Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WANIMA

2018年01月号掲載

WANIMA

メンバー:KENTA(Vo/Ba) KO-SHIN(Gt/Cho) FUJI(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-いまは笑顔で故郷にも帰れる?

KENTA:まだずっと途中です。未だに自分たちの実力も含めて思うようにならないことが多いので。"たくさんの人に聴いてもらいたい"っていう目標に向かって、テレビだったり、ラジオだったり、ライヴだったり、ちゃんと1個1個に自分たちで意味を持たせてやってる感じです。地元に帰ってどうこうとかは考えてない。WANIMAはまだ完成してないです。もっとたくさんの方と交わりながら楽しみを増やしていきたいです。

-楽しみを増やすというと?

KENTA:"WANIMA"っていう帰る場所があれば、もっとみんな日本で自由に生きられるかなと思うので。

-なるほど。それがWANIMAの進みたい道なんですね。そして、いよいよリリースされる『Everybody!!』についてですが、すごく聴き手の人生に寄り添う作品だと思います。

KENTA:ありがとうございます!

-メジャー1stフル・アルバムでもありますけど、どういう1枚を目指しましたか?

KENTA:たくさんの人に届くアルバムになればいいなと思ったので、難しいことはしてないですね。いろいろなシーンで聴きやすいアルバムになったと思います。ライヴハウスやバンドが苦手な方でもすんなり聴ける1枚じゃないかなと思います。

-メンバー同士で"こういう話にしよう"みたいな話はするんですか?

FUJI:僕たちは365日中360日は一緒にいる(笑)。常に"次のアルバムにこういう曲が入ったらたぎる~"という話はしてます。メロディと歌詞はKENTAが創るのですが、それに寄り添って3人でやっていきます。

-3人でいるときはずっと音楽の話をしてるんですか?

KENTA:エッチな話も......。魚釣りが好きとか、趣味が似てるぶん、そういう話もできるから、それも救いやったかもしれないです。結構健康的なんです。僕たちはお酒も飲まないですし。見た目のイメージよりすごく真面目です。

FUJI:一緒にご飯を食べに行ったりしてるもん。

KENTA:つまらない男たちだと思います(笑)。

-ライヴで見るのとはちょっとギャップがあるかもしれないですね(笑)。じゃあ、そういうふうにメンバー同士で話をするなかで、作品の方向性ができていくと。

KENTA:あとは、すごく貴重な経験ばかりさせていただいていて......。テレビやラジオにCM......フェスに出させてもらったりして、そこで応援してくれるみんなから貰った言葉や表情が、僕らの力になっています。メロディやサウンドを頭の中でイメージするときも、フェスでみんなが笑った顔を思い浮かべるので。

-となると、曲作りはスムーズだったんですか? 完成形に向かえないなとか、曲ができないなっていうこともなく?

KENTA:9割......いつもギリギリの状態で曲創りをしております。レコーディング中だったり、作詞中、作曲中は、人に会えないぐらい自分と向き合って創ります。なんとか諦めずに完成させようと思って創ってる感じです。

-曲ができなかったりするときに、どういうふうに活路を見いだすんですか?

KENTA:自分の中で答えを探しにいきます。生い立ちから、ずっと遡って考える。"あのときどうやったかな?"とか。そうすると、"あのとき、ああすれば良かったな"とか、そういうのばっかりです。それで未来に対しては"こうなりたいな"っていう祈りとか願いに変える。その繰り返しです。

-なるほど。今日の取材で訊きたいなと思ってたのが、WANIMAの曲を聴いたときに、過去の自分も含めてすごく肯定される気がする。その理由はなんだろうと思ってたんですけど、いま言ってた"生い立ちから遡る"っていうのは大きいかもしれないですね。

KENTA:あぁ、そう思ってもらえたら嬉しいです。僕も、お客さんみんなと話したわけじゃないですけど、話を聞いたり、手紙を読んだりすると、世の中にはいっぱいつらい奴がいるんだなって思うんです。個々にそれぞれ必死で日々と戦いながらでともに生きてるんだなと思うと、それが曲になっていく。うまくいかないことばかりですけど、なんとかいい方向に行きたいと思ってるし、みんなと楽しい1日を増やせないかなって思います。僕たちは、そうやって音楽を通じて、みんなと生きていきたいんです。

-わかります。アルバムで言うと、「シグナル」とか「ともに」、「CHARM」、「やってみよう」、「Everybody!!」とか、たくさんの曲にいまの気持ちが本当にストレートに書かれてる。

KENTA:ありがとうございます!!