感できるところが多そうですね。

あるある:うん。話しててしっくりきますね。

-ここからはThe 3 minutesがリリースするミニ・アルバム『インスタント・インスタンス』の話をしていきたと思います。まず、あるある君の感想から聞かせてください。

あるある:二面性を感じるなと思いました。ライヴで盛り上がれる要素もありつつ、りょう君が自分のことを歌ってるっていうところがあって。僕はライヴを想像しながら聴いてたんですけど、曲順もいいんですよね。最初に盛り上げておいて、途中にMCを挟んで心がほぐされた状態のところに「誓い」とか「ハルノウタ_rewrite」みたいな歌詞をしっかり聴かせる系の曲をやったら、突き刺さるんじゃないかなとか。

りょう:あー、ありがたい。

たかひろ:言われたとおり、今回はセットリストを意識したので嬉しいです。

なおき:あるあるさんのツアーに出させてもらったことで、僕たちがこれから聴いてもらいたい客層がわかってきたんです。もちろんいろいろな人に観てほしいけど、ちゃんとライヴハウスに来る人にウケる曲を作ってみようっていうのもあって。ライヴで盛り上がれる系の曲を多めにしつつ、バランスのいい作品にできたと思います。

ひろ坊:バンドの自己紹介みたいなアルバムになりましたね。

りょう:今回のアルバムを作るうえで意識してたのが、もう1回聴き直したいと思える音源であるかどうかだったんです。僕たちのように"ライヴが楽しいぜ!"みたいなバンドって音源がライヴより劣るというか、"ライヴの方が楽しいんだよ"って言われるのが嬉しい半分、音源としては悔しいんですよね。"このバンドはライヴに行けばいいんだよ"だけじゃないものにしたかった。だから声にオートチューンを使ってますけど、それが引っ掛かりになって、頭から聴き直そうと思うかもしれないという狙いで工夫をしてて。音楽が飽きられやすいから、そこで何度も聴けるものにしたかったんです。

あるある:そういうところがお客さん目線ですよね。あと理系脳な気がする。

りょう:あ、理系です(笑)。

あるある:だから客観的に組み立てるんやろうなと思いますね。