Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

WANIMA

Skream! マガジン 2018年10月号掲載

2018.08.26 @メットライフドーム

Reported by 秦 理絵

メットライフドーム史上初めてアリーナをオール・スタンディングにしたWANIMAは、初のドーム・ライヴで、その広大な会場をライヴハウスのように変えていた。今年1月にリリースしたメジャー1stフル・アルバム『Everybody!!』を携えて、2月から開催してきたツアーのファイナル。2日間のチケットは見事即日ソールド・アウトを果たし、のべ7万人を動員したライヴは、物理的な意味で言えばステージから遠い人も近い人もいたと思う。だが、ステージとひとりひとりへの"心の距離"だけは限りなくゼロに近づける、そんなメンバーの気概を感じるライヴだった。ここでは最終日の模様をレポートする。

会場に一歩足を踏み入れると、ステージにはヤシの木などが配置された南国風のセットで装飾され、巨大なスクリーンには、メンバーが魚に扮して泳ぐユニークな映像が流れていた。お客さんのカウントダウンを合図にメンバーがステージに登場。3万5,000人の地鳴りのような大歓声が沸くなか、「OLE!!」でFUJI(Dr/Cho)の性急なビートが炸裂すると、ド迫力の水柱がステージ前方から噴射した。"「Everybody!! Tour Final」! せーの! 開催しま~す!"とKENTA(Vo/Ba)が叫ぶお約束の開会宣言から、高いドームの天井を縦横無尽にレーザーが飛び交った「BIG UP」へ。スケール感のある演出が続いた序盤だったが、MCでは下ネタ全開。KO-SHIN(Gt/Cho)が"KENTA君、夏の風物詩がありますよ"と言うと、花道でスイカ割りをするというサービス精神旺盛の企画でも笑わせる。

いつもWANIMAが大切な場所で歌い続けてきた感謝の歌「THANX」では、"待ちに待ったこの晴れ舞台"というフレーズで、その場所に立っていることを再確認するようにKENTAが地面に膝をつけ、ステージを手で叩きながら歌った。小さなライヴハウスからひとつひとつステージを上げて辿り着いたこの日のドーム公演は、彼らのバンド人生でもひと際大きな意味を持つ晴れ舞台だ。「CHEEKY」ではFUJIがお馴染みのモノマネで笑わせながら、3人を乗せた台がセンター・ステージに移動した。「いいから」では、その台が回転。今回のツアーでは幕張メッセでも360°を客席に囲まれたライヴがあったが、WANIMAには四方八方からお客さんの歓声が降り注ぐ、センター・ステージに立つ姿が本当によく似合う。それはWANIMAというバンドの存在理由のひとつに、"みんなの生活を少しでも良くしたい、音楽を通じてみんなと生きていきたい"という願いがあるからだと思う。そこから上手に伸びたメッツステージでは「SLOW」を、下手にあるライフステージではアコースティック編成で「ここから」を披露。広いドームでもお客さんの近くに行きたい、そんな想いを体現したセンター・ステージの最後には「ともに」を届けた。つらいこと、泣きたいことがあっても、"進め君らしく 心踊る方"と、しわくちゃの笑顔でKENTAが歌えば、ドームに割れんばかりの大合唱が巻き起こる。客席に高らかに突き上がるピース・サイン。WANIMAの歌は、もう彼らだけものではない。みんなの歌なのだ。

「雨あがり」からは後半戦へ、ここからは1曲1曲すべてがハイライトだった。KENTAがギターのフレーズに乗せて、"生きとったらなんとかなると思うけん。手繰り寄せていきましょう"と訴えた明日を迎えるための歌「ヒューマン」、"不器用でも、未完成でもええけ、ダメになったら、いつでもWANIMAのところに戻ってきてくれたらと思います"と言って全力で駆け抜けた「シグナル」。KENTAがライヴという場所で伝えるまっすぐな言葉は、元来その曲が持つ意味をいっそう強くする。ラスト・ソングは「Everybody!!」。ポジティヴに輝く"ラララ"のメロディにすべての想いを託すと、最後にKENTAは"みんなひとりひとり愛しとるよ!"と叫んだ。アンコールでは、ドームの天井に"光の花火"を打ち上げた「花火」、3万5,000人の中から選ばれたひとりのお客さんのリクエストに応えた「TRACE」のあと、"離れてもここにいる"と、しばしの別れを告げながら、いつの日かまた再会することを約束するように「これだけは」を披露。クライマックスでお客さんの頭上に銀テープが舞うと、KENTAが大ジャンプしてフィニッシュ。会場に「JUICE UP!!のテーマ」が流れるなか、メンバーはずいぶん長いこと鳴りやまない歓声に応えていた。

ライヴの終わりには、"ツアーが終わって何も発表がないようじゃ、バンドをやってる意味がない"ということで、11月から来年3月にかけて全27公演の全国ツアー"1CHANCE NIGHT TOUR 2018-2019"を開催することを発表した。今度のハコはホールやライヴハウス。ドームを経て、彼らがどんなライヴを繰り広げるか楽しみだ。