Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

忘れらんねえよ

2015年02月号掲載

忘れらんねえよ

忘れらんねえよ

Official Site

メンバー:柴田隆浩 (Vo/Gt)

インタビュアー:石角 友香

前作『あの娘のメルアド予想する』以降、振り切ったプロモーションでバズを起こし、バンドをめぐる状況は好転したかに見えた。それを踏まえての100%"忘れらんねえよ節"な今回のニュー・シングル『ばかもののすべて』の自信満々な内容なのだと勝手に想像していた。しかし、このタイトル・チューン誕生の背景は、そんな想像とはむしろ真逆なものだったのだ。その都度起こったことに傷つき、立ち向かう男、柴田隆浩の切実な心情をお届けしよう。

-『あの娘のメルアド予想する』リリース以降、柴田さんの"童貞偽装疑惑"や、TVドラマきっかけでトレンドワードになったり、バズが起こって。そういった反応に対して予想の範囲を超えてるものはありましたか?

あのー......なんだろう......予想以上にいい反応がきたんです。話題にはなった。けど......完全に予想外だったのが、やっぱりああいうことをやると傷つく人が出た。ずっと応援してくれてたお客さんの一部から"なんで茶化してこんなことを言うの?"って声があって。で......俺はそういう反応は、そういうプロモーションをやるって決めたときに覚悟してたつもりだったんですよね。それはしょうがない、賛否両論あるのがいいプロモーションだと思ってやったんだけど、いざ、そういう人たちの例えばTwitterの声とかを見ると......なんかつらいなって思ったんですね。そういうお客さんを悲しませたくないのに、何やってんだ俺っていうのを思った。で、それは予想してなかった。こんなに動揺するものなのかなっていう、自分が。プロモーションだから賛否両論でいいみたいなことだけを考えてやったんですね、前回って。でもそれってロック・バンドのやることじゃねぇよなっていうのを終わってからすぐ思いました。もしかするとあるビジネスの分野の中だと、それは正義になる場所もあると思うんですよ。それはそういうことをやってる人たちが誇りを持ってやってると思うんだけど。でも俺がやってるものはロック・バンドってもので、それは話題になりゃいいなんてものじゃないんだっていうのを知りました。

-つくづくやってみて傷ついてっていうことを繰り返して知らないといけない宿命にあるバンドなのかな?と。

ね。でもなんか......裏切りたくないっすよね、もう。少なくとも今はそう思ってて。前回が誠実じゃなかったってことは絶対ないんだけど......なんだろ? もっと人間の心にちゃんと誠実に向き合いたいなっていうのを思ってるのかな。その"バズる"とか、そういう話じゃなくて。俺の心だったりとか、お客さんとの心みたいなところと向き合って、で、そこでおもろいことやるっていう方が俺が好きだなっていう。

-広がった部分も含めて背負っていきましょうって感じなんですか?

今は......それよりかは今好いてくれてる人と、改めてちゃんと関係を作りたいなっていうのを思ってるかな。外に向かっていくのは次でいい気がしてて......前回の流れがあるから。前作を6月に出して、そこからひたすら対バンしまくって、とにかくライヴずーっとやってたんですけど、そのとき思ってたのは、要は......こう、一部に誤解を生んでしまったなっていうのがあったから......俺らが誠実にやっていない、プロモーションもスカしたり茶化したりしてる、じゃあライヴもチャラけてやってんのか?みたいに誤解されたかもしんない、それがすごい嫌だったんですよ。だからそこからの6ヶ月間は、ひたすら"や、そうじゃねぇんだ。今来てくれてるあんたらに向き合って、とにかくあんたらを楽しませる。いい音楽を届けるし、超面白いMCするし"ってのをひたすらやってきて、これ自慢だけど"COUNTDOWN JAPAN"でちゃんと入場規制がかかったから、その誠実さは少しだけかもしれないけど、伝わったのかな?ってのは思った。去年半年間は禊ぎ......うん、禊ぎだった。

-そんな心持ちだったんですね。今回のシングル、びっくりするぐらい柴田さんの声のトーンに滲んでるイノセンスみたいなものに驚いて。作ってできないじゃないですか? こういうのって。

あー......最初、歌詞ができなくて。全然書けなかったんですよ。どうしてもリード曲って認識した時点で歌詞が全然書けなくなるんですよね。答えがわかんなくなっちゃって。"そんなの何がウけるとか考えたって仕方ないよ、答えないんだから"と思っても、どうしても考えちゃうんですよ。で、最初は"夢の中で君が笑ったけど、僕はうまく笑えませんでした"みたいな歌詞を書いてて......、で、なんとなくこれかなぁと思ってたんだけど、やっぱ歌録りの直前になって"いや、これちげぇだろ"と思って。締め切り前日に......"あ、どうするどうする? やばい、やばい"ってなって、で、深夜、"マジで終わった、マジで終わった"ってノイローゼみたいになっちゃって。ほんとに逃げたくなっちゃって、まじで死にてぇと思って......要は言いたいことがないって気づいたんですね(苦笑)。"歌いたいこと1個もねぇな"っていう、なんもない。で、たまたまなんだけど大森靖子ちゃんの「きゅるきゅる」って曲の歌詞を見たんですね。そしたら"誰でもいいなら私でいいじゃん"って一節を見て、"すげえなこれ!"と思ったときに、"あ、いいや、書きたいことなけりゃ書かんでいいじゃん"と思って。で、だったらなんか俺が今この状況で、マジなんもやりたくねぇ、書きたくねぇって、"なんで俺、音楽やってんだ?"っていう状態のときに聴きたい言葉? 俺が誰かに言ってほしい言葉を書こうと思ってから、わーって書けて。だから、もう作為がないんですよね。

-それにこれ、タイトル・チューンと「俺達の日々」に"世界を変えるのは優等生なんかじゃなくて"って、共通して出てくるじゃないですか。これはどちらにも登場させようと思って書いたわけではなく?

気づいたら被ってんだなって(笑)。それはね、やっぱ言いたいことなんですよね。いろんな理由があって優等生なんだと思うんですよ、優等生の人は。努力しないと当然、優等生にはなれないわけで。でも、ここで言ってる優等生って、うまくやってるヤツ、うまくやってて人を見下すヤツのことで、俺はそういうバカが相当嫌いで。たまたまそのときそういうバカが近くにいたんで(笑)。"おめぇ絶対違うから"ってディスりたい、じゃないな、"おまえに負けるか、ボケ"っていうのを宣言したくて......で、そうですね、そういう"優等生って大したことないぜ"って自分が言われたいし、言いたいしってところで書いたんだろうな。