Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

岸田教団&THE明星ロケッツ

2017年04月号掲載

岸田教団&THE明星ロケッツ

岸田教団&THE明星ロケッツ

Official Site

メンバー:ichigo(Vo) 岸田(Ba)

インタビュアー:沖 さやこ

-いい意味で身勝手な感じが、女性ならではのパワフルさだと思いました。ichigoさんらしい歌詞だなと。

ichigo:前向きな言葉を乗せたくて、みんなに"頑張ろうよ、それでいいんだよ"と言いたかったんですけど、書き上げてみたら"私、こんな感じで生きてます!"みたいな歌詞になりましたね(笑)。本当はみんなをフィーチャーした歌詞にしたかったんですけどね......。

岸田:わがままに生き続けてきた女は、みんなにフィーチャーすることができなかった(笑)。

ichigo:思ってたよりも自己中でしたね(笑)。結果的には"ついてこいよ!"みたいな、"これぞ私"な歌詞になったのでそれはそれでいいかなと。

岸田:これがちゃんとみんなにフィーチャーした、語り掛ける歌詞になっていたら、"お前みたいな顔の奴に言われたくねぇよ"と思ってNG出してたと思いますね。

ichigo:顔関係あるの!?

岸田:あるよ! その言葉がどの口から出てきたのか、みたいなとこあるでしょ?

ichigo:んー、ムカつく(笑)!

-リード曲がラストというのも珍しいですよね。

ichigo:それはよく言われるんですけど、シングルという軸もありつつ、アルバム曲としての軸も今回のアルバムにあるんですよね。それが「LIVE MY LIFE」と「希望の歌」(Track.1)と「nameless survivor」(Track.5)なんです。この3曲はアルバムの中でも位置をばらけさせたかったから。

-「nameless survivor」はグランジ・テイストのギターが効いたロック・ナンバーです。

岸田:俺としてはオルタナティヴ・メタルのイメージですね。BRING ME THE HORIZONの後期......スクリームしていたのをやめてちょっとポップに転身したあと、オルタナティヴ・ロックにグランジの要素が足されて、モダンでヘヴィになったあとの感じ。日本で言うとONE OK ROCKですね。それを自分たちなりにやったらこうなりました。細かい動きというよりはガツッとした動きで、大きな流れを感じさせる曲にしたくて。グランジと同じ、ドッカン系ですね。だからシンプルな言葉をあてたかったんだけど、僕が書くとどうしても漢字の数が増えてしまうので、もう少し平易な言葉で語れる奴が書いた方がいいだろうと。

ichigo:......もうちょっと言葉選べないの? わざとなの!? そこは"ichigoさんの世界観に合ってるから"でいいんじゃないの(笑)!?

岸田:ひらがな多めで語れる奴の方がいいと思ってね(笑)。髪の毛ツンツンしたイケメン主人公が、世界の危機でうじうじしているイメージ。でも、そういう状況でうじうじすることが俺にはわからないから。

ichigo:でも、あの曲には希望のない感じだけじゃなくて、ロマンスが必要だなと思ったんですよね。彼(岸田)にはロマンスの要素が皆無なので(笑)、余白がないんです。だからそこを任せてもらえて良かったなと思います。

岸田:この曲は最初から"ichigoさんの詞だな"と思ってましたね。コード進行もメロディもシンプルだし、キーも明るく聴こえるように設定しました。うちのバンドでCメジャーの曲を作るのは初めてなんじゃないかな? ちょっと気を抜くと信じられないくらい底抜けに明るくなるから、シリアスさが全然出なくなる。(シリアスな雰囲気を出すために)どういうふうに歌ってほしいかというイメージが俺に明確にあったので、事前にそれはichigoさんに伝えて。

ichigo:自分で歌詞を書いて世界観もしっかり入ってるので、歌のニュアンスを伝えたらOKをもらえて。言葉が入って私が歌うことで、ちょっと切ない要素が足されて、いいシリアスさが出たと思います。

岸田:"髪の毛は基本ツンツンしていて、銃は黒くて、黒い服で、靴底だけが赤い感じ! それをかっこいいと思える心が大事!"とか言ってましたね(笑)。"ファイナルファンタジー"系でもあり、アメリカのサバイバル系ドラマに出てくるイケメンのイメージでもあります。

-「life logistics」(Track.7)はガレージな雰囲気にシンプルなサビが効果的で、面白い曲だと思いました。

岸田:(笑)これはアルバムの中でもわざと一番ローファイに作った曲なので、この曲が好きだという人はサブカル色が強いですね。かなりサブカルを意識して作った曲なので、これに釣られる奴は相当サブカルですよ(笑)。

-あ、私はまんまと引っ掛かってしまったわけですか......(笑)。

岸田:この曲をいいと言う奴はおそらく少ない、だが、サブカルの奴らは好きなんじゃないかと思ってわざとグレッチを使ってますからね(笑)。他の奴よりクオリティの低いサウンドでナローレンジなものを入れて、ヴォーカルの録りに対しても"もう少し育ちの悪い感じで"とオーダーして、アウトロはあざといギターを入れて。

-......心に湧き上がるこの悔しい気持ちはなんなんでしょうね(笑)?

ichigo:あははは! 事実なので飲み込んでください(笑)。

岸田:意図どおりに引っ掛かってくれました(笑)。ROSSOの「シャロン」(2002年リリースの1stアルバム『BIRD』収録曲)を自分なりにやるなら、そしてあの曲をもう少し派手に展開させるならこうかなと思って作ってます。ROSSO的な雰囲気でSUM 41の「No Reason」(2004年リリースの3rdアルバム『Chuck』収録曲)をやるというイメージ。「No Reason」はサビ前までギュッとしてるけど、サビはシンプルだから。先にできたのはサビなんです。このサビを活かすためには「No Reason」的な手法で曲を書きたいけど、完全にパンクの技法で描いてしまうと完全に同じになってしまうので、そこにROSSOやBLANKEY JET CITYの要素を加える。だから西海岸に聴こえすぎないように、どちらともつかない曲を意識しましたね。サブカル女子は質の低いサウンドの中でサビだけポップになるところに絶対意識が行って、それを面白いと思っちゃうだろうなと。サブカルな奴らはだいたいそう(笑)。