Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

岸田教団&THE明星ロケッツ

2017年04月号掲載

岸田教団&THE明星ロケッツ

岸田教団&THE明星ロケッツ

Official Site

メンバー:ichigo(Vo) 岸田(Ba)

インタビュアー:沖 さやこ

-ぐうの音も出ないので話題を変えます(笑)。「vivid snow」(Track.11)はichigoさんの作詞作曲で、R&Bの要素も感じました。

岸田:俺的には"インディーズ・バンドが自分たちの推し曲だと思い込んでる曲"っぽいなって感じだね。

ichigo:言い方(笑)! サブカル感は強いかもね。本当は最初、もうちょっと後ノリの16ビートで、もたった感じのR&Bっぽいニュアンスのリズム隊の曲を作ってたんです。曲名も"雨"で、しとしとと雨が降っていておしゃれな感じの曲になるはずだったんですけど......。スパーン! と鳴るドラムが乗ったので、これは......カラッとしてて雨じゃないなと。それで"雪"になりまして。

岸田:それでichigoさんが書き直して、俺に届いたデモのファイル名が"雨じゃなくなったやつ"だったね(笑)。

ichigo:しっとりさがなくなっちゃったので。でも、それはうちのバンドの特性でもあるし、みっちゃん(Dr)のカラッと晴れたロックなドラムの音も仕方がない。録り音もテイクも良かったので"このリズム隊に寄せていこう"と諦めて(笑)、もともと作ろうと思ってた曲と歌詞もメロディも変わりました。結果的にバンドでもやったことがない、いい流れの曲ができたので良かったんですけどね。

岸田:後日みっちゃんはちゃんと"もっと聴いてる音楽の幅を広げることの重要性"を諭しました(笑)。THE POLICEは聴いてるけどStingは聴いてないというタイプなので。

ichigo:コーラスはシンガー・ソングライターのカヨコちゃんに作って歌ってもらったので、いままでにないちょっと大人な岸田教団になりました。バラードっぽいんだけどバラードでもないし、そこまでしっとりもしてない――まぁ、私が作ろうとしていたのはバラードだったんですけど、みっちゃんのドラムが結果として良い化学変化を起こしたということで(笑)。岸田が持てるギリギリのラインでR&Bっぽさを出してくれたし、ヴォーカルも後ろめで歌うようにして。はやぴ~も頑張ってくれたし。

岸田:弾きづらそうだったけどね(笑)。

-とはいえ、普通のバラードでも、普通のロックでもR&Bでもない曲になったので、みっちゃんさんのおかげということで(笑)。

ichigo:そうですね(笑)。ある意味、斬新な曲ができました。

-バンドにとっても新しい曲もあれば、「zero-sum game」(Track.3)のような岸田さんど真ん中の曲もありますし。"敗者はまだ生き残っている"というメッセージも残ります。

岸田:そういう曲もひとつぐらい必要だろうと、「zero-sum game」は普通~にパパッと作りましたね。負けたからって死んだわけではないし。ネット・ゲームとかしてるとバーチャルとはいえいろんな人と出会って、俺も資材を奪ったり奪われたり、罵声を浴びせられたりして......。

ichigo:生き抜いてるね~。現実でもバーチャルでも生き抜いていかないとね(笑)。

岸田:そうだね(笑)。世の中には人生の敗者はたくさんいて、それでもまだまだちゃんと生きてますからね。

-2年3ヶ月ぶりのフル・アルバム、結成10年目を迎えるバンドとしても新境地になったのではないでしょうか。

ichigo:メッセージを伝えることに重きを置いて曲作りやサウンドメイクをしたのは今回が初めてなので、10年目でそれができたのは自分たち的にも大きいですね。バンドのスタイルを決める分岐点というか。

岸田:今回はリスナーの反応は気になってます。だからぜひ聴いて投票していただきたい! みなさまが喜んでくだされば"やはりメッセージ性は大事だな"という結論に落ち着き、これからも他のアーティストが言わないようなことを言い続け、メッセージ性が余計だと言われるなら、中身の何もないパーティー・ソングを作るとします(笑)。メッセージを伝えなくても俺たちは音楽を楽しくやれるので、そのへんは臨機応変に。

ichigo:歌詞の内容は嘘をついているわけではないし。だから『LIVE YOUR LIFE』は"実は私たちこんなことを思っているんだけど、どう?"という感じというか。もしこんな私たちの言葉を聴きたいと思ってくれているのなら受け入れてほしい。そういう気持ちですね。