Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

幽世テロルArchitect

2017年12月号掲載

幽世テロルArchitect

メンバー:のなめら 个喆 ヤマコマロ

インタビュアー:吉羽 さおり

-个喆さんは、この「ユビキリゲンマン」という曲では、どんな役割のヴォーカルを担っていますか。

个喆:私はレコーディングのとき、社長とかにすごく怒られました。

のなめら:一番怒られてた気がするね(笑)。

个喆:"つまらん!"って、怒られるんです。

のなめら:のなめは个喆のことボーカロイドだと思ってて。すごく機械的なヴォーカルなんですよね。そこが面白いんですけど。

个喆:声や表現にしても、"もっと、出せ"って言われて。自分では出しているつもりだったんですけど、でもそれがまだつまらないっていう感じだったみたいで。

-"つまらない"とはまた難しいオーダーですね。のなめらさんとマロさんはどうですか。

のなめら:社長にヴォーカルの引き出しを開けていただいて。自分でもこういう声が出せるんだなって思いました。

ヤマコマロ:私は声が低いので、曲のベースとなりたいなというのはありますね。決めるところは決めるっていう。今回の「ユビキリゲンマン」だと最後の方に、"拗らせたの 君 or わたし?"というフレーズがあって──。

のなめら:そこ大好き!

ヤマコマロ:ここで決めるぞっていうのを出せたんじゃないかなと思います。

个喆:苦しそうなところですよね。私はそのあとの"わーわーわーわー"ってのなめらと叫ぶところがあるんですけど、そこはもう本当に"わー!!"ってなってる。

のなめら:ライヴ中にもガチでわーわーしてます。感情を全部出すっていうか。ライヴでもめちゃめちゃ気持ちが入る曲なんですよね。

-ライヴで実際に披露してみて、お客さんのリアクションはどうでしたか。

ヤマコマロ:サビで拳を上げてくれるんですけど、そこがユビキリゲンマンの形で。

-リリース前にして、もうできあがっているんですね(笑)。お客さんも段々と幽世(幽世テロルArchitect)がどんな曲をやってくれるのか、どう盛り上がるのかわかってきた感じですかね。

のなめら:どうなんでしょうね。今回の3曲目の「Therefore?」もライヴで披露したんですけど、また全然違う曲で。だから、まだ幽世がどんなグループなのか掴めないと思うんです。

ヤマコマロ:どうノレばいいのかとか。

のなめら:でも、リリースのたびに違った曲がくるので、楽しいと思います。

ヤマコマロ:私たち自身も楽しいです(笑)。

-たしかに「Therefore?」はかなり挑戦的な曲というか、クールでダンサブルなテクノ・チューンでびっくりしますもんね。

のなめら:これは、自由に曲に身体を預けて踊ってほしいですね。

-でも、歌の難しさやグルーヴを捉える難しさはありそうです。この曲はどういうところを意識してレコーディングしましたか。

ヤマコマロ:普段のレコーディングでは社長から仮歌が届くんですけど、この曲にはそれがなくて。

のなめら:どうやって歌うんだ!? っていう。

个喆:レコーディングの日に、その場で教えてもらってやっていく感じだったんですけど。

のなめら:正解がなかったよね、本当に。ひとりひとり音程も違う感じで歌ってとか。だからすごく面白いんです。