Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

愛はズボーン

Skream! マガジン 2021年08月号掲載

2021.06.27 @渋谷WWW

Reported by 稲垣 遥 Photo by 春

愛はズボーンが"愛はズボーン 2nd ALBUM「TECHNO BLUES」Release TOUR ~I was born 10 years ago. ~ 東京編"を渋谷WWWで行った。本公演はもともと10周年企画ツアーとして1月に開催予定だったが、緊急事態宣言により延期となり、5月にリリースしたアルバム『TECHNO BLUES』のレコ発ツアーが乗っかって、1日2部公演で実施することになったもの。ここではスサシことSPARK!!SOUND!!SHOW!!を迎え、よりアグレッシヴ且つ独自のスタイルをぶち抜く2組の共演となった"第二部"をレポートする。

"愛はズボーンの「悪いお友達」SPARK!!SOUND!!SHOW!!ですよろしくー!"爆音ナンバーを連打したあとタナカユーキ(Vo/Gt)がそう挨拶したが、雑食サウンドを攻撃性の高いパフォーマンスで鳴らし、道を切り拓いてきた彼らの存在を集まった観客に一瞬で理解させる、そんな自己紹介と幕開けにニヤリとしてしまった。そこからバイクのパラリラ音やサイレンのようなシンセが炸裂した「†黒天使†」で、よりそのアナーキー感が増幅。イチロー(Dr/Cho/169)の大きなビートとチヨのぶっといベースの迫力。タクマ(Syn/Gt/Cho)はアンプに登ってジャンプし、ユーキは挑発的にまくしたてるが、"ブーンブーンブーン"とゆるい動きでオーディエンスと踊る様はなんともユニークで、フロアも含めてマッドなムードでひとつになっていた。さらに、「ゴジラのテーマ」を採り入れた絶妙なポップさが冴える「かいじゅうのうた」では、タクマとチヨもギター、ベースを置き、暴れ回って盛り上げた。
MCでは、愛はズ(愛はズボーン)の中で彼らから最も遠いキャラクターのはずの白井達也(Ba/Cho)への愛をピンポイントに語るスサシ。愛はズとは約3年ぶりのツーマン・ライヴとなる彼らは、白井が一番好きなスサシの曲「アワーミュージック」を披露した。過激なイメージが強烈に残りがちな彼らだが、グッド・メロディとストレートな詞が映える楽曲ももう一方の一面と言える。そんな美しいスロー・チューン「good sleep」へ。ユーキのスモーキーな歌声は、こういったメロウなナンバーだとセンチメンタルさを際立て、いっそうぐっとくると改めて実感。そして、ラストはけたたましく全員がフロントに出て踊り狂い、チヨがイチローに飛び蹴りするなどカオスとしか言いようのないステージになった「TOKYO MURDER」から、「DEATHTRUCTION」へなだれ込んだ。"全部革命に変える!"そう吐きながら巻き起こした熱狂の渦は凄まじいもので、このあとの愛はズのステージが気がかりになるほどだったが、一瞬浮かんだそんな懸念はまったくもって不要だったと、愛はズもまた圧倒的と言えるステージで証明してくれたのだった。

"なんか楽しみたいと思ってる君を、ひとりでも多く楽しませるために西からやってきたサイコでウエスタンなヒーロー、愛はズボーンです、よろしくー!"いきなり言いたいことが前のめりにこぼれたような金城昌秀(Gt/Vo)の台詞で始まった愛はズのステージは、本日2公演目だからか、スサシのライヴに触発されてか、最初から温度が高い。「ゆ~らめりか」でギターの轟音アンサンブルとスケールの大きなメロディ、突き抜けるヴォーカルで空を高くすると、"ボン ! ボン ! ズボボーン ! 愛はズボーン !"のフレーズでお馴染みの自己紹介ソングのセルフ・カバー版「I was born 10 years ago.」へ。テクノ色が濃く出た本曲はカオティックで"何が始まるんだ!?"と期待を煽ると同時に、ステージ前方中央に用意されたお立ち台で、ピンクのスーツで歌い踊るGIMA☆KENTAも壮観! なお、オリジナルではこの曲中で大量の風船をフロアにばらまくのが恒例だったが、今回その演出はなし。時世を気にしたものだったのかもしれないが、そういう小道具なしでも勝負できる音とパフォーマンスの強さを感じた。続く「えねるげいあ」もシーケンスが前面に出ていながら、富永遼右の手数が多いドラムにも目がいくし、ゆらゆらと身体を揺らしながら、うねるグルーヴを人力ベースで生み出す白井も独特な存在感がある。照明の演出も絶妙で、フレーズごとに曲の世界観をバシッとキメていたのも印象的だ。3曲目にしてクライマックスかと思うほどの開放感に溢れていた。

MCを挟んでは最新作より「ドコココ」。ハンドマイクでステージを左右へ動きながら、徐々にシャウト気味になるいい意味で暑苦しいGIMA歌唱曲があったと思えば、「トーリライクウェル」では2MCと言いたくなるGIMAと金城の掛け合いがあり、ツイン・ヴォーカルの楽しさも味わわせる。そして、最新アルバム曲の数々でもフロアを躍らせると、満を持して新作リード曲「ぼくらのために part 1」を投下。"最近本当に整理がつきました。「みんなのために」とかも思いながら、バンドでもリーダーをやってきたけど、子供のような、あれやりたいな、これやりたいなという気持ちを起こしてやっていこって。みなさんもわがままに付き合ってください!"――インタビュー(※2021年6月号掲載)で、今まではどうしても"人のために"と考えていたが、"自分のやりたいことを追求するのは悪くないと思えてきました"と話した金城から改めてこの言葉が出たことに加え、この"ぼくらのために"というフレーズを4人全員の生声で歌う姿はまばゆく、胸がぐっと熱くなる光景だった。
さらに、コロナ禍で4人を繋ぎとめた、全員で初めて作詞した1曲「FLASH BEATS & JUMP」を畳み掛ける。メンバーに加え、声は出せないはずのフロアからも聴こえたような気がしたシンガロングは、どこまでも届きそうだった。そんな感動的な大団円――と思いきや、"終わりと思たやろ?"といたずらなGIMAの笑みからダメ押しの「MAJIMEチャンネル」に! ユーモラスなメロディのインパクトのみならず、こんなにエッジ効いてたっけ? と思うほどのキレッキレな演奏。何よりもこれだけ熱量のあるステージを、全力を注ぎっぱなしの2部公演の最後を、"意味なんてないぜ"と歌い上げる痛快さったらなかった。

今までのサイケデリックな衝撃のみならず、テクノの無機質さ、さらに相反するはずの肉体的なブルースを融合した、最新型のバンドの姿を見せつけた愛はズ。10年間、ライヴハウスで目の前のリスナーと対峙しながら、やりたいことの実現に向けて葛藤し、挑戦してきた。そんな彼らが築き上げてきた力は今、ジャンルを問わずあらゆる観客を巻き込み、音楽の楽しさを教えてくれる境地に達したのではないかと思う。 彼らはこのあと、8月19日に新代田FEVERにて本ツアーの追加公演を行う。地元大阪を大事にしている愛はズが、東京でのワンマンでこの記念すべき10周年の幕開け、新境地を打ち出したアルバム・ツアーを締めくくるのもまた、ひとつのチャレンジかもしれない。気合充分な今の彼らを存分に浴びる機会を、見逃さず刮目していたい。

  • 1