Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LOCAL CONNECT

2015年06月号掲載

LOCAL CONNECT

メンバー:ISATO (Vo) Daiki (Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

前身バンドからメンバー・チェンジを経て2015年に結成された京都・長岡京出身の5人組バンド、LOCAL CONNECTが1stミニ・アルバム『過去ツナグ未来』でメジャー・デビューを果たす。ISATOとDaikiのツイン・ヴォーカルと耳に自然と入り込む人懐っこいメロディ、ロックを基盤にしながらも幅広い表現手法を持つ、歌モノという言葉で終わらせないアレンジの妙。フロントマンふたりが揃って"全力すぎると思われるかも"と語るこのデビュー作は、そんな彼らの純粋でストレートで素直な想いが溢れている。一体彼らは何者なのか、その実態を探った。

-LOCAL CONNECTは、前身バンドのドラマーさんのメンバー・チェンジを経て結成された京都は長岡出身の5人組で、もともとのメンバーは高校時代の同級生だったらしいですね。

Daiki:僕らふたりが中学から一緒で、ここを中心に高校の学園祭でバンドをやりたいなーと思って、そのとき楽器できるやつをとりあえず集めて。それから(ドラマー以外は)ずっと一緒ですね。高校の同級生5人で組んだ前身バンドを大切にしつつ、それを引きずることなく新しくいろんな景色を開いていきたくて。メンバーも変わることやし心機一転、LOCAL CONNECTとして動き出しました。

ISATO:今までやってきたこと、手に入れてきたこと、失ってきたこと、全部染みこんでるのでNatsukiを迎えつつ、昔積み上げたものも引き連れて、次に進んでいきたいなと思ったんですよね。これからいろんな人を巻き込んでいきたかったし、未来のことも考えながら、"LOCAL CONNECT"という名前がいいんじゃないかと思って。

-LOCAL CONNECTには"田舎者の俺たちがここまでやってこれたのは、たくさんの人やライヴハウスと繋がってこれたからだと思うから、これからもいろんな世界と繋がっていきたい"という気持ちが込められているそうですね。

Daiki:自分たちが1番大事にしているものをバンド名にしたくて。今までのことも大事にしつつ、ゼロからのスタートやと思ってやってますね。常にどん底でありたいなと(笑)。上を見て突き進んでいけたらと思ってます。

ISATO:バンドはメンバーひとりひとりが大事という、メンバー・チェンジの重みも感じたし。新しく仲間に入ってくれたメンバーのNatsuki(Dr)はもともと僕らのライヴによく来てくれるバンド仲間で、僕らは人間性もメンバー間で大事にしてるので、全力で担ごうと思ったし。(新メンバーは)まだ入って1ヶ月なんですけど、馴染んでくれてるんです。まだ未完成のところはあるので、この名前とともにどんどん貪欲に成長できたらと思っています。

-デビュー作の『過去ツナグ未来』はNatsukiさんが叩いてらっしゃるんですよね? 音を聴く限り加入1ヶ月とは思えないほど馴染んでいるというか、1歩も引かないドラムだと思いました。

Daiki:Natsukiが叩いてます。なんならそのレコーディングが初めて合わせた日で(笑)。彼のいいところはぶれない、どっしりしているところなので、頼もしいですね。それで、LOCAL CONNECTとして動き出そうと決めた1週間後くらいに、今回のデビューの話を頂いて......だからすごいテンポなんですよ(笑)。TVアニメ"俺物語!!"のエンディング・テーマを担当することも決まって。漫画を読ませていただいて、それをもとに曲を作らせてもらって。

-"俺物語!!"のエンディング・テーマ曲であるTrack.6「幸せのありか」は書き下ろしなんですね。

Daiki:そうなんです。"俺物語!!"は主人公のまっすぐな感じとか、今の僕らじゃ味わえへんような初々しさであったりとか......そういう中から深い言葉が生まれたり、いろんな層の人たちが読んで楽しめる作品やと思って。「幸せのありか」は彼(ISATO)が作詞をしてるんですけど、彼のまっすぐな性格がそのまま言葉になってるし、俺らメンバー間にも、"俺物語!!"に通ずる友情があるし、作品とリンクしたもんがあるんかなと思ってて。この作品が俺らの最初のタイアップで良かったなと思ってます。

ISATO:Daikiがバラードを持ってきてくれて、漫画を読ませていただいて。主人公がひたすらまっすぐですし、こういう時代やからこそそういう人間がいてもいいのかなというか。まっすぐすぎるところが響いたし、自分もそういう人間でありたいと思ってバンド活動もしてるし。Daikiが作ってくれた曲もめっちゃあったかくて心地よくて、人の心にすっと入ってくる、僕の好きなサウンドやったから、なんも迷わずにどんどん言葉が出てきて。感じたままに書きました。

Daiki:この作品はあたたかみがすごくあるし、アニメが終わってエンディングにバラードが流れたら作品も楽曲もすごく引き立つんじゃないかなと思って、エンディングは絶対にバラードがいい! と思ったんです。

-LOCAL CONNECTはアレンジの妙が多彩だなと思ったのですが、ルーツはどういうところにあるのでしょう?

Daiki:実は、僕らふたりはJ-POPやR&Bを好きで聴いてたんで、前身バンド結成当初はバンドを全然知らなくて。だからこそ、それをバンドで表現するのが新しいかなと思って。なのでフレージングとかアレンジは、楽器隊の3人の実力です。僕が最初メロディを作って歌を入れた"THE骨組み"みたいなデモを作って、それをISATOにパスして、みんなその歌を聴いてからフレーズをつけてくれるんです。バンドを組んで、自分の作る曲がバンド・サウンドになる楽しさを知って――。

ISATO:――その楽しさを知ったからこそ、何気ないきっかけで始まったバンドがここまで続いてるんかなと思うんです。

Daiki:あと、やっぱり、バンドのライヴにはシンガーにはない泥臭さや熱さをすごく感じるんですよね。そこをやりたい! と思ったんです。なのでバンド気質の3人と、歌モノが好きな僕らふたりが、うまいことなってるというか(笑)。