Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

忘れらんねえよ

2016年10月号掲載

忘れらんねえよ

忘れらんねえよ

Official Site

メンバー:石角 友香

インタビュアー:柴田 隆浩(Vo/Gt)

-リリー・フランキーさんは相当、高度なポップだと思いますけど(笑)。

ははは。俺のイメージでは捻くれてるけど、それがちゃんとポップになってるというか。あとは結局、周りには絶対に理解できない部分があの人にはあるんだろうなと。自分もそういう部分をもっと歌詞に乗っけていきたいし、でも歌メロやサウンドは超絶ポップでありたいから。中学生とかが聴いて、"かっけー!"ってなるものが好きというか、そういう存在になりたいなと思うんです。

-ほっといても、柴田さんにも謎はありますから。

いや、歌詞でそれを全部言いたいんですよね。日常生活を送ってて、どうしたって理解してもらえない感情ってみんなあるじゃないですか? "なんでこれわかんねぇかな"みたいな。特に女子に対してそう思う瞬間がいっぱいあるんですけど(笑)、"なんでこういう価値観を言うと引くんだ?"っていう、その引かれた価値観をみんなに向けて大声で歌いたいんです。

-それが歌のいいところですよね。

そう。いいメロディに乗っけると、その独りよがりなものがちょっとなくなる瞬間があるというか。極端な価値観なんだけど、それをどこかに持ってる人には刺さったり、わかってもらえたりするから。

-「うつくしいひと」は先ほど歌詞のことを話してましたが、「俺よ届け」と対になっていて、こちらはものすごく切ないバラードで。

最近はロック・バンドでこういう曲をやってる人って、パッと考えてもいないと思うんですよね。こういう良さもわかってもらえたら嬉しいなと。今回はそれぞれの曲でやるべきことをやってる感じですね。あと、「眠れぬ夜は君の名をググるよ」(Track.3)はアレンジも音もむちゃくちゃいいし、最高に気に入っているので伝わると嬉しいな。

-「眠れぬ夜は君の名をググるよ」はJ-POPだなと思いました。

俺、Mr.Childrenみたいなロック・バンドがやる骨太なバラードが超好きで。この曲はストリングスも入ってるんだけど、根幹にあるのはすごく無骨なエレキ・ギター、ベース、ドラム、アコギっていうのが超かっこいいんですよね。

-そして間もなくZepp DiverCity TOKYOでのワンマン・ライヴ(※10月9日開催の[忘れらんねえよ Zeppワンマン"僕とあなたとあんたとお前のデカいステージ"])が開催されますね。

いやー、迫ってきた。もう超頑張って準備してます。ここでライヴをやった友達から、"ヤバい"と"ムズい"というのはよく聞くんですよ。基本的に、フェスの方が単純に人数的にはお客さんが入るじゃないですか? 中堅ステージで6,000人とか入るけど、やっぱり自分たちのワンマン・ライヴとなると、2,000人超えの会場は未知の領域だから。

-2,000人超えとなると、様子見の人もいますし。

でも、その日初めて観に来る人もいっぱいいるわけじゃないですか。そこで仲間になれるのか、見限られるのか。まぁ、すべてのライヴはその勝負ですけど。今、バンドの空気はめちゃくちゃいいし、単純にこれまでと覚悟も全然違うので、力試しって感じですね。