Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WANIMA

2018年01月号掲載

WANIMA

メンバー:KENTA(Vo/Ba) KO-SHIN(Gt/Cho) FUJI(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-"たぐり寄せる"という言葉がキーワードになってますけど、これはどういう意味で歌ってるんですか?

KENTA:選択肢がたくさんあるなかで自分なりの答えをたぐり寄せなきゃいけないなと思いました。うまくいかないことばかりやけど、それでも自分だけの答えをたぐり寄せてなんとか生きていてほしいです。

-歌詞では、"ここに"(=此処に)っていう言葉を、"個々に"と表現していますよね。「ともに」とか「CHARM」でも出てきますけど。

KENTA:みんなのそれぞれの歌になってほしいなと思って。お客さんがふたりしかいなかったときから、たくさんの人に届けたいと思って歌っていたし、そうやってやり続けることが、大きいステージに繋がると思っていたから。そこは昔から変わらないです。

-アルバムには祈りの曲だけじゃなくて、「サブマリン」とか「CHEEKY」みたいな、WANIMA得意のエッチな曲もあるのが面白くて。作るときのテンションも違いますか?

KENTA:これは言葉にするのが難しい領域で、なんとなく自分たちの中では、これはエッチな歌になるのか、真面目な歌になるのかっていう方向性が早い段階でできあがっています。

-やっぱりWANIMAのアルバムにはこういう曲も欠かせない?

KENTA:エッチな曲って海外の人たちはわりと歌ってるのに、日本では少ないなと思いました。だからギリギリのラインを攻めたい。みんなもこういう気持ちは経験されると思うので。なので"あ、私こうやったけどな"、"僕はこうや"っていうのがあれば、ぜひWANIMA宛にメッセージが欲しいです(笑)。

-わかりました。ここまでの話でもWANIMAがいかに"みんな"の存在を意識して音楽と向き合っているかを話してくれたので、自ずとアルバムのタイトルが決まった理由も答えも出てますけど。自然に"Everybody!!"というタイトルになりましたか?

KENTA:毎回、最後の曲は最後に創るので、そのタイミングでアルバムのタイトルも決めました。僕は曲を創るときに、毎回これで最後になるっていう気持ちで創ります。だから、どうしても想いが強くなっちゃうんですけど、この曲で伝えてることは、アルバムとして伝えたいことでもあるので、初めてアルバム・タイトルの曲を最後にしました。

-いつも"これで最後になる"と思って曲を書くんですか?

KENTA:真面目すぎますよね......。だから結構行き詰まっちゃいます。最近は向き合い方も少しうまくなってきたかなと思ってますけど、自分でちゃんと納得できるもの、説明できるものしか届けたくないので。でも、聴く人はもっと楽に聴いてください(笑)。

-WANIMAってライヴではメンバーが笑顔全開だし、作る音楽もものすごくハッピーにしてくれるものだけど、それを生み出す瞬間はかなりシビアというか。

KENTA:裏側は......みんなそうだと信じてます(笑)。よく笑うのに、めちゃくちゃつらい過去がある......そういう人たちに僕は助けられて今があります。だから自分も、元気がない人を元気にできる人でありたいと思っています。

-アルバムが完成してみて、みんなに届く作品になった手応えはありますか?

KENTA:童貞も処女も、男も女も、犬も猫も、みんなに届く、みんなに共通するアルバムになればいいと思っております。

-アルバムを引っ提げた全国ツアーは、ライヴハウスとアリーナが混在ですね。

KENTA:そうなんです。それも面白かなって。どっちも僕たちとみんなの場所なので。大きな会場でしかできないこと、ライヴハウスでしか味わえないものがあると思うので、その両方の場所で音楽を届けるっていうことを僕たちは大事にしていきます。

-どんなツアーにしたいですか?

KENTA:みんなでしっかり準備をして向かっていけたらと思います。

FUJI:『Everybody!!』の曲もそうですし、前の曲もやると思うので。いままでどおり"より多くの人に届けたい"っていう気持ちでやれたらと思います。

KO-SHIN:新しく僕らを知ってくれた方も増えたと思います。来てくれた人たちと未来に向かって......ともに生きる喜びを確かめるツアーにします。