Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WANIMA

2019年10月号掲載

WANIMA

メンバー:KENTA(Vo/Ba) KO-SHIN(Gt/Cho) FUJI(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

どんなに大きな会場に立つバンドになろうと、テレビのCMやドラマで曲が流れる機会が増えようと、やっぱりWANIMAはWANIMAだった。不安や失敗はなくならず、傷つくことも多い毎日だけど、それでも、力強く生き抜くために音楽を鳴らす。なぜなら、人生には必ず終わりがあるから。前作『Everybody!!』以降初のドーム公演も経験したWANIMAが、1年9ヶ月ぶりにリリースする待望の2ndアルバム『COMINATCHA!!』には、そんなバンドの信念がまっすぐに貫かれている。貪欲に新たなサウンド・アプローチを取り入れ、アルバムならではの遊び心も忘れずに、聴き手のもとへ"間違いなく届くように"と心を砕いて完成させた今作には、メンバーの命の鼓動が刻まれ、血と汗がくっきりと滲む。だからこそ彼らの音楽は、心から信頼できる。


現場でしかわからない空気感や一体感がある。それが、僕らの生きがいのひとつです


-前作『Everybody!!』(2018年リリースのメジャー1stフル・アルバム)からは1年9ヶ月ぶりのアルバムですね。20万人を動員したツアー("Everybody!! Tour")のファイナルで初のドーム・ワンマンを2デイズ開催したり、大ファンの"ONE PIECE"主題歌を担当したり、とても濃厚な日々だったと思いますが、振り返ってみていかがですか?

KENTA:音楽しかやってなかったですね!! ずっとライヴがあって、やりたい曲を決めて、スタジオに入ったら曲を創って。特にお話しできるような面白い話もなく......。

-ははは(笑)、大丈夫ですよ。とにかく音楽浸けの日々だったと。

KENTA:そうですね。

FUJI:自分の至らないところが、まだまだあるなと思いました。いろいろなことに挑戦させてもらうたびに、到達できていないところに気づくので、そこを補う時間の連続で、ずっと天井のない状況が続いている状態です。

KO-SHIN:それをちゃんと繋げていかないといけないなって思います。意味があるものにするというか。この先どうなるかは、本当に僕らにもわからないので、わからないからこそ一個一個にこれで最後だっていう気持ちでいかないといけないなと思っています。

-初めてドーム公演をやってみて、どう思いましたか?

KENTA:いやぁ......まだまだやったなと思います。お客さんを喜ばせたくて、いろいろなサプライズを仕掛けたんですけど、もっとやれたなと今は感じています!!

-相変わらずストイックですね。私もメットライフドームは行きましたけど、十分楽しかったですよ。

KENTA:あ、本当ですか?

-メットライフドームも大阪城ホールもですけど、あの規模の会場を一部スタンディングで埋めたっていうのも、ライヴハウス出身のWANIMAらしかったですし。

KENTA:そうですね。座席のある会場では座席がある会場なりのWANIMAの楽しませ方があるんですけど、僕らはライヴハウスから出てるので、やっぱりそこはスタンディングでやりたいなと思ったんです。ライヴハウスの密着感とか、空気感みたいなものをドームで作れたらいいなと考えたんです!!

-ドームを埋め尽くした景色を見て、感動したりしましたか?

KENTA:ここがゴールではないと思いました。僕らは大きいところでやるっていう目的ではやっていなくて。そこに立てたぞ、やった!! っていう感じでもないんです。基本ステージに立ったときのことは緊張と興奮で覚えてなくて。ただその日に向かってお客さんもWANIMAも向かっていくので、やっぱり現場でしかわからない空気感や一体感があると思っています。それが、僕らの生きがいのひとつでもあります。

FUJI:大きなステージに立ちたくてやってるっていうよりも、その時間や空間自体に価値があると思っています。WANIMAとそこでいる人でしか作れない時間を作ることが大事です。

KO-SHIN:もちろん大きいステージに立たせてもらえるのは嬉しいですし、チャンスだと思ってるんですよ。でも、それ以上にそこにいるひとりひとりに届けるっていうことですよね!! そこは、昔からずっと変わらずにやってることだと思います。

-ええ、以前インタビューをさせてもらったときからブレてないなと思いました。

KENTA:そうですね。みんな、WANIMAのライヴをすごく楽しみにして来てくれるので、毎回忘れられないような1日にしたいっていうことだけです!! そこでみんなのエネルギーを貰うから、僕らはステージの上で笑うことができるんです!!

-わかりました。今回のアルバム『COMINATCHA!!』を創ろうっていうのを意識し始めたのは、いつ頃からだったんですか?

KENTA:『Everybody!!』を出してから、ずっと創ってました。

-まとまった制作期間みたいなものは設けたんですか?

KENTA:僕は歌詞を書くのにかなり時間がかかるので、その時間は自分の中で確保したんですけど、あとはずっとライヴをしながらスタジオに入るっていう感じだったと思います。メロディはスタジオに行かないとできないんで。大きな声で歌わないとイメージできなくて。こういう曲があったら面白いなっていうのをジャンルを決めずに創り続けてました。

-例えば、前作『Everybody!!』は、"みんなに届くものにしたかった"っていう話もありましたけど、今回そういうテーマは何かあったんですか?

KENTA:1枚通して自分たちがいいと思ったものを入れるっていうことだけでした。あとは信頼できる音を出すということ。

FUJI:『Everybody!!』のときよりも一歩踏み込みました。ドラムで言うと、今までは歌を邪魔しないようにと心掛けてやってたんですけど、もっと曲の雰囲気を色濃く伝えるにはどうしたらいいんだろう? みたいなことを、一音一音考えるようになりました。

KO-SHIN:今僕らが持ってる最強の曲を出すっていうのを考えてたら、今回は、曲調とか振り幅が結構広くなっていきました。

KENTA:ただ、あえて広げようとしたわけでもなく。この作品で何を伝えたいか、何が残るかっていうところが重要だったんだと思います。

-振り幅っていう点では既出シングル曲がアッパーで強力だからこそ、「BOUNCE」とか「宝物」みたいな、アルバムならではのロー・テンポで温かい曲が、映えるなと思いました。

KENTA:WANIMAは最初に曲を創るときは、ああいうテンポから始まることが多いんです。「BOUNCE」は、僕がレゲエをよく聴いて育ったので、そういうところが出てるんだと思います。アレンジ次第ではテンポを速くすることもできたんですけど、この曲はそのままにしました。

-逆に「宝物」のほうは、レゲエに寄せないミドル・テンポっていうところで新鮮でした。アコースティック・ギターとかストリングスのアレンジもドラマチックですし。

FUJI:この曲はドラムなくてもいいかなと最初は思ってました。あんまりガシャガシャとドラムを入れて曲の雰囲気を崩したくなくて。前半にドラムが入ってないのはそういうところからです。

KENTA:また、新しいところにWANIMAを進めるには、こういう曲を創りたいなと思ったんです。KO-SHINは、この曲が......?

KO-SHIN:......僕は「宝島」が一番好きですね。

-えっと......「宝物」のことですかね?

FUJI:一番好きなのに、タイトル間違っとるよ(笑)。

一同:あはははは!!

KO-SHIN:すみません(笑)。このアルバムを初めて聴く人に、もし1曲だけ聴かせるなら、今はこの曲かなと思うんです。新しくもあり、今までのWANIMAも入ってて。

KENTA:KO-SHINは、"この曲でミュージック・ビデオを作りたい"って言っとったな。たぶん好きっていうのもあったと思うんですけど、重ねて入れているギターの音にも聴いていて挑戦や葛藤を感じました。それもあってすごく広がったので。KO-SHINのギターにも注目してほしいなと思います。でも、タイトルがなんやっけ?

KO-SHIN:......"宝島"。

KENTA:これは大きく書いておいてください(笑)。