Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夢みるアドレセンス×ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ)

2018年08月号掲載

夢みるアドレセンス×ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ)

ハンブレッダーズ

Official Site

夢みるアドレセンス

Official Site

夢みるアドレセンス:荻野 可鈴 小林 れい 水無瀬 ゆき 山口 はのん 山下 彩耶
ハンブレッダーズ:ムツムロ アキラ(Vo/Gt)
インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 上溝恭香

-でも最後に、相手に"アイドル頑張れよ"って言われちゃう切なさですよね。

山下:そこも、小林さんとか山口さんが真似してます(笑)。

水無瀬:この間ライヴで曲が終わったときに、ユメトモさんが"アイドル頑張れよ"って言っていて。それ聞いて、ムフッてなった。

山下:特典会に来てくれる人も、去り際に、"アイドル頑張れよ"って言ってくれるんです。

-こんな発展していく曲になるとは。

ムツムロ:良かったです。

-みなさん、ハンブレッダーズの曲は聴いていたんですか?

荻野:はい。それこそ、高校生の方とかがコピーしたくなるような曲だなって思いました。かっこいい曲が多かった。

山下:やっぱり歌詞に目がいきますね。歌がすごく耳に入ってきます。

小林:学生のときに聴いていたら、もっと沁みるんだろうなって思いましたね。今聴いても、そのときに戻れるような感覚があるので。

ムツムロ:ありがたいです。

-その10代のモヤモヤだったりは、ムツムロさん自身書き続けていくところなんでしょうか?

ムツムロ:でも、自分が生きてきて一番説得力がある言葉を書くのがロック・バンドだと思うんです。僕は今年25歳になるんですけど、今までは青春を描いてきたんですが、これからはもっと違うことも書いていくかもしれないです。その青春というものをテーマに作ってきたことが、いい段階で夢アドさんとハマったということだと思うんですね。

-だからこその、初提供曲にもなったんですね。

小林:ありがとうございます、初の楽曲提供を夢アドにしていただいて。

ムツムロ:こんな対談という状況も初めてなので。ほんとなんと言ったらいいのか(笑)。

-てっきりレコーディングなどでお会いしてるのかと思いましたが、本当に今日が初対面だったんですね。

ムツムロ:リズム隊のレコーディングには一緒に入らせていただいたんですけど、歌入れはお任せで。僕も行かない方がいいなと思っていたので。何も言えないだろうし、ドギマギしてしまうだろうしで。この対談も、数日前に"ムツムロさん来てください"って言われて、"いやいやいやいや"みたいな(笑)。嬉しい半分、緊張半分で、今ここに座ってるわけなんです。

荻野:いつも私たち、楽曲提供した方と初めて会うのが、Skream!さんの取材なんです(笑)。

-いい機会で良かったです(笑)。ハンブレッダーズは、これまでアイドルと対バンすることはなかったんですか?

ムツムロ:なかったですね。フェスも、まだハンブレッダーズ自身出たことがなかったので、あまり機会がないんです。

荻野:やりたいですね、一緒に。思春期フェスやりましょうよ!

ムツムロ:いいんですか? 僕みたいな奴が4人集まってるので、本当に、何も話せないような気がします(笑)。

荻野:ちゃんとステージに出て行く前に、うちの山下彩耶が"バンド頑張れよ"って声掛けますから(笑)。

山下:えっ、彩耶が言うんですか? 恥ずかしい。

水無瀬:代わりに私たちのときに、"アイドル頑張れよ"って言ってくれればいいので。あと私、この「メロンソーダ」をバンドでやってほしいです。

ムツムロ:あぁ、恥ずかしい! 書いた奴の顔が見たいですよ。実はこの間、弾き語りのライヴがあって、そこでは歌ってみたんですけども......。

水無瀬:えぇー! 聴きたかった。

小林:しかも、弾き語りだともっと歌詞を聴かせる感じじゃないですか。

ムツムロ:はい(笑)。自分の曲だと思って書いてなかったんです、書いているときは。でも恥ずかしいものですね、実際に歌ってみると。