Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

四星球

2017年02月号掲載

四星球

メンバー:北島 康雄(シンガー) U太(Ba) まさやん(Gt) モリス(Dr)

インタビュアー:岡本 貴之

-今回のメジャー1stアルバムが、既存の曲を中心に新曲もあり、という内容になったのはどうしてですか。

北島:これも横田さんが提案してくれたんですが、十数年キャリアを積んでライヴで聴ける曲がいろんなアルバムにバラついてるっていう現象があるんですけど、それを1枚にして、"ライヴでよくやる曲がこの1枚に収まっていますよ"、というアルバムにしてはどうかっていう話が最初に出て。そこから色づけしていったんですけど、前提としてあったのはライヴを意識したもの、ということでした。

-新曲の「ボーナストラック」(Track.3)は途中から歌詞がなくなっちゃいますね。

北島:歌詞って、薄まっていくというか。19歳とか20歳のときに書いた歌詞はパソコンで読んでも筆圧が濃いんですよ(笑)。"ここ(右手の側面が鉛筆で)黒いわ~"っていう感じの熱量がこもっていて。それが薄まっていくなかで、薄いだけじゃなくて味つけをしたいな、どこに味つけをしようかなっていうのがここ2、3年だったんですよね。そのなかで、今までやってなかった部分でいうと、"笑い+ラヴ・ソング"なのか、"笑い+反権力"なのかっていうところで、"笑い+癒し"ってあんまりやってこなかったなって。「ボーナストラック」は、僕らの曲にしてはふんわりしているというか。歌詞でいうと15周年に向けて新しいところに行けたなって思いますね。ふんわりしているものを考えたら、ハミングしかなかったです。

-「メジャーデビューできなかった曲たちの逆襲」(Track.14)は擬人化された曲たち(「絶対音感彼氏」、「前作で全部出しきった」、「フューちゃん」)が出てくるコントですが、結果的に少しずつ歌ってますよね。十数分あれば3曲普通に入れられたのでは......?

北島:ははははは(笑)! それは正しいツッコミですわ。横田さんとしては「前作で全部出しきった」を入れたい、ということだったんですけど、バンドとしてはそこまでじゃないなと。それをなんとか良い方法で入れられないかなっていうのと、個人的にはコントを1トラック増やしたいなというところで、結果10分になりました。わかりづらい話かもしれないですけど、人の目の前でやるのでは不可能なコントを、ちゃんと音源でやりたかったんですよね。この曲は、音源の想像上じゃないとやれないじゃないですか? せっかくコミック・バンドとしてCDでコントをやらせてもらっているんだから、想像上でしか成り立たない空間を作りたくて。だったら曲たちが逆襲しに来てメドレーを始めるっていうのがいいなと。今までは、人がコントをやっていてそれを録っていたんですけど、今回は曲を擬人化して想像上で面白いという。

-そういう方法で曲を取り上げたいくらい、いろんな曲に思い入れがあるということですよね。選曲はライヴで人気のある曲を中心にしているということですか。

モリス:ライヴでよくやる曲ですね。

U太:そして元気がある曲ですね、やっぱり。

北島:"メジャー・デビューしたい人!?"って言ったら、"ハーイッ!"って言った奴から順に入れました(笑)。

U太:声の大きかった奴から順に(笑)。

-ところで、アルバムは全曲新録なんでしょうか。

北島:ヴォーカルは100パーセントそうです。

モリス:演奏は前のやつを使っているものもあります。

北島:個人的に嬉しいのは、「クラーク博士と僕」(Track.13)を守岡君(モリス)が叩いていることですね。

モリス:以前の録音では僕は叩いていなかった曲を、今回全部再録で叩けたのは嬉しかったですね。「クラーク博士と僕」はほぼ毎回ライヴでやる曲ですし、お客さんからもこの曲が好きって言われたり、いろんなところで流してもらってるんですけど、"これ僕のドラムちゃうんやな"っていうのは思っていたので今回再録できて嬉しいです。

-バンドの歴史を感じさせる「四星球十五年史 ~上巻~」(Track.12)という曲も収録されていますが、メジャー・デビューが発表されたことで、疎遠になっていた人から連絡があったりしました?

モリス:あぁ~、ありました。よう連絡先消さんで取っといたなっていう人からも連絡がありましたね。

北島:誰々に番号を聞いて電話したとかはあったね。嬉しいですけど。