Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

幽世テロルArchitect

2017年12月号掲載

幽世テロルArchitect

メンバー:のなめら 个喆 ヤマコマロ

インタビュアー:吉羽 さおり

-結成してからシングルが2枚出て、持ち曲は計6曲になりました。この"幽世テロルArchitect"というユニットはどういうものになってきましたか。

のなめら:まだまだ掴めないですけど、そこが面白くて、ファンの方たちもそこを楽しんでくれているんだと思うんです。ずっと掴めないままの気がします(笑)。私たちが、必死でもがいてもがいて。それが面白いんだよって、社長も言ってました。

ヤマコマロ:もがいてますねぇ。

のなめら:難しいのは、曲によって自分を変えるところというか。私は特になんですけど、「いろはにコラージュ」ではかわいく、楽しそうにやってるし、だけど「Therefore?」になると、ダンス系のちょっとセクシーな感じに自分が変わっているのがわかるんです。変えているというよりは、曲に合わせて変わっている気がしていて。曲に染まるというか。

个喆:私は、ちゃんと曲に入りきらないといけないので、もっと表現力を磨かないといけないなって思ってますね。いろんな音楽を聴いたり、ミュージック・ビデオを観たり。

ヤマコマロ:私も、各曲で見せ方を変えるというか。私の場合、「いろはにコラージュ」とか前作の「逆十字」みたいなかわいい方の曲は、得意分野ではないんですよ。

のなめら:そうかもしれないね。(マロは)かっこいいのが合うよね。

ヤマコマロ:得意分野じゃないぶん、いかにそこで自分を見せるかをよく考えているんですよ。

のなめら:マロは、手足が長くて、なんかダンスが違うんですよ。

ヤマコマロ:なんか私だけ、ふたりと違うんですよね......。

のなめら:かっこいい系のダンスだったらすごく合うんだけど。

ヤマコマロ:そこは、頑張る所存です。

-年明け1月から、5都市を巡るワンマン・ツアー("SUBTABOO TOUR")が決定してますね。新曲がどんどん増えてくるのかなという期待感もありますが、ワンマンのことって何か考え始めてますか。

ヤマコマロ:まだワンマンをすることが、想像がつかないなというか。

个喆:しかもツアーで。

ヤマコマロ:どうなるんだろうなっていうのがあるんですけど、やるからには、死ぬ気で。

のなめら:幽世はライヴが激しくて、結構動き回るので、体力作りがまず第一かなって思ってます。

个喆:私は、かっこいい表情が苦手で。だからかっこいい人のビデオとかを見なきゃって思っていて、見て勉強はしてるんですけど......頑張ります(笑)。

のなめら:たしかに、个喆ってこのままだ。ステージでも、ステージじゃなくてもずっとこうで。あまり変わらない気がする。


多重人格かっていうくらい曲に入り込んじゃうから、ライヴの記憶がないんです。だから本当に、ライヴに来て観てみてほしい


-ふたりはオンとオフがあるんですか。

のなめら:マロはもうスイッチがヤバい(笑)。オフがひどいんですよ。

ヤマコマロ:よく言われます。

のなめら:オンになったらすごいから、まぁいいかって思うんですけど。

个喆:もうちょっと普段もオンにしていてもいいよね(笑)。

ヤマコマロ:はい(笑)。ステージに上がると変わりますね。私は、のなめらの表現力はすごくいいなと思ってて。

のなめら:ライヴしている自分を見たことがないので、どうなのかわからないんだけど。

ヤマコマロ:さっきも言っていたけど、1曲1曲での変わりようがすごい。

个喆:不意に見たときに、顔がイッてることとかあるよね。いい意味でだけど。

のなめら:そうなっちゃうの! 曲に入り込んじゃうから、記憶がないんです。多重人格かって思うくらい。だから本当に、ライヴに来て観てみてほしい。