Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

コレサワ

2017年08月号掲載

コレサワ

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

-夢に向かうにつれて苦い思いをすることが増えていって。でも、歌をやめることはしなかったんですね。

なんか......お風呂に入るのやめようと思ったことあります?

-いや、さすがにないですね。

そういう感じです! 小さいころから音楽があったので、衣・食・住・音楽っていう感じなんですよ。だからやめるっていう選択肢はなかったです。それに、いつかメジャーに行けるっていう根拠のない自信がずっとあったんですよ、事務所にも入れていない時期から。

-だからこそ、今メジャー・デビューするタイミングになっても自然体のままでいられてるのかもしれませんね。ちなみに、怒りや不甲斐なさを歌わなくなったキッカケは?

「君のバンド」ですね。

-"あたしの好きなバンドはなぜかちっともちっとも売れない/君の好きなバンドはどれもすっごくすっごく売れてる"と、歌い出しからインパクトの強い曲ですが。

これは、シンガー・ソングライターの友達と"売れたーい!"みたいな話をしてたときにできた曲で。その子が、"うちはコレちゃんの音楽が好きやから、絶対に大丈夫だよ。でも、うちの好きなバンドは全然売れないからなぁ......"って言ってたんですけど、その言葉を聞いて、踏み切りを渡りながらこのサビを歌ってたんです。「君のバンド」ができてから"こういう感じのことを歌ってもいいんだ"って思えたので、自分の中で"こっちの道に行こう"みたいな導線ができたというか。すごく変なことを歌ってますけど、PVを見たスガ シカオさんやきゃりー(ぱみゅぱみゅ)ちゃんがTwitterで褒めてくれたりもして。自分も好きで、世間からも認められているアーティストに褒めてもらったことによって、自信がつきましたね。

-それ以来、怒りを歌うことはなくなったと。

なんか、グチグチ言っててもしょうがないなぁって。"私は怒ってるんだ、フン!"で終わっちゃうから、怒りを歌っても答えがないじゃないですか。それよりも、もしもムカつくなら1曲で全部を歌うんじゃなくて、曲のどこかに1行ポンと入れる方が刺さるのかなって。あとは「たばこ」も"こういうことを歌っても大丈夫なんや"っていうのに気づけたキッカケの曲ですね。私、顔が本当にどこにでもいる感じなんですよ。

-そこ、めっちゃ念押ししますね。

いや、本当に普通なんですよ(笑)。例えばコムアイちゃん(水曜日のカンパネラ)みたいにエキセントリックでかわいくて自分の魅せ方をすごく知ってる女の子でもないし、大原櫻子ちゃんとかmiwaちゃんみたいにかわいいシンガー・ソングライターでもない。そういうふうに見た目で人に印象を与えられないから、ライヴでかわいい女の子のあとに歌うと、(お客さんが)携帯イジったり途中で帰っちゃったりしてて。だから、"この人たちを振り向かせるためには、例えばエロいこと歌うしかないな"と。

-なるほど(笑)。

それで「たばこ」の中に"キスはみじかめが好き"っていうのを入れてみたんですよ。そしたらやっぱりそこで"ん?"みたいなふうに聴いてもらえるようになって(笑)。