Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

愛はズボーン

2015年02月号掲載

愛はズボーン

メンバー:カネシロマサヒデ (Vo/Gt) シライタツヤ (Ba)

インタビュアー:岡本 貴之

-『IWZBN』は初の全国流通盤ということなんですが、アルバム全体としてどんな曲を集めて1枚にまとめようとしたんでしょうか。

カネシロ:名刺代わりの1枚を出さないとバンドが前に進まへんということで、CDを全国流通しようということになったんです。それで作っていきながら曲もあれを入れたいこれを入れたい、とみんなでやっていたんですけど。結局、愛はズボーンのキャッチーなところというか、女子大生にウケるというか、"女子大生のお客さん、このへん好きやねんなあ"って曲ばかり集めました(笑)。

シライ:(笑)。

-(笑)。それはどこでリサーチしたんですか?

カネシロ:僕ら積極的に物販に立ってお客さんとめっちゃ喋るんですよ。だいたいお客さんも何か話しかけてくれるんで、"あの曲良かった"とか聞くんですけどね。なんで女子大生なのかと言われたら、男のお客さんが少ないんです。すごい感覚的な話なんですけど、僕らがいるライヴハウス・シーンには女の人の方が多いんですよね。高校3年生以上25歳未満みたいな女性が多い気がするんです。でも、そういう人たちってライヴハウスとかバンドの雰囲気とかで音楽を聴いていたりすることが多々あって、それが一時期もどかしいこともあったんですけど。逆にその人たちをさっき言ったような洋楽ライクなサウンドで......僕らの曲って、"Aメロ""Bメロ""サビ"ってとくに決まってないじゃないですか?カラオケで歌えるような曲はほとんどないですし、女子大生が遊ぶ場所としては全然違うことをやっていると思うんですけど、その女子大生を騙せれば一番完璧やなと(笑)。"愛はズボーンかわいい!"とかあの女の子たちが言うようになれば、音楽を聴く幅が広がってくれるかなと思うようになりましたね。

-確かに聴かせて頂くと「まさかのイマジネイション」なんて、"まさかのイマジネイション"としか言っていないですもんね。

カネシロ:そうなんですよ。なのに、面白くないですか? 僕めっちゃ面白いんですよ。"まさかのイマジネイション"としか言ってないのに、1位2位を争うくらい人気曲なんですよ(笑)。

シライ:この曲を作った当時、僕がまだリフ押しの曲とかを理解できてない感じで"これ、何がカッコええんやろ!?"って思いながら作ってたんですよ。

-あ、リズム隊が主体になって作った曲だと思ってました。

シライ:これはまだ僕が入る前にカネシロとギマが作ってて、バンドに入ってからも"ちょっとわけわからんな"と思いながら合わせてて(笑)。今は曲のカッコ良さもわかるんですけど。

カネシロ:今でこそみんなでジャムって作ることもあるんですけど、僕は前のバンドから引きずって最初の2年くらいは"アレンジはこうした方がいいんじゃないか?"とか口を出していたんですよ。CDを貸したりYouTubeを見せたり、メンバーに対して"こういう音楽もあるよ"って押しつけがましく言ってたんです。でもそれってなかなか伝わらへんよなって思って、"自分の作る曲にそういうのを織り込む"というのを工夫してやるようにして。それを考えると今回のアルバムに入っている曲って、この3年間で作った曲なんで、その戦いの3年間の曲が詰まっています。

-カネシロさんが好きな音楽をメンバーに伝えつつ作っていった曲たちなんですね。

カネシロ:メンバーにはそういう話をしたことはなかったんですけど、今自信があるのが、音楽を好きでやりたい人たちに、自分の好きな音楽を伝えられたんですよ。2、3年かかってやっと。今はツーカーというか、"ここはケミカルブラザーズのああいう感じにしよう"とか言えば"ああ、OKOK"ってなるんで、曲作りとかもみんなで意見を交換して作れるようになったというか。なので、愛はズボーンが入口でいいんで、聴く人ももっと音楽シーンに広い視野を持ってくれたらなと思いますね。

-なるほど、いろんな音楽をもっと知って欲しいという気持ちがあるのはミュージシャンとして素晴らしいことですね。

カネシロ:ありがとうございます。でも僕としては、そんなに深く音楽を聴いているわけではなくて、今話したバンドも有名なバンドばかりだと思うんです。なのにそれすら知らない人が多すぎて、もったいないと思うんですよね。意外とみんなハードルを高くしすぎている気がするんですよ。バンドをやっていたり音楽業界にいるとその感覚って減るんですけど、普通にアルバイト先で大学生の人とかと話していると、"わたし洋楽聴きへんわ~"とかなってしまうんです。もう洋楽と邦楽でわけている時点でちょっと寂しいというか。例えばレッチリ(RED HOT CHILI PEPPERS)でも"あ、レッチリかあ、俺聴けへんわ"でいいから、せめて知ってて欲しいんですよね。

シライ:"DEATH NOTE"の主題歌の人って言うしかないもんな(笑)。

カネシロ:そうやな(笑)。もどかしいよな。