Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

コレサワ

コレサワ

インタビュアー:沖 さやこ

2017年の夏に1stアルバム『コレカラー』でメジャー・デビューし、コントロールベアとのコラボぬいぐるみ(CD付き)や長編アニメ"ゴーちゃん。~モコと氷の上の約束~"エンディング・テーマ書き下ろしなど、精力的な活動を続ける大阪府摂津市出身の女性シンガー・ソングライター コレサワが、2ndアルバム『コレでしょ』を完成させた。女の子がなかなか外に出せない気持ちを明るく歌うことをコンセプトに、浮気する人、浮気される人、遠距離恋愛、片想いのときめきなど、様々なシチュエーションの楽曲が揃う。彼女はいったいどんな想いのもと今作を作り上げたのか?

-メジャー・デビューから1年経ちましたが、この1年間はコレサワさんにとってどんな期間になりましたか?

この1年、毎日考えて作って考えて作っての繰り返しで、この『コレでしょ』を完成させてようやくひと区切りつきました。あっという間でした(笑)。インディーズで初の全国流通盤(2015年4月リリースの1st EP『君のバンド』)を出してから地方キャンペーンや取材をたくさんさせていただいていたんですが、メジャー・デビューをしてからお仕事の量が全体的にちょっと増えて"メジャーは歌ってるだけじゃだめなんだな"と思いましたね(笑)。

-ははは(笑)。音楽活動が充実したと。

"こういうテーマで曲を作ってください"、"こういう物語でお願いします"、"こういうテイストの曲を作ってください"というオーダーが途切れず続いていたのもありがたかったですね。そういうテーマに自分の経験や想像を膨らませて作るのは、自分の力を試されてる感じがして好きだし、すごく面白かったです。メジャーでもインディーズでもほとんど変わらず、私らしくやってこれています。

-映像を取り入れたワンマン・ショー"コレシアター"も今年の5月で4回目を迎えて、規模が大きくなったのもメジャー・アーティストならではでしょうね。

ウチボリシンペさんの素晴らしい映像と、私のしょうもない寸劇みたいなコントを入れて(笑)。楽しかったです。私はMCが面白いアーティストさんのライヴを楽しいと感じるんです。私たちを楽しませてくれようとしているのが伝わるから、すごく嬉しくて。ライヴでは"コレサワの人となりをお茶目に伝えたい"というのがポリシーとしてあるので、MCで笑いが取れなかったときは結構落ち込んだりしますね(笑)。

-関西出身の血が騒ぐというか(笑)。

関西は笑かしてなんぼですからね(笑)。お喋りでお客さんとの距離が縮むことがあるから、スベったときは悔しいです。"コレシアター"はお客さんに笑ってもらおうと思っていろいろ考えました。ただアルバム制作と"コレシアター"のあれこれがちょうど重なってしまって"あぁ、休みたい~!"と思ったりもしました(笑)。

-(笑)今作『コレでしょ』を作るうえで、前作『コレカラー』(2017年リリースの1stアルバム)の教訓を生かすことなどはありました?

んー、なかったですね。『コレカラー』は応援してくれている人や家族、友達への感謝のアルバムであり、"やっとスタートに立った"ということを示したアルバムだったんです。"『コレカラー』にいっぱいいい曲を入れちゃった。2枚目にはもっといい曲を入れないと1枚目を超えられない!"と思ったので、今回はちゃんと私のいいところを出して、そのうえで挑戦したい、私なりに仕掛けたいと思っていました。

-その結果、女の子が表立って言えない気持ちや、深い部分を綴った歌が多くなったということですか。

そのころ私がそういう気持ちだったというのもあるし、周りの友達にも浮気されたり浮気をしたりしている子がちょうど多かった時期で。浮気とかは世間ではいけないことだけど、私はそこに人間らしさを感じるから、好きなんですよね。女の子の動物的な部分、あんまり言えない気持ちを明るく歌える曲を作れたらいいなと思いました。

-それがコレサワさんなりのその女の子たちの救い方であり、味方になることというか。

うんうん。そういう子たちは悪者になりがちじゃないですか。でも理由を聞いてみると"それはしょうがないよね~......"と思うことも結構あるんですよ。そういうことはネチネチ言うより明るく言った方がいいかなって(笑)。前に、浮気をされた友達が"浮気はされる方が悪い"と言っていたことがあって......。世の中にある浮気の裏側にはいろんなドラマがあって、そういうところに面白みを感じるんですよね。

-今回の楽曲の主人公たちがひと癖ふた癖ある女の子ばかりなのは、どれも心の裏側を描いているから、ということですね。

実際女の子は恋愛するとみんな面倒臭くなると思うんですよ。これは私の人生のテーマなんですけど、何かを我慢して窮屈な人間よりは、面倒臭いことがわかるくらい曝け出している方が人間らしいから、それくらいがいいんです(笑)! 非常識なことや理不尽なことをされて怒らないのはおかしいと思うし。私動物が好きなんですよ。よく牧場に行くんです。

-えっ、動物? 牧場?

ラマとかかわいいけど、ラマはムカつくとツバ吐くんですよ。それ人間がやったら絶対アウトだし失礼じゃないですか。でも、動物はそれが許されてるからいいなぁと思うんですよ。ラマみたいに嫌な奴にツバを吐けた方が絶対にストレス溜まらないし、そっちの方が生きていて楽しいと思う。だから常識の範囲内でなるべく正直に"嫌なことは嫌"、"いいものはいい"と言える人でいたいんですよね。

-あぁ、コレサワさんのそういう思想が楽曲にも反映されていると。

だから面倒臭い女の子が多くなっちゃうんですよね(笑)。でもそういう子は強いというか、自分を持っているということだと思うんです。好き嫌いがはっきり言える子は憧れるし、自分もそうでいたいと思います。"自分がその主人公の立場だった場合どんなことを思うだろう?"、"この曲が流れてきたら主人公になれるような日常のBGMになればいいな"と思いながら曲を書いていきました。恋愛の曲に関してはその主人公たちの人生の主題歌を歌う感覚ですね。