Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

夜の本気ダンス、町田建人(Gt)の脱退を発表

2016.09.12 12:00

夜の本気ダンス、町田建人(Gt)の脱退を発表

夜の本気ダンス

Official Site

夜の本気ダンスの町田建人(Gt)が、9月23日(金)に開催されるライヴ・イベントをもってバンドを脱退することを発表した。
 
なお今後は、新たなギタリストを迎えて新体制で活動していくとのこと。メンバーのコメントは以下より。

 
突然の報告になってしまってすみません。
私、町田建人は9月23日のライヴを持ちまして夜の本気ダンスを脱退します。
バンド結成以来、今まで僕なりに楽しみながら、頑張って走ってきました。でも最近、"僕が子どものころから抱いている、もうひとつの夢をかなえたい"という気持ちが徐々に大きくなってきていて、どうしたらいいのかずっと悩んでいました。
バンドにとって今が頑張りどきなのに、自分の気持ちに折り合いをつけられないまま活動を続けることは、メンバーを含めてファンのみなさんに対しても絶対にするべきでないと思いました。
そこで自分なりにたくさん考え抜いた結果、自分の夢に向かって進む道を選ぶことにしました。こういった僕の思いをメンバーに伝えて以来、メンバーやスタッフとは何度も話し合いましたが、全員飽きることなく、僕の話を真剣に聞いてくれました。そして最後には、迷う僕の背中を強く押してくれました。
まさか人前に出るのが苦手な僕が、人前に出てギターを弾いているなんて、未だによくわからない状況です(笑)。だけど、貴重な経験をさせてくれたみなさん、メンバーとの出会いは、感謝してもしきれません。
身勝手な行動でいろいろな人に迷惑を掛けてしまってすみません。これからはひとりのリスナー、ゲーム友達として、夜の本気ダンスを応援していきます。もっともっと高くはばたいて、夜の本気ダンスの音楽が、もっとたくさんの人に愛されますように!
そしてその流れに関われたことが本当に誇りです。
短い間でしたがありがとうございました!
―― 町田建人(Gt)
 

夜の本気ダンスからギターの町田建人が脱退することとなりました。
バンドを脱退したいと告げられてから僕たちで何度も考え直してほしいと説得をしたのですが、けんけんの決意は非常に固く、これ以上の説得は彼のためにもバンドのためにもよくないと思ったので、止むを得ず彼の意向を尊重するという選択をしました。
けんけんとは高校時代に知り合い、約7年間ずっと一緒のバンドをやってきた仲なのでこういった結果になってしまったのはもちろん悲しいですし、ここでバンドを辞めてしまうという決断を彼がしたことが正直残念でなりません。
残念ですけどしょうがないです......。
まさか今? って感じがけんけんらしいっちゃらしいですし......(笑)。
でも、夜の本気ダンスはこんなところで足を止めるつもりはありません。まだ駆け出したばかりです。
僕自身まだまだオレたちこんなもんじゃない、もっと成長してロックを楽しみたい! と思ってるのでそこらへんは安心してください。
とりあえず、第2のジョンソンと僕の音楽の旅はここで終わります。今まで本当楽しかったよ! ありがとう。
―― 米田貴紀(Vo/Gt)

 
けんけんと僕は"夜の本気ダンス"オリジナル・メンバーであり、高校生のときから10年間一緒にバンドを続けて来ました。
そんなけんけんから脱退したいと告げられたとき、今までの数え切れないライヴが一気に頭に浮かび、やるせない気持ちでいっぱいになりました。
何度もけんけんとメンバーで話し合い、何とか続けられる方法を探してみたのですが、本人の意思は固く、みんなでこの意見を尊重しようということになり、今回このようなご報告に至りました。
ふたりでも話し合い確かにわかったことは、夜の本気ダンス、そしてファンのみんなが大切だからこそ中途半端な気持ちではいけないと思い、彼はここで辞めることを決断したのです。
もう"すっぴー"と呼んでくれる友達がそばに居なくなると思うと、とても寂しくてなりません。
僕のしょうもないMCにもいつもクスクスと笑ってくれるけんけんが居てくれたからこそ、僕は心折れることなく喋り続けられたのです。
夜の本気ダンスがここまで来れたのも、本当にけんけんが居てくれたこと、そして僕たち4人を支えてくれたファンの方々のお陰だと強く感じております。
今回の決断を納得してもらえないファンの方々も今はおられるかもしれませんが、みな様に納得してもらえるよう、全力で今まで以上に頑張っていきますので、これからも夜の本気ダンスをどうぞよろしくお願いいたします。
―― 鈴鹿秋斗(Dr)

 
このたび、友達でありメンバーの町田建人が夜の本気ダンスから脱退することになりました。
まさか自分がこのようなコメントを出す立場になるなんて思ってもいなかったので、何を書くべきで何を書かないべきなのかわかりませんが、今は残ったメンバーで進んでいくしかないと思っております。
最初にけんけんからバンドを抜けたいと伝えられたとき、頭が真っ白になりました。なんでこのタイミングで!? と思いましたが、それから何度も話し合いを続け、彼の脱退したいという意思が強いことがわかり、このまま一緒に続けていくのは良くないと思いました。僕がバンドに入ったとき、誰よりも優しく迎えてくれて、早く馴染めるようにと気にかけてくれたのはけんけんだったと思います。一緒に飲みに行ったとき、普段はあまり話さないような音楽に対する熱い想いを教えてくれたこともありました。ライヴでも、けんけんが落ち着いて構えてくれてるから安心して暴れ回ることができてた気がします。これからオレのパフォーマンスが落ち着いてもおたらどうすんの(笑)!
しかしながら、ここで立ち止まるわけにもいかないので、我々は気持ち切り替えて前向いて進んでいこうと思います! 悲しい気持ちになる方もたくさんいらっしゃるかとは思いますが、これからも夜の本気ダンスを応援していただければ幸いです!
けんけんとりあえず8年間お疲れさまやな! そしてありがとう! 俺はゲームやらんからまた琵琶湖にバス釣り行こ!
―― マイケル(Ba)

 
▼オフィシャル・サイト
http://honkidance.com/

 

▼ライヴ情報
[J-WAVE "THE KINGS PLACE" LIVE Vol.11]
9月23日(金)新木場 STUDIO COAST

関連アーティスト

夜の本気ダンス