Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WANIMA

2018年01月号掲載

WANIMA

メンバー:KENTA(Vo/Ba) KO-SHIN(Gt/Cho) FUJI(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-ちなみにKENTAさんが悩んでるとき、ふたりはどうしてるんですか?

KENTA:既読スルーです(笑)。

-LINEを送るんですか?

KENTA:最近はもう送らないです。昔は歌詞で悩んだりしたら、メンバーに認めてほしくて、歌詞のノートとかを写真に撮って送ったりしたんですけど、既読スルーなんです。それで、"そういう感じだったら、レコーディングのギリギリまで、歌詞を見せないでおこう"って、いまは僕の中で完結した部分があるんですけど(笑)。

KO-SHIN:僕はずっとこういう状態なんです(※祈るポーズをする)。

KENTA:文章にできんやろ(笑)。

-KENTAさんが無事に曲を作れることを祈ってるんですね。

KO-SHIN:そうです。

FUJI:そこは僕たちもむやみに立ち入れないです。"いや、ここの歌詞こっちの方がいいんじゃない?"って言おうもんなら、"ふざけんな"ってなる。だから、"ちゃんと見てるよ"の意味の既読です。

KENTA:LINEではそんな感じですけど、例えば、僕が"ふふ~"って、スタジオで鼻歌を歌ったりすると、ふたりがそのメロディに寄り添って曲ができたりもするので、そういうのは、このふたりじゃなかったら無理だったと思います。いい言い方をしたらですけど......。

-お、いい話も聞けて良かったです(笑)。WANIMAのチームワーク。

KENTA:僕らはひとりでできないことを3人でやって、3人でできないことをチームでやって、チームでできないことをお客さんとみんなでやるっていう感じです。......でも、"もうちょっと言えることはあるんじゃないと?"とも思ってますけど(笑)。

FUJI:じゃあ、ちょっと今度は僕も詞を送ってみます。

KENTA:"俺も創ってみたけど......"って?

FUJI:既読スルーされそう。いや、既読もつかんかな。

KENTA:それ良かね。見てみたい、ふたりの歌詞。

-今回はサウンド的にも新しいアプローチが多いアルバムになりましたね。

KENTA:FUJI君が鉄琴を弾いてみたりもしてるので面白いです。

FUJI:「SNOW」の前半はまったくドラムを叩いてなかったり......。

KENTA:ずっとブレイク・ダンスしとる。

-いやいや、してないでしょ(笑)。「SNOW」はWANIMAの新機軸じゃないですか。

KO-SHIN:「SNOW」は大好きです。いままで歌詞になかった"愛してる"っていう言葉が入ってたりして。俺歌詞創ってないけど......。

FUJI:ずっと鈴を鳴らしたり、鉄琴を鳴らしたりっていうのは、いつかやりたいなって思っていました。ジャンルにこだわらないっていうのもあります。

-リード曲は「ヒューマン」。ドラマ"刑事ゆがみ"(※2017年放送のフジテレビ系 木曜劇場)の主題歌にもなってますけど、メロディとメッセージにすごく訴求力がある名曲だと思います。

KENTA:これ、僕は歌詞を書いてないんです。

-いやいや(笑)!

スタッフ:時間がないからちゃんと喋って!

KENTA:うるさ......。これはドラマのお話をいただいて、"WANIMAらしく創っていいよ"って言っていただいて。その気合に応えたくて創りました。