Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

幽世テロルArchitect

2017年12月号掲載

幽世テロルArchitect

メンバー:のなめら 个喆 ヤマコマロ

インタビュアー:吉羽 さおり

-それは、あえて仮歌なしで進めていったんですかね。

ヤマコマロ:たぶん、あえてだと思いますね。この曲は、結構社長のオーダーがいろいろありました。それも具体的にというよりも、"違う"っていうのが多くて。

个喆:時間がかかりましたね。

-きっと、社長の頭の中には形が見えているんでしょうけどね。

のなめら:それを読み取るのが大変(笑)。でもすごく面白いレコーディングでした。

个喆:个喆は、"面白い人になれ"って言われたんですけど。なかなかそれがわからなくて難しかったです。

のなめら:もはや、ヘンな人になってたね(笑)。

个喆:はい。面白い人になっているつもりです。

-ちなみにジャケットのアートワークで个喆さんが振り切った表情を見せていて、今、なるほどなって思いました(笑)。

のなめら:はははは(笑)。

个喆:そうなんです。

-面白くなれとか、个喆さんが一番ヘンテコな部分を要求されている感じですね。

个喆:歌詞の歌割りもそんな感じで。

-それは、今までの自分にはなかったような部分ですか。

のなめら:絶対にないよね。

个喆:今までも普段もどちらかというと、ピーって感じ(平坦)なので。

-でも、振り切った歌の中の自分も意外と合ってるなっていう発見もありますか。

个喆:どうなんでしょうか(笑)。でも、やってて楽しいんです。

ヤマコマロ:隠し持ってたのかもしれない。

-のなめらさんは、何か隠し持ってたもので引き出されたことはありますか。

のなめら:あまり、こうじゃないっていうのは言われないんです。そのまま歌ってOKが出ることが多いので。

个喆:でも全然違うよね。最初に貰って歌った「いろはにコラージュ」とかと比べると。

のなめら:あぁ、自分が出せるようにはなってると思いますね。この曲は特に、社長に引き出しを開けていただいた大事な曲です。

-「いろはにコラージュ」は幽世テロルArchitectのお披露目ライヴ(2017年7月15日に新宿LOFTにて開催された"こどもめんたる~はっぴょうの伍~")で披露した曲だと言ってましたね。これも相当ポップな曲ですが、でもやっぱりちょっとヘンテコな面白さはある(笑)。

个喆:急にラップが入ってきたりとか。

のなめら:ラップ部分はかっこいいんですよね。そのラップに、"ジャガイモ"って単語が入ってくるんですけど、ヘンテコな感じで言うのかと思ったら、"「ジャガイモ」はもっとかっこいい感じで言って"って言われて(笑)。

ヤマコマロ:クールに言ってます。

-このラップのパートが肝となっているんですね。これをお披露目でやったときはインパクトがあっただろうなと想像できます。幽世はコドモメンタルのグループの中でも、異色の存在だなっていう感じがしますよね。この「いろはにコラージュ」を最初に貰ったとき、どう思いましたか。

ヤマコマロ:実は、のなめらと个喆のふたりで録ったデモの「いろはにコラージュ」とは違っていて。最近になってラップ・パートが増えたんです。

のなめら:最初のデモは、ただただポップで楽しい感じの曲だったんですけど。そしたら最近、かっこいいラップ・パートが入ってきて。

-それはやはりマロさんが加わった3人体制になったことの影響、マロさんの声ありきでの変化が大きかったんでしょうかね。

ヤマコマロ:そうなんでしょうかね。また違った「いろはにコラージュ」になりました。