Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夢みるアドレセンス×ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ)

2018年08月号掲載

夢みるアドレセンス×ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ)

ハンブレッダーズ

Official Site

夢みるアドレセンス

Official Site

夢みるアドレセンス:荻野 可鈴 小林 れい 水無瀬 ゆき 山口 はのん 山下 彩耶
ハンブレッダーズ:ムツムロ アキラ(Vo/Gt)
インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 上溝恭香


"あぁ、甘酸っぱい恋愛、いい!"って思う曲(荻野)


-歌詞から、シチュエーションが浮かびますもんね。

荻野:"わたしが いちばん可愛いのに"っていうのが、すごく夢アドっぽいってみんなで言っていたんですよ。

小林:そうそう。

ムツムロ:良かったです。この曲の女の子のイメージだと、もっと自分を卑下した感じのサビがいいのかもしれないんですけど、そこは、ちょっと夢アドさんのかっこいい部分を出せたらなっていうので、書いたところだったんですよ。

小林:ちょっと強気ですもんね。ありがとうございます。

荻野:はい! はい! 私も質問があります。

ムツムロ:どうぞ。

荻野:夢みるアドレセンスの"アドレセンス"は、思春期っていう意味なんですが、ハンブレッダーズも、"ネバーエンディング思春期"っていうコピーがあって、一緒じゃないですか。どうしたら、"ネバーエンディング思春期"でいられますか?

ムツムロ:どうしたら、かぁ。

荻野:私たち今年、23とか24とかになるメンバーもいて。普段、"夢みるアドレセンスの「アドレセンス」って、どういう意味?"って聞かれることも多いんですけど、"し、思春期です......"みたいな感じになっちゃって。思春期って、どうしたら思春期なんですか?

ムツムロ:僕は、ロック・バンドが好きだったり、恋愛で最初に相手のことが好きなのかなって思う瞬間だったりに、自分が14歳くらいの気持ちに戻るなって思っていて。そういう瞬間の気持ちで、ずっと生きていけたらなと思っているんです。バンドでラヴ・ソングを作ることも多いですけど、今回も"夢みるアドレセンス"という名前で、"思春期"と付いてるのもあって、初めて人のことを好きになる気持ちっていうのを思い出しながら書いたというか。聴いた人も14歳の気持ちになってほしいなという想いを込めて曲を作ったので。そういう気持ちでずっと生きてますね。

荻野:なるほど。たしかに、これを歌ってる瞬間は、超甘酸っペぇ~ってなるよね。

ムツムロ:よかった。結構、夢アドの曲って、大人っぽい、かっこいいイメージがあったんです。でも、新しいメンバーが入って、しかも若いじゃないですか。

水無瀬:ありがとうございます!

小林:いやいやいや、最年長。

ムツムロ:(笑)なのでもっと"アドレセンス"=思春期に寄せた曲を今回は作ってみたいなと思ったんです。

小林:ちょっと前に戻った気分でした。

荻野:この曲聴くと、いいな、いいなってなるよね。"あぁ、甘酸っぱい恋愛、いい!"って思う。

水無瀬:歌詞にもあるけど、少女漫画を読むような気分になりますよね。

小林:わかる。

荻野:キューンってなる。

水無瀬:恋愛映画を観てるような感じもあるし、すごく想像がつく。祭りも、花火大会も、ライヴの予定が入るけどっていう、物語の起承転結の"転"のあたりなんかも、"ここで、すれ違いが起きて"とか、そういう想像までしちゃう感じで。

荻野:わかる。ちょっと前まで待ってたのに、着いたころにはいないんでしょ?

水無瀬:そうそう。もう心が張り裂けそうになるっていう。

荻野:わかる~甘酸っぺぇ~。そういうことですよね!

ムツムロ:そうですね(笑)。そこまで思ってもらえて、嬉しいですね。

荻野:これは彩耶に、MVだけじゃなくて、ちゃんと1本のドラマを作ってほしいくらい。(※スタッフに)どうですか?

-今回はMVもドラマ仕立てで、山下さんの演技もありますよね。どうでしたか?

山下:ところどころで本当の照れが入ってます。

山口:そこが、かわいかったね。

山下:ガチで照れてました。何回かやったんですけど、結局本当に照れたところを使っていたりとか。本当に甘酸っぱかったです。

-セリフもありますしね。

夢アド一同:"す......"っていうやつね(笑)。

山下:MV撮ったあとに、一番メンバーに観られたくないなって思っていて。絶対、先輩メンバーからなんか言われるっていうのは──

小林:いつも言ってるみたいのは、やめてよ(笑)。

山下:なんか言われるのはちょっとなぁって思っていたんですけど、最近、みんな真似してくるんですよ。

荻野:だって、かわいいんだもん。真似したくなる。

山口:"名前で呼ぶなー!"とかね。

荻野:私的なおすすめは、MVの最後に、ふたりが並んでバイバイするところあるじゃないですか。彩耶が、"すごく楽しかった"っていうんですけど、その"すごく楽しかった"の前に、若干"す......"って言ってるんです。

水無瀬:"TH"の"す"で(笑)。

荻野:ほんとは"好き"って言おうとしてるんですよね。その"TH"がめっちゃアドレセンス。っていうところまで観てほしい。