Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

愛はズボーン

2015年02月号掲載

愛はズボーン

メンバー:カネシロマサヒデ (Vo/Gt) シライタツヤ (Ba)

インタビュアー:岡本 貴之

-愛はズボーンを始めた当初は、メンバーのみなさんにもそういうもどかしさを感じていたけれども、今は共有するものが増えたんですね。

カネシロ:そうですね。

シライ:僕も聴く音楽は変わりましたね。それこそ邦楽しか聴かなかったんですよ。区切りがいつかわからないですけど、自然といろんな音楽を聴くようになりましたね。

カネシロ:今は遠征で車で音楽かけようってなると、みんなで話せるのが楽しくて仕方ないです。この前もギマ君が真心ブラザーズをかけてて"あ、真心のCD貸してよ"とかいう話になったんですけど、もう幸せですね、そういう瞬間が(笑)。変に、自分たちが売れるために先を行かなきゃアカン、とか焦ってるバンドを見かけたり話したりするんですけど、意外と遠回りが1番近いんじゃないかと思います。音楽自体の敷居を下げてみんなに聴いてもらいたいですね。

-今は大阪を拠点に活動していらっしゃいますが、今後はどのようにお考えでしょうか。

カネシロ:僕個人としては、2年3年くらいのざっくりした考えで言うと、2016年くらいには東京に進出できるくらいの手掛かりは見つけておきたいですね。関西にこだわるわけではなく。そんな話はバンドでしたことはないですけど。シライ君はどんな感じなん?

シライ:俺は関西にこだわりもないし、東京にあこがれも無いから(笑)。意見を委ねると言ったらなんだけど、ついて行くけどな。

-バンドとして運命共同体ということで。

シライ:そこにこだわりがあったら、もちろん意見はするんですけど、特にこだわりがないことには反論しても意味がないので(笑)。

カネシロ:ははははは。でも東京にはギマ君が1番行きたがってるよな。彼は派手なもの、ドカーンと大きいものが好きなんで、なのでとにかく東京に行きたいという気持はギマ君が1番あると思います。この前ふたりで話しているときに"最近東京行きたいわ~"って言ったら"カネシロからそれ言ってくるの嬉しいわ~!"みたいな感じでしたもん。

-関西出身のバンドで全国的に活躍しているバンドも多いですが、意識しますか?

カネシロ:キュウソネコカミ、フレデリック、Kidori Kidoriとか、今結構ボーンと出て行っている人たち、自分らもめっちゃ好きで、関西で一緒にやらせてもらってたバンドばかりなんですよ。

シライ:それこそ、前身バンドの解散ライヴでキュウソと2マンしたんですけど、今はなんかエライことになってますよね(笑)。

カネシロ:あのときキュウソ、10人もお客さん呼べてなかったのにな? 今(心斎橋)BIGCAT満杯やもんな。

シライ:お客さん3人とかやったのに(笑)。

-アルバム最後の「デーモンのレモン」(新曲)は唯一アコースティックで静かな曲ですが、これはどんなときに書いた曲なんでしょうか?

カネシロ:前までは自分ひとりで戦っているような感じがあったんですよ。バンドの中でもこうしたらいいんじゃないかとか、音楽をもっとみんなに知ってもらおうとか考えてたんですけど、この曲を作り出したくらいに、みんなが持っている意見を口に出してディスカッションしなアカンような事態になってきていたんですよ。そうなると、思い通りにならないことも多かったんです。それで僕がシュンとへこんだりしているときでも、みんなは自分らがやりたい方向に向けて進んでいっているというのは実感できたんです。そういうときに足を引っ張るのも違うしと思い、自分なりに強くなっていこうと思って書いた歌詞がこれなんです。アルバムに入れようと思ったのは、ワチャワチャしているんで、最後の最後に締まるかなという感じですね。"最後にこれ欲しいな"と思ったら来るくらいの感じにしたかったですね。お茶漬け的な感じです(笑)。

-レコ発ツアーが3月から始まりますね。

カネシロ:初めての全国流通音源を出してのツアーなんで、今までやってきたライヴのいいとこ取りをして、愛はズボーンが3年くらいかけて作った集大成的なライヴを見せたいと思います。